【火消し袋】焚き火の灰処理に最強!ソロキャンプにおすすめ7選。

火消し袋

こんにちわ。ゼロイチキャンプです。

ソロキャンプの焚き火をしたあとに、残った炭や灰の処理に困ったことがありませんか?

ソロキャンプはツーリングやブッシュクラフト、野営など、さまざまなキャンプスタイルがあります。また灰捨て場のないキャンプ場や野営地に泊まることも多い。

ヨシダ✕シンペイ

直火のできるキャンプ場や野営地の場合、灰や炭の処理に困ることがあります。

車でキャンプ場へ行くかたは”火消し壺”を持っていくこともできますが、ソロキャンプはツーリングやバックパックキャンプなど、荷物に制限のあるキャンプスタイルもあります。

このような荷物制限のあるキャンプスタイルや灰捨て場のないキャンプ場など、すべてのソロキャンパーにおすすめのキャンプ道具が”火消し袋”です。

火消し袋は耐熱性や耐久性に優れた素材をつかい、袋の形状を生かしたコンパクトで軽量な仕様が魅力です。バックパックやバイクボックスにも、簡単に収納できる。

ゼロイチキャンプ編集部

火消し袋は灰処理や後片付けなど、面倒な作業の時短ができる最強のキャンプギア。

今回のゼロイチキャンプは、ソロキャンプの焚き火におすすめのキャンプギア「火消し袋」を解説します。火消し袋は環境保護にも役立つので、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事を読んでわかること、役立つ情報とは。

  • 火消し袋について、わかりやすい解説があります。
  • 火消し袋のメリット・デメリットを紹介。
  • 火消し袋を選ぶときの、おすすめポイントを解説。
  • ソロキャンプ向きの、最強の火消し袋を紹介しています。
  • 環境保護と火消し袋の関係性を紹介。
  • ソロキャンプだからこそ、火消し袋が必要の理由とは。

下の記事では、ソロキャンプの始め方についてわかりやすく解説しています。ソロキャンプに必要な道具やルール、マナーなど、完全網羅しています。

目次

火消し袋とは。焚き火の灰処理を効率的にし、環境保護に最強のキャンプギア。

火消し袋とは。焚き火の後処理を効率的にし、環境保護に最強のキャンプギア。

火消し袋はソロキャンプやブッシュクラフトで焚き火をした後、炭や灰を処理するのに利便性の高いキャンプ道具です。

一般的に火消し袋の素材には耐熱性や難燃性、耐久性、携行性、収納性などに優れたガラス繊維を採用しています。

ガラス繊維は焚き火シートにも使われる素材で、とても軽量でコンパクトになることもメリットにある。そのため、ソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフト、野営などに最適なキャンプ道具といえます。

ヨシダ✕シンペイ

火消し袋は軽量でコンパクトに収納できるため、持ち運びも快適。まさにソロキャンプ向きのキャンプギア。

下の記事では、ソロキャンプ向けのコンパクトで軽量な焚き火台を特集しています。火消し袋と焚き火台はセットで使うキャンプギアとなる。

ガラス繊維について。グラスファイバーともよばれる。

ガラス繊維について。

一般的に火消し袋の素材には、ガラスを原料としてつくられたガラス繊維がつかわれている。ガラス繊維は、ガラス原料を高温で溶かし、特殊な方法で繊維状に引き出して作られます。

ガラス繊維の特徴は耐熱性や難燃性に優れていることがあげられます。またガラス繊維は比較的軽量でありながら、高い強度を誇る。

ガラス繊維を素材とした火消し袋を手で触るときには注意が必要で、ガラス繊維特有のチクチクした刺激があります。軍手を使用したり、繊維表面にシリコン加工が施された火消し袋を選ぶことで軽減できます。

ヨシダ✕シンペイ

焚き火の処理や火消し袋を扱うときは、耐熱グローブがおすすめ。

下の記事では、ブッシュクラフトや焚き火におすすめの耐熱グローブを特集しています。耐熱グローブは刃物や焚き火による、ケガや火傷のリスクを軽減できる。

火消し袋が環境保護に役立つ理由とは。

火消し袋が環境保護にいい理由とは。

焚き火の後に残った炭ですが、そのまま地面に放置した場合、どうなるのでしょうか?

結論から話しますと、地面に残った炭や土のなかに埋めた炭は、そのまま炭として残り続けてしまいます。

炭は薪や木材など有機物を焚き火することで、不完全燃焼して作られます。炭はほぼ炭素で出来ているため、土壌中で分解される速度が非常に遅く、炭は土に還りにくい素材となる。

ゼロイチキャンプ編集部

多くの人は、炭を土に埋めれば自然と還ると思っていますが、残念ながら炭は残り続けてしまう。

焚き火後の炭は火消し袋に入れて、灰捨て場のあるキャンプ場であれば廃棄し、灰捨て場のない場合は自宅まで持ち帰りましょう。

ゼロイチキャンプの焚火シートの記事内にも、環境保護に関して同じようなことを書いたことがあります。焚き火シートは環境を守ることができる。

ヨシダ✕シンペイ

焚き火シートと火消し袋は、環境保護に役立つキャンプギアです。率先して使うことをおすすめします。

下の記事では、ソロキャンプの焚き火におすすめの焚火シートを特集しています。火消し袋と焚き火シートを合わせてつかうことで環境保護に役立ちます。

【おすすめ】火消し袋のメリット・デメリットについて。

【おすすめ】火消し袋のメリット・デメリットについて。

火消し袋のメリットには軽量でコンパクトなサイズでありながら、耐熱性や難燃性、耐久性に優れることがあげられます。

また火消し袋には焚き火の後処理や、鎮火時間を短縮できることもメリットにあります。

一般的に焚き火の処理をするときは、薪や炭が完全に鎮火するまで待つ必要があります。しかし、火消し袋があると、熱が残っている薪や炭を袋にいれて鎮火を促すことができます。

ヨシダ✕シンペイ

火消し袋があれば、寝る前や撤収作業中の焚き火処理を時短できる。

灰捨て場のない場合は、自宅まで灰を持ち帰る必要があります。

キャンプ場や野営地によっては、灰捨て場のないところもあります。灰捨て場のない場合は、自宅まで灰を持ち帰る必要があります。

このようなソロキャンプのシーンに火消し袋があることで、灰や燃え残った薪を適切に持ち帰ることができる。また持ち帰った火消し袋は、表面を水洗いできるのでいつでもキレイを保つことができる。

ヨシダ✕シンペイ

野営やブッシュクラフトキャンプは、灰捨て場がないことが多い。火消し袋を持っていれば、安心して楽しめる。

火消し袋のデメリットには、金属製の火消し壺と比較すると耐熱性や難燃性が劣ることがあげられます。

火消し袋のデメリットには、金属製の火消し壺と比較すると耐熱性や難燃性が劣ることがあげられます。

車でキャンプ場へ行くかたやキャンプスタイルによっては、火消し袋と火消し壺を使い分けることもおすすめです。

メリットデメリット
耐熱性や難燃性がある。
軽量でコンパクト。
灰捨て場のないキャンプ場で役に立つ。
焚き火の処理や後片付けの時短ができる。
水洗いができるので、いつでもキレイ。
ソロキャンプに最適な仕様。
火消し壺と比較すると、耐熱性や耐久性に劣る。
火消し袋のメリット・デメリット

下の記事では、簡単に始めるブッシュクラフトについて解説しています。ブッシュクラフトに必要な基本道具や動画など、幅広く紹介しています。

【焚き火】最強の火消し袋の選びかたを解説。

【焚き火】最強の火消し袋の選びかたを解説。

ソロキャンプやブッシュクラフトに最強の火消し袋を選ぶときには素材や容量、袋のマチ、収納性を確認することがポイントとなる。

一般的に火消し袋の素材には、先述したガラス繊維が使われています。ガラス繊維を素手で触るとチクチクした刺激があり、人によってはかなり不快で痛みを感じることがあります。

ただし、製品のなかにはガラス繊維にコーティング加工を施されているものがあり、チクチクした刺激を軽減できる仕様になっています。

また火消し袋を選ぶときには容量(サイズ)や袋のマチとよばれる奥行、収納性など、利便性や快適性に関わることも大切となります。

ゼロイチキャンプ編集部

火消し袋を見た目や適当に選んでしまうと、利便性や大きさがあわなくて失敗することに繫がります。

ソロキャンプ向け、火消し袋を選ぶときのポイント。

  • 火消し袋の素材とコーティングについて。
  • 容量(サイズ)
  • 火消し袋のマチあり・なしについて。
  • 火消し袋を選ぶときには、収納性も大切なポイント。

火消し袋の素材とコーティングについて。

火消し袋の素材とコーティングについて。

先述したとおり、火消し袋の素材にはガラス繊維が使われています。ガラス繊維は触ったときのチクチクした刺激があり、人によっては痛みを感じたり不快に思う方もいます。

火消し袋を選ぶときにはガラス繊維の表面にシリコンなど、コーティング加工が施されている製品がおすすめ。

コーティング加工が施されていることで、素手で触ったときのチクチクした刺激を軽減できたり、撥水性や耐久性を向上できたりするメリットがあります。

またコーティングによって汚れの付着を軽減したり、汚れが付いたとしても水洗いできるのでいつでも清潔な状態をキープできる。

ヨシダ✕シンペイ

火消し袋を選ぶときには、表面にコーティング加工が施されているものがおすすめです。

下の記事では、ソロキャンプ向けの軽量でコンパクトなテントを特集しています。テント生地にもコーティング加工が施されていて、撥水や汚れを軽減できる仕様になる。

容量(サイズ)

容量(サイズ)

火消し袋にもメーカーや製品によって、容量やサイズの展開があります。そのためキャンプスタイルや移動手段にあわせて、サイズを選ぶことが大切となる。

火消し袋はソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフト、野営など、コンパクトな焚き火を楽しむキャンプスタイルに最適なキャンプ道具です。

ただし、火消し袋にも容量(サイズ)に違いがあるため、焚き火の楽しみ方や移動手段、携行性や収納性にあわせた選択が必要です。

ゼロイチキャンプ編集部

火消し袋は焚き火の楽しみ方や移動手段、収納性によって選ぶ基準が異なる。

焚火を中心としてソロキャンプを楽しむ場合、サイズの大きい薪や多くの薪を使います。当然ながら灰処理の薪も大きく数も増えるため、このようなキャンプスタイルには容量の大きい火消し袋がおすすめとなる。

コンパクトな焚き火を楽しむ方や、1泊2日のソロキャンプであれば容量の小さい火消し袋がおすすめです。サイズが小さいので、コンパクトに収納できるメリットもある。

ヨシダ✕シンペイ

筆者は容量の小さい火消し袋を使っています。ソロキャンプにも直火の野営地にも、十分なほど間に合っています。

下の記事では、ソロキャンプ向けのバックパックを特集しています。人気のミリタリーバッグからULキャンプまで幅広く紹介しています。

火消し袋のマチあり・なしについて。

火消し袋のマチあり・なしについて。

火消し袋のマチのことを、奥行と表現したりします。火消し袋を選ぶときにはマチの有無によって、利便性や快適性が異なります。

マチの備わっている火消し袋は、自立させることが可能です。

自立できるメリットには焚き火台から灰を直接捨てることができたり、両手で灰処理ができたり利便性や快適性を向上できます。

また火消し袋にマチが備わることで開口部を大きく広げることができるため、大きい炭や燃え残った薪などを処理しやすいことも魅力にある。

ヨシダ✕シンペイ

マチのない火消し袋は、片手で持ちながら灰処理をするため不便なこともある。

ゼロイチキャンプ編集部

火消し袋は薪ハサミと使うことで利便性や快適性が向上し、後片付けの時短をすることもできる。

火消し袋を選ぶときには、収納性も大切なポイント。

火消し袋を選ぶときには、収納性も大切なポイント。

火消し袋の収納性には大きさも大切ですが、袋を閉じるときの仕様も大事なポイント。火消し袋の閉じる形状によって機能性や快適性、携行性、熱処理などに違いがあります。

焚き火の後片付け時に、灰や炭を火消し袋に入れたあと袋を閉じます。このとき袋を閉じる形状や付属品などが、ブランドや製品によって異なります。

火消し袋を閉じる形状にはヒモで結んだり、バックルやカラビナ、マジックテープをつかったりするなど、さまざまな仕様があります。

ゼロイチキャンプ編集部

火消し袋の口を閉じる仕様にはヒモで結んだり、バックルやカラビナで閉じるなど、いくつかの仕様がある。

火消し袋の閉じ方には、密閉性や気密性に関わるポイントとなる。まだ熱の残っている炭や灰を袋に入れたときに、密閉性や気密性が高いほど、安全に鎮火を促すことに繫がります。

また火消し袋の口をしっかりとホールドすることで、灰や炭が飛ばないようすることができるため、汚さずに自宅まで持ち帰ることができる。

ヨシダ✕シンペイ

火消し袋の口をカラビナで閉じるタイプは、バックパックに取付けることもできるので便利。

下の記事では、焚き火の利便性を向上する道具である”火ばさみ”を特集しています。火消し袋と火ばさみはセットで使用すると、さらに焚き火の利便性を向上できる。

火消し袋の使いかたを解説。失敗しない灰処理方法。

火消し袋の使いかたではじめに大事なことをお伝えしますが、火消し袋には熾火(おきび)や火がついた状態の薪や炭は入れないでください。破損の原因になることがあります。

火消し袋を使うときは袋の口を大きく開けます。自立できる火消し袋であれば、口を開けた状態で自立させ、地面に置きましょう。

焚き火台や直火に燃え残った大きい薪や炭がある場合は、火ばさみをつかって火消し袋に入れます。薪や炭に予熱が残っているくらいであれば、火消し袋に入れても問題ありません。

ゼロイチキャンプ編集部

火ばさみがあると炭や薪を処理しやすい。さらに焚き火シートがあれば、炭や灰を地面に落とさずにキレイに処理できます。

灰や炭を火消し袋に入れることができたら、口を閉じて封をします。

灰や炭を火消し袋に入れることができたら、口を閉じて封をします。

火消し袋を閉じて空気が入らなければ、すぐに熱が冷めて鎮火します。ただし、予熱はしばらく残るので、素手で火消し袋を触らないように注意しましょう。

キャンプ場に灰捨て場があるときは、火消し袋に入れた灰や炭を捨てることができます。灰捨て場がないキャンプ場のときには、自宅まで灰と炭を持ち帰りましょう。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプには、火消し袋がおすすめ。焚き火の処理を格段に向上できる最強のキャンプギア。

下の記事は、筆者が誰もいない広大な野営地でブッシュクラフトキャンプを体験しています。直火の処理方法に火消し袋を使っています。

火消し袋はこんな人におすすめ!

火消し袋はこんな人におすすめ!

火消し袋は焚き火の後片付けを快適にしてくれる、利便性の高いキャンプギア。また軽量でコンパクトな仕様は、携行性と収納性に優れることも魅力にある。

火消し袋の軽量でコンパクトな仕様は、まさにソロキャンプ向きです。ツーリングやブッシュクラフト、ULキャンプまで幅広く使うことができる。

とくに、野営やブッシュクラフトキャンプなど、灰捨て場がないキャンプ地には最適なキャンプ道具です。

ヨシダ✕シンペイ

筆者もソロキャンプには、必ず火消し袋を持参します。とくに野営では、その利便性の高さに驚きます。

ゼロイチキャンプ編集部

火消し袋は、ソロキャンプのスモール焚き火にぴったりのサイズ感。

火消し袋はこんな人におすすめ。

  • 焚き火の灰処理を快適にし、時短したい。
  • ソロキャンプを中心に楽しむ方。
  • 野営やブッシュクラフト、ツーリングをする方。
  • 灰捨て場がないキャンプ場を利用する方。
  • 荷物量を軽くし、携行性と収納性を向上したい。

焚き火処理におすすめ!ソロキャンプ向け最強の火消し袋を紹介。

ZEN Camps 【アッシュキャリー】

ZEN Camps 【アッシュキャリー】

出典:Amazon

耐火性・耐熱性・耐久性に優れる火消し袋。
生地にはシリコン加工を施し、耐熱温度は550℃を誇る。
3サイズの展開があり、容量にあわせて選ぶ。

ZEN Campsのアッシュキャリーは、マチ付きの自立できる火消し袋。素材にはガラス繊維を使用し、表面にシリコン加工を施している。また3サイズの展開があり、好きに容量を選ぶことができる。

ZEN Campsのアッシュキャリーは一般的な焚き火シートなどに使われるガラス繊維よりも約40%厚い生地となっています。そのため火消し袋の生地は、耐熱性や耐火性、耐久性に優れる仕様となっている。

またアッシュキャリーの生地には、特殊なシリコン加工を施すことで耐熱温度は約550℃(瞬間耐熱温度約1500℃)と高スペックを誇る。

ヨシダ✕シンペイ

ZEN Campsのアッシュキャリーは耐熱性や耐火性に優れる生地を採用しているため、鎮火していな炭や薪の燃えカスを安全に投入できる。

またアッシュキャリーは密閉性の高い仕様となっているので、鎮火していない炭や薪をすばやく酸欠状態にし、安全に鎮火を促すことができる。

ZEN Campsのアッシュキャリーの収納するときの紐には、耐熱グローブに採用される素材であるアラミド繊維を使用。さらに付属するカラビナを引っ掛けるだけで、手間なく収納できる。

ゼロイチキャンプ編集部

アッシュキャリーを使わないときは、コンパクトに収納できる。携行性と収納性を考えられた仕様となる。

ZEN Campsのアッシュキャリーは耐火性や耐熱性、耐久性に優れる

出典:Amazon

ZEN Campsのアッシュキャリーは耐火性や耐熱性、耐久性に優れる仕様を誇る。本体素材にはガラス繊維を使用し、紐にはアラミド繊維を採用する。

鎮火していない薪や炭をすばやく酸欠状態にし、安全に鎮火を促す。

出典:Amazon

ZEN Campsのアッシュキャリーは独自設計により、鎮火していない薪や炭をすばやく酸欠状態にし、安全に鎮火を促す。そのためソロキャンプでの灰処理の時短ができるなど、作業効率が向上できる。

まさにソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフトなどに最適な火消し袋となります。

出典:Amazon

軽量でコンパクトに収納できるアッシュキャリーは、まさにソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフトなどに最適な火消し袋となる。

スクロールできます
商品名 ZEN Camps アッシュキャリー
Sサイズ
ZEN Camps アッシュキャリー
Mサイズ
ZEN Camps アッシュキャリー
Lサイズ
サイズ24㎝ × 25㎝29㎝ × 32㎝34㎝ × 38㎝
耐熱温度約550℃約550℃約550℃
商品リンクamazon
楽天市場
amazon
楽天市場
amazon
楽天市場
各製品の比較
ZEN Camps  アッシュキャリー Sサイズ

ZEN Camps  アッシュキャリー Sサイズ

  • サイズ:Sサイズ:24㎝ × 25㎝、Mサイズ:29㎝ × 32㎝、Lサイズ:34㎝ × 38㎝
  • 素材:ガラス繊維(シリコンコーティング)
  • 瞬間耐熱温度:約1500℃
  • 耐熱温度:約550℃
  • ブランド:ZEN Camps
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

下の記事では、ZEN Campsの焚き火ツールを特集しています。ZEN Campsはソロキャンプ向けの製品を中心に、機能性やデザイン性、環境にやさしいモノづくりをしています。

FIELDOOR/フィールドア 【炭処理袋 Sサイズ】

FIELDOOR/フィールドア 【炭処理袋 Sサイズ】

出典:Amazon

コスパに優れた高機能な火消し袋。
容量4Lサイズ、ソロキャンプにぴったり。
素材はガラス繊維にシリコン加工済。

FIELDOOR(フィールドア)の炭処理袋 Sサイズは、ソロキャンプに最適な4Lの容量となる。また素材にはガラス繊維にシリコン加工を施しており、耐熱温度は約280℃安定感があります。

フィールドアの炭処理袋 Sの使用サイズは、約30.5cm×30cm(重量120g)となります。また収納時は、コンパクトになることもソロキャンプ向きである。

フィールドアの炭処理袋 Sの生地にはガラス繊維を採用し、シリコン加工を施しているため、炭や灰を安全に処理することができる。

また収納時にはバックルを止めることができるので、灰や炭をこぼさずに持ち帰ることができます。生地につかわれるガラス繊維は水洗いできるので、いつでも清潔を保てます。

ヨシダ✕シンペイ

FIELDOORの炭処理袋 Sサイズは、機能的で快適性、携行性、コスパに魅力の火消し袋です。

フィールドアの炭処理袋には、SサイズとMサイズの展開があります。

Mサイズは(約)直径19cm×42cm(開口部30.5cm)、容量10Lとファミリーキャンプでも十分なサイズ感。

素材には、シリコン加工が施されたガラス繊維を採用。

出典:Amazon

FIELDOOR(フィールドア)の炭処理袋の素材には、シリコン加工が施されたガラス繊維を採用。撥水できるので、アウトドアに強い。

大きく開口部を開くことができるので、炭や薪、灰を快適に処理できる。

出典:Amazon

フィールドアの炭処理袋は、大きく開口部を開くことができるので、炭や薪、灰を快適に処理できる。

ソロキャンプに最適なサイズ感で使い心地抜群となる。

出典:Amazon

FIELDOOR(フィールドア)の炭処理袋は耐熱性や耐久性、携行性、収納性、コスパに優れる仕様。ソロキャンプに最適なサイズ感で使い心地抜群となる。

FIELDOOR/フィールドア 【炭処理袋 Sサイズ】

出典:Amazon

FIELDOOR/フィールドア
炭処理袋 Sサイズ

  • サイズ:(約)30.5cm×30cm
  • 重量:(約)120g
  • 容量:(約)4L
  • 材質:グラスファイバー(シリコン加工)
  • 耐熱温度:約280℃
  • ブランド:FIELDOOR/フィールドア
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

VICOPO 【コンパクト火消し袋】

VICOPO 【コンパクト火消し袋】

出典:Amazon

【容量5L】ソロキャンプに最適なコンパクトサイズ。
炭や薪の処理が快適、自立式の火消し袋。
耐熱ガラス素材に両面シリコン加工で高耐熱性を実現。

VICOPOのコンパクト火消し袋は、容量5Lのコンパクトな火消し袋。高機能で高耐熱性、高耐久性に優れるソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフトなどにおすすめです。

VICOPOのコンパクト火消し袋の使用サイズは、17×30×14cm(重量約300g)となります。また収納サイズは、17×30×2cmとコンパクトになることも魅力です。

VICOPOのコンパクト火消し袋は、素材にガラス繊維を使用し、両面にシリコン加工を施しています。また縫製や紐にはアラミド繊維を使うことで難燃に優れた仕様を実現している。

コンパクト火消し袋は自立式となっているため、炭や薪を快適に処理できる。開口部は気密性の高いマジックテープを採用し、安全に炭や灰を鎮火まで促す仕様となる。

ゼロイチキャンプ編集部

VICOPOのコンパクト火消し袋は高機能で高耐熱性、高耐久性を実現。開口部のマジックテープは、シンプルな形状で使いやすい。

VICOPOのコンパクト火消し袋にはブラックとダークグリーン、シルバーのカラー展開があります。キャンプスタイルや好みに合わせて選べる。

VICOPOのコンパクト火消し袋は、そんな焚き火の悩みを簡単に解決してくれる。

出典:Amazon

ソロキャンプやツーリング、野営など、焚き火を楽しんだ後の炭や灰の処理って悩みですよね。VICOPOのコンパクト火消し袋は、そんな焚き火処理の悩みを簡単に解決してくれる。

VICOPOのコンパクト火消し袋の素材にはガラス繊維を採用し、両面シリコン加工を施しています。

出典:Amazon

VICOPOのコンパクト火消し袋の素材にはガラス繊維を採用し、両面シリコン加工を施しています。そのため、高機能で高耐熱性、高耐久性を実現している。

自立式で効率的な灰処理ができるなど、細部までこだわり抜いた仕様となっています。

出典:Amazon

VICOPOのコンパクト火消し袋は、弱い縫製部分や紐にアラミド繊維を採用。また自立式で効率的な灰処理ができるなど、細部までこだわり抜いた仕様となっています。

VICOPO  コンパクト火消し袋

VICOPO  コンパクト火消し袋

  • サイズ:展開サイズ(約)17×30×14cm、収納サイズ(約)17×30×2cm
  • 重量:(約)300g
  • 材質:ガラス繊維(シリコン加工)
  • 容量:約5L
  • ブランド:VICOPO
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

山麓工房 【火消し袋】

山麓工房 【火消し袋】

出典:Amazon

コンパクトサイズで高機能な火消し袋。
瞬間耐熱温度は約1500℃を誇り、安心の仕様。
チクチクしない!ガラス繊維にシリコン加工済み。

山麓工房(さんろくこうぼう)の火消し袋は素材にはガラス繊維を採用し、表面にシリコン加工を施しています。耐熱温度は常時耐熱温度650-750°Cと、安定感に優れる仕様となる。

山麓工房の火消し袋の使用サイズは、約290㎜×360㎜×厚み30㎜(重量380g)となります。また収納時は、手のひらサイズほどのコンパクトになるので、バックパックにも簡単に収納できます。

山麓工房の火消し袋の生地にはガラス繊維を採用し、表面にシリコン加工を施しているため、ガラス繊維特有のチクチクした痛みがありません。

また生地につかわれるガラス繊維は表面加工を施しているので、水洗い可能でいつでも清潔を保てます。

ゼロイチキャンプ編集部

山麓工房の火消し袋は機能的で耐熱性、快適性、携行性、コスパなど、魅力満載の火消し袋です。

山麓工房の火消し袋は常時耐熱温度650-750℃を誇り、瞬間耐熱温度は約1500℃と高パフォーマンスを発揮します。

また炭や灰を消火するときは、火消し袋が自立するので処理しやすいこともメリットにある。火消し袋の開口部は大きく、マジックテープによって密閉することができます。

ヨシダ✕シンペイ

山麓工房の火消し袋は自立式となっています。耐熱温度は常時耐熱温度650-750℃と安心の仕様。

山麓工房の火消し袋は、常時耐熱温度650-750℃と安心の仕様となる。

出典:Amazon

山麓工房の火消し袋は、常時耐熱温度650-750℃と安心の仕様となる。ガラス繊維にシリコン加工を施しているので、チクチクしない。

開口部はマジックテープ仕様となっているので、簡単な操作も嬉しいポイント

出典:Amazon

山麓工房の火消し袋は、大きく開口部を開くことができるので、炭や薪、灰を快適に処理できる。また開口部はマジックテープ仕様となっているので、簡単な操作も嬉しいポイント。

山麓工房の火消し袋は、手のひらサイズのコンパクトに収納できます。

出典:Amazon

山麓工房の火消し袋は、手のひらサイズのコンパクトに収納できます。まさにソロキャンプやツーリングにぴったりの仕様となる。

山麓工房の火消し袋は底面が自立できるように設計されています。

出典:Amazon

山麓工房の火消し袋は底面が自立できるように設計されています。炭や灰処理がしやすいこともメリット。

水洗いができます。いつでもキレイをキープ。

出典:Amazon

山麓工房の火消し袋は、素材にガラス繊維をつかい、表面にシリコン加工を施しているので、水洗いができます。いつでもキレイをキープ。

山麓工房の火消し袋には、シルバーとブラックの選べるカラー展開があります。

出典:Amazon

山麓工房の火消し袋には、シルバーとブラックの選べるカラー展開があります。

山麓工房  火消し袋

出典:Amazon

山麓工房  火消し袋

  • サイズ:(約)30 x 290 x 360 mm
  • 重量:(約)380g
  • 材質:ガラス繊維(シリコン加工)
  • 耐熱温度:常時耐熱温度650-750℃、瞬間耐熱温度は約1500℃
  • ブランド:山麓工房
amazon,アマゾン

BUNDOK/バンドック 【チャコール バッグ】

BUNDOK/バンドック 【チャコール バッグ】

出典:Amazon

ガラス繊維シリコン加工で、耐熱温度550℃を実装。
ソロキャンプにぴったりのサイズ感。
バックルで閉じて、密閉消火する。

BUNDOK / バンドックは、株式会社カワセ(新潟県三条市)が展開するアウトドアブランド。機能性や耐久性、快適性、携行性、コスパに優れたキャンプギアはソロキャンプでとても人気が高い。

BUNDOK(バンドック)のチャコール バッグの使用サイズは、約295x415mm(重量約205g)となります。

バンドックのチャコール バッグの生地にはガラス繊維を採用し、シリコン加工を施しているため、炭や灰を安全に処理することができる。耐熱温度は、約550℃と安心の仕様となる。

またチャコール バッグにはバックルを付属しているので、熱の残っている灰や炭を密閉消火できます。バックルを止めることで、灰や炭をこぼさずに持ち帰ることができるメリットがあります。

ヨシダ✕シンペイ

BUNDOK(バンドック)のチャコール バッグは、シンプルな形状で使いやすい。またコスパに優れた価格も魅力となる。

大きく開口部が開くので、炭や燃え残った薪を入れやすい形状となる。

出典:Amazon

BUNDOK(バンドック)のチャコール バッグは、大きく開口部が開くので、炭や燃え残った薪を入れやすい形状となる。またガラス繊維にシリコン加工を施すことで、耐熱温度は約550℃と安心の仕様です。

バックル付きとなっており、熱の残る灰や炭を密閉消火できる。

出典:Amazon

バンドックのチャコール バッグは、シンプルな形状で使いやすい。バックル付きとなっており、熱の残る灰や炭を密閉消火できる。まさにソロキャンプにぴったりの火消し袋です。

BUNDOK/バンドック  チャコール バッグ

BUNDOK/バンドック  チャコール バッグ

  • サイズ:約295x415mm
  • 重量:約205g
  • 材質:グラスファイバー(シリコンコーティング)
  • 耐熱温度:約550℃
  • ブランド:BUNDOK/バンドック
  • 生産国:中国
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

‘n 【アッシュバッグ Small】

'n 【アッシュバッグ Small】

出典:Amazon

炭や薪を処理するのに大きい開口部が楽チン!
高耐熱性や高耐久性、高快適性を実現。
オシャレなカラーデザインの展開がある。

‘n のアッシュバッグは、アウトドアの楽しさとマナーの両面を追求し、コンセプトに展開しているアウトドアブランド「Feel so nice!」から販売されています。

‘n のアッシュバッグSmallの使用サイズは、約250×300㎜とソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフトに最適なサイズ感となります。また収納時は、コンパクトになることも魅力です。

‘n のアッシュバッグは、ガラス繊維にシリコン加工を施し、通常より厚い耐熱改良版特殊素材をを採用。高耐熱性や高耐久性に優れる仕様を実現しています。

またアッシュバッグは斜めの広口の開口部により、大きい炭や薪を快適に入れることができる。また開口部はベルクロになっているので、灰や炭をこぼさずに持ち帰ることができます。

ゼロイチキャンプ編集部

‘n のアッシュバッグは広口の開口部に自立する仕様で、炭や灰処理を効率的にできる。

ヨシダ✕シンペイ

‘n のアッシュバッグは水洗いできるので、いつでも清潔を保つことができる。

‘n のアッシュバッグには、SmallとMサイズの展開があります。またシルバーとダークグリーン、ブラックのカラー展開があるので、キャンプスタイルや好みに合わせて選べる。

'n のアッシュバッグは耐熱改良版特殊素材を採用

出典:Amazon

‘n のアッシュバッグは耐熱改良版特殊素材を採用し、高耐熱性や高耐久性に優れた仕様を実現。一般的な火消し袋よりも優れた性能となっている。

自立する設計に加えて、広口の開口部を設置する。

出典:Amazon

‘n のアッシュバッグは、自立する設計に加えて、広口の開口部を設置することで、炭や薪、灰を快適に処理できる。収納時には開口部にベルクロを完備しているので、簡単に収納できる。

'n のアッシュバッグには、2サイズと3カラーの展開があります。

出典:Amazon

‘n のアッシュバッグには、2サイズと3カラーの展開があります。またアッシュバッグの使用方法もシンプルで、どなたにも使うことができる。

'n アッシュバッグ Small

‘n アッシュバッグ Small

  • サイズ:(約)約250×300㎜
  • 重量:(約)250g
  • 材質:耐熱ガラス(シリコン加工)
  • ブランド:Feel so nice!
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

NBEUCA 【火消し袋】

NBEUCA 【火消し袋】

出典:Amazon

【耐熱温度550度】ガラス繊維に超厚いシリコン加工。
コスパに優れた使いやすい火消し袋。
ソロキャンプに最適なサイズ感がウレシイ。

NBEUCAの火消し袋は、ソロキャンプに最適なコンパクトサイズの火消し袋。素材にガラス繊維を採用し、さらに超厚いシリコン加工を施しているため、驚異の耐熱性を実現している。

NBEUCAの火消し袋の使用サイズは、30×35cm(重量約340g)となります。収納時は折りたたみ、付属のバックルで留めることで、とてもコンパクトになります。

NBEUCAの火消し袋は、素材にガラス繊維を使用し、超厚いシリコン加工を施しています。耐熱温度は約550℃(瞬間使用温度約1000℃)の高耐熱性を誇ります。

また火消し袋は自立式となっているため、炭や薪を快適に処理できます。さらに開口部はマジックテープとバックルを付属しているため、気密性に優れた仕様は安全に灰や炭を鎮火に促します。

ゼロイチキャンプ編集部

NBEUCAの火消し袋に付属する、袋開口部のマジックテープとバックルは気密性が高く安全に灰処理ができる。

ヨシダ✕シンペイ

NBEUCAの火消し袋はソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフト、野営などにおすすめ。

超厚いシリコン加工を施し、耐熱性や耐久性を格段に向上しています。

出典:Amazon

NBEUCAの火消し袋は、素材にガラス繊維を採用。さらに超厚いシリコン加工を施し、耐熱性や耐久性を格段に向上しています。

炭は土の中で分解される速度が非常に遅いため、自然に残るケースが多い。

出典:Amazon

炭は土の中で分解される速度が非常に遅いため、自然に残るケースが多い。NBEUCAの火消し袋を使うことで、環境保護に役立ちます。

開口部に付属するマジックテープとバックルは気密性に優れ、安全に灰処理ができます。

出典:Amazon

NBEUCAの火消し袋はシンプルな使いかたで、どなたにも安心して使うことができる。開口部に付属するマジックテープとバックルは気密性に優れ、安全に灰処理ができます。

NBEUCA  火消し袋

NBEUCA  火消し袋

  • サイズ:35×30cm
  • 重量:(約)340g
  • 材質:ガラス繊維(シリコン加工)
  • 耐熱温度:約550℃
  • 瞬間使用温度:約1000℃
  • ブランド:NBEUCA
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

まとめ

まとめ

今回のゼロイチキャンプは、焚き火の灰処理に便利なキャンプ道具である「火消し袋」を解説しました。

火消し袋には耐熱性や耐久性に優れたガラス繊維が使われています。またガラス繊維にシリコン加工を施してある製品は、触ったときのチクチクした刺激を軽減できるのでおすすめ。

火消し袋を使うことで、灰処理の利便性や時間を効率化できることもできます。また地面に残った炭は土に還ることができないので、火消し袋で持ち帰ることは環境保護にも役立ちます。

ヨシダ✕シンペイ

ぜひ、この記事を参考にしていただき、焚き火処理に便利な火消し袋を使っていただけると嬉しいです。

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

焚き火の灰処理におすすめ!最強の火消し袋。に関連した記事はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次