【DDタープ完全レビュー】ソロキャンプにおすすめのサイズとは!比較して解説。

こんにちわ。日本ブッシュクラフト協会(JBA) 認定ブッシュクラフターの ゼロイチキャンプです。

今回のゼロイチキャンプは、大人気の「DDタープ」を完全レビューします。

DDタープは豊富なサイズ展開であったり形状があったりするため、ソロキャンプに最適なサイズがわからないと、悩む方も多い。

ヨシダ✕シンペイ

日頃からDDタープをつかって、野営やソロキャンプを楽しんでいる筆者にお任せください。

DDタープはいくつものタープアレンジができるので、オープンタープとして日差しを避けたり、フルクローズすれば年間を通してタープ泊ができたりします。

DDタープはいくつものタープアレンジができるので、オープンタープとして日差しを避けたり、フルクローズすれば年間を通してタープ泊ができたりします。

また、ソロキャンプ向けのDDタープは軽量でコンパクトに収納ができるため、バックパックキャンプやツーリング、ULキャンプ、ブッシュクラフトなど、幅広いキャンプスタイルに使うことができる。

ゼロイチキャンプ編集部

ただし、ソロキャンプに適切なDDタープを選ぶことが前提となります。

さまざまなキャンプスタイルに挑戦できたり、ソロキャンプの利便性や快適性が向上したりするなど、新たな世界が広がります。

ソロキャンプ向けのDDタープを失敗しないで選ぶことができれば、さまざまなキャンプスタイルに挑戦できたり、ソロキャンプの利便性や快適性が向上したりするなど、新たな世界が広がります。

この記事ではDDタープのサイズ比較やメリット・デメリット、筆者が実際に野営キャンプに行き、タープ泊のレビューをしています。

ヨシダ✕シンペイ

最後まで読んでいただければ、DDタープの魅力がわかるはず。

この記事を読んでわかること、役立つ情報とは。

  • ソロキャンプ向けのDDタープがわかる。
  • DDタープのメリット・デメリットを解説。
  • DDタープのスペックとサイズを比較解説。
  • 筆者が野営キャンプで、DDタープをレビューします。
  • ソロキャンプに失敗しないDDタープを選ぶことができる。

下の記事では、JBA認定ブッシュクラフターである筆者が監修する「今から始めるブッシュクラフト」の方法や、基本道具を紹介しています。

目次

DDタープについて。

DDタープについて。

出典:DD HAMMOCKS

DD HAMMOCKSは、インドネシアのロンボクからスコットランドのエジンバラまで、東南アジア、中国、モンゴル、ロシア、そしてその後ヨーロッパ経由で、陸路の旅を含む世界各地を旅行してきたニック・ヴァンシッタール氏によって設立される。

DD HAMMOCKSは英国のエジンバラに本拠を置き、品質や機能性、軽量性、コストパフォーマンスに優れる製品は、世界中から高い評価を受けています。

ヨシダ✕シンペイ

今なおハンモックやタープ、テント、バックパックなど、多くのキャンプギアが進化を続けている注目のブランドとなる。

DDタープの魅力とは。メリット・デメリットを解説。

DDタープの魅力とは。メリット・デメリットを解説。

DDタープは日差しや雨を防ぐためのタープとしてだけでなく、簡易的なシェルターやツェルトとしてタープ泊であったり、ハンモック泊、カンガルースタイルであったりするなど、マルチな使い方が魅力にある。

DDタープには他のタープと比較すると、付属するループが多い特徴があります。DDタープの種類によってループの数は異なりますが、スタンダードモデルには19個のループを付属する。

そのため、DDタープはループとガイロープ、ペグをうまく利用することで、多彩なタープアレンジをすることができます。

ゼロイチキャンプ編集部

多彩なタープアレンジができることが、まさにDDタープの魅力でありメリットであります。

下の記事では、タープ泊に必要なソロ用のキャンプマットを特集しています。ソロ用のキャンプマットは、軽量でコンパクトに収納できます。

【DDタープ】タープアレンジを紹介。

上の画像のように、DDタープは張り方をアレンジすることで、年間を通して使うことができたりキャンプシーンに合わせて、ベストなタープアレンジを選択することができたりします。

また、一般的なタープであれば、日差しや雨を防ぐのに使われることが多いですが、DDタープはアレンジすることでフルクローズし、簡易的なシェルターやツェルトとして使うことができます。

ヨシダ✕シンペイ

上の写真のタープアレンジは、筆者がすべて設営しました。下の記事は、DDタープの張り方を完全解説しています。

下の記事では、DDタープ3×3をつかったタープアレンジをまとめています。イラストや写真をつかい、どこよりもわかりやすい解説となっています。

【メリット】DDタープは、こんな人におすすめしたい!

【メリット】DDタープは、こんな人におすすめしたい!

先述したとおり、DDタープはオープンタープとして使うだけでなく、シェルターやツェルトとしてもマルチに使うことができます。

DDタープは夏場や気温の高い日には、オープンタープとして日差しや雨を防ぎ、蚊帳を使えばタープ泊を楽しむことができます。

また、冬や気温の低い日にはフルクローズし、シェルターやツェルトであったりするなど、年間を通して楽しむことができます。

DDタープは軽量でコンパクトに収納できるので、携行性や収納性も抜群の仕様を誇ります。

DDタープは軽量でコンパクトに収納できるので、携行性や収納性も抜群の仕様を誇ります。ソロキャンプであれば、バックパックに収納できるほどコンパクトサイズになる。

そのため、一般的なソロキャンプをはじめ、ツーリングやブッシュクラフト、野営、ULキャンプ、登山など、さまざまなキャンプスタイルにおすすめとなります。

ヨシダ✕シンペイ

DDタープにもサイズや種類があるので、のちほど詳しく解説します。

下の記事では、ULテーブルを特集しています。超軽量でコンパクトなULテーブルは、まさにソロキャンプにおすすめです。

【おすすめ】DDタープは、ロープワークが上手くなる!

【おすすめ】DDタープは、ロープワークが上手くなる!

DDタープをはじめ、タープ設営をするときにはロープワークを必要とします。

そのため、タープを使うことで必然とロープワークが上達するメリットがあります。

ゼロイチキャンプ編集部

ロープワークは、テントやハンモックを設営するときにも必要な技術です。また、ブッシュクラフトにも役立ちます。

下の記事では、もやい結びや自在結びなど、基本のロープワークからソロキャンプに役立つ結び方までイラストと写真を使い、わかりやすい解説をしています。

デメリット

デメリット

DDタープのデメリットには焚き火の熱であったり、火の粉に弱いことがあげられます。また、夏のタープ泊では蚊帳が必要なこともデメリットにある。

DDタープの素材には、軽量で携行性に優れるポリエステルが採用されています。

ただし、ポリエステルは焚き火の熱や火の粉に弱く、簡単に穴が空いてしまいます。

ヨシダ✕シンペイ

上の画像は筆者のDDタープですが、焚き火の”火の粉”で穴が空いています。

夏場や気温の高い季節にタープ泊をする場合、蚊や虫の対策として蚊帳が必要なことがあります。

夏場や気温の高い季節にタープ泊をする場合、蚊や虫の対策として蚊帳が必要なことがあります。

蚊帳を利用することで荷物量が増えたり、設営の手間ができたりするなど、デメリットになることがあります。

ヨシダ✕シンペイ

DDタープ向けの蚊帳には、吊り下げ式とポップアップ式の蚊帳があります。

【DDタープ】サイズとスペックを解説。

【DDタープ】サイズとスペックを解説。

DDタープにはソロキャンプで使用するコンパクトサイズのタープであったり、ファミリーキャンプで使用できるような大きいサイズの展開まで幅広くあります。

また、DDタープはスタンダードモデルのほかにも、ループの数が多いプロシリーズであったり超軽量なスーパーライトシリーズであったり、長方形のタープ形状が特徴的なレクタシリーズなど、種類やスペックも豊富にあります。

そのため、DDタープを選ぶときにはキャンプスタイルや人数、タープアレンジ、移動手段など、キャンプの目的に合わせた選択が必要となる。

ヨシダ✕シンペイ

DDタープは、カラー展開も豊富にあります。大人気のマルチカムは、無骨でカッコイイ。

ゼロイチキャンプ編集部

下の表に、DDタープのサイズとスペックがあります。当ブログはソロキャンプ向けなので、大きいサイズのタープは省いています。

スクロールできます
商品名
DD Tarp 3×3

DD Tarp 3×3 PRO

DD Tarp 3.5×3.5

DD Tarp 4×4

DD Tarp S

DD Tarp M

DD Tarp XL

DD Super Light Tarp S

DD Super Light Tarp

DD Super Light Tarp XL
展開サイズ3m×3m3m×3m3.5m×3.5m4m×4m2.8m×1.5m3.5m×2.4m4.5m×3m2.8m×1.5m3m×2.9m4.5m×2.9m
形状スクエアスクエアスクエアスクエアレクタレクタレクタレクタスクエアレクタ
本体重量790g875g1050g1290g450g810g1020g260g
ペグ含む
460g690g
ループの数19211919191919191919
対応人数ソロソロソロ
デュオ
ファミリーソロソロ
デュオ
2~3人ソロソロ2~3人
各製品の比較

【ソロキャンプ】失敗しないタープの選び方について解説。

【ソロキャンプ】失敗しないタープの選び方について解説。

ソロキャンプ向けのタープを選ぶときには素材やサイズ、形状、重量、耐水圧など、いくつかのポイントがあります。

そのなかでも、ソロキャンプ向けのタープを選ぶときに、筆者が一番大切となるポイントとしてサイズがあげられます。

とくに、DDタープはサイズ展開や形状が豊富にあるため、どのサイズを買えば良いか悩む方も多い。

ゼロイチキャンプ編集部

DDタープを購入するときに、いちばん悩むポイントが”サイズ”です。

筆者がソロキャンプ向けにDDタープのサイズでおすすめしているのは、3m×3mと3.5m×3.5mになります。

筆者がソロキャンプ向けにDDタープのサイズでおすすめしているのは、3m×3mと3.5m×3.5mになります。

理由には、どちらもスクエア形状なので、タープアレンジを楽しめることであったりソロ向けのサイズ感であったりすることがあげられます。

ヨシダ✕シンペイ

DDタープ4×4mサイズは、ソロキャンプには大きすぎる。設営が大変であったり、荷物量が増えることもデメリットにある。

DDタープ3×3mと3.5×3.5mのおすすめポイントとは。

  • DDタープ3×3m・・・重量1㎏と軽量でコンパクトなメリットがあります。そのため携行性や収納性、重量などを選ぶ基準とする場合にはおすすめとなる。
  • DDタープ3.5×3.5m・・・本体重量は、ほぼ1㎏とそれでも軽量な仕上がり。さらに、居住性や快適性など、タープの室内空間の利便性を求める方におすすめとなる。

ソロキャンプ向けのタープを選ぶときにはサイズのほかにも素材や形状、重量、耐水圧など、いくつかのポイントがあります。

下の記事では、ソロキャンプ向けのタープについて網羅的に解説しています。形状や素材など、大切なポイントにはイラストや写真をつかって詳しい解説がある。

【DDタープ3×3】ソロキャンプでの、使い心地を完全レビュー!

【DDタープ3×3】ソロキャンプでの、使い心地を完全レビュー!

朝晩に寒さの残る4月初旬、DDタープ3×3を持って野営キャンプに行ってきました。

ソロキャンプの目的としては、誰もいない野営地を選択し、直火であったりタープ泊を楽しんだりすることでした。

野営に選んだ場所は、川沿いのすこし小高く、平らなポイントを選択。ただし、このポイントは薪を探したりするときに、いちいち川を渡らなければならないことがデメリットであった。

ヨシダ✕シンペイ

そのため、できるだけ荷物量を軽くしコンパクトな道具選びが必要となる。

DDタープ3×3は重量1kg以下と軽量でコンパクトな仕上がりとなるため、今回の野営キャンプに最適な仕様となる。

その点、DDタープ3×3は重量1kg以下と軽量でコンパクトな仕上がりとなるため、今回の野営キャンプに最適な仕様となる。

また、今回DDタープ3×3mを選んだ理由には、4月初旬ということもあり蚊やブユなど、鬱陶しい虫がいなく蚊帳の必要がないことも関係する。

ヨシダ✕シンペイ

タープ泊は夜空を眺めながら、寝ることができる最高のキャンプ。とくに、春先は虫が少ないのでおすすめ。

DDタープ3×3mを使うときは、平らで広い場所を選ぼう。

DDタープ3×3mを使うときは、平らで広い場所を選ぼう。

DDタープ3×3mを使ったことがある人ならばわかると思うが、タープを広げると意外に大きいことに驚く。

キャンプ場のように区画サイトが決まっていたり、フリーサイトのような大きい場所なら安心できるが、野営やブッシュクラフトキャンプでDDタープを使用する場合には注意が必要だ。

ゼロイチキャンプ編集部

DDタープを張るときには、風にも注意が必要です。風で簡単にめくれ上がってしまいます。

【DDタープ】キャンプシーンに合わせて、タープアレンジができる。

【DDタープ】キャンプシーンに合わせて、タープアレンジができる。

この記事では、DDタープのスペックやサイズなど解説してきましたが、DDタープのいちばんの魅力には豊富なタープアレンジができることがあげられる。

4月初旬のソロキャンプは肌寒く、さらに川沿いということもあり朝晩は冷え込むと予想する。

そこで、筆者がタープアレンジに選択したのは「ステルス張り」。ステルス張りはフルクローズが可能で、重心が低く風に強く、気密性が高い。そのため、タープアレンジのなかでも保温性に優れるメリットがある。

ヨシダ✕シンペイ

ステルス張りは、設営が簡単なことも魅力です。

下の記事では、DDタープをつかったステルス張りを解説しています。イラストと写真をつかい、どこよりもわかりやすい解説です。

DDタープと焚き火。

DDタープと焚き火。

DDタープは素材にポリエステルを採用するため、焚き火の熱や火の粉に弱いことは解説してきました。

ただし、上の写真のように焚き火をするときには、十分な距離を置いたり風向きを考えたりすることで、焚き火を楽しむことができます。

リフレクターやウィンドスクリーンなど、風を避けるキャンプギアを使うこともおすすめです。

また、今回は使いませんでしたがリフレクターやウィンドスクリーンなど、風を避けるキャンプギアを使うこともおすすめです。

ヨシダ✕シンペイ

焚き火の火加減も大切なポイント。燃え盛る焚き火は、火の粉が飛びやすい。

下の記事では、ソロ用の焚き火台を特集しています。軽量でコンパクトな焚き火台は、携行性と収納性も抜群です。

タープ泊の夜は、最高。

タープ泊の夜は、最高。

タープ泊の醍醐味は、やはり夜。とくに、満点の星空を眺めながら過ごす夜の時間は、最高のひととき。

タープ泊はテント泊と異なり、より自然にちかい環境で寝ることができます。風や台地を感じたり、空を眺めたりするなど、タープ泊ならではの体験ができる。

ヨシダ✕シンペイ

夏は蚊やブユ、ハチなど、虫が鬱陶しいこともありますが、蚊帳をつかったりして過ごしましょう。

DDタープをつかった体験レビューは、いかがでしたでしょうか。

テント泊も素晴らしいですが、たまにはDDタープをつかったタープ泊など、新しいソロキャンプのスタイルを経験することもおすすめです。

ソロキャンプの幅が広がったり、技術が向上したり、新しいキャンプスタイルを手に入れたりするなど、つぎの可能性を見つけることができます。

ゼロイチキャンプ編集部

DDタープは豊富なタープアレンジをすることができ、アレンジ次第でキャンプスタイルをいくつも楽しめる。

【おすすめ】DDタープをつかって、豊富なタープアレンジを楽しもう。

【おすすめ】DDタープをつかって、豊富なタープアレンジを楽しもう。

DDタープの最大の魅力は、豊富なタープアレンジを楽しめること。

タープアレンジができることで季節や気温、天候、環境など、さまざまなことに対応することができます。

テントやハンモックでは夏用と冬用で使い分けたり、ソロキャンプを行うシチュエーションによって、使い分けることが大半となる。

ヨシダ✕シンペイ

その点、DDタープは季節や環境に合わせてタープアレンジができることがメリットにある。

片手で、余裕に持つことができる収納サイズ。

また、DDタープ3m×3mは重量1㎏以下と軽量なことであったり、コンパクトであったりすることもメリットにあります。

そのため、荷物量を制限したいソロキャンパーであったり、ツーリング、ブッシュクラフト、野営、バックパックキャンプ、UKキャンプなど、幅広いキャンプスタイルに適応できます。

ゼロイチキャンプ編集部

ぜひ、DDタープのアレンジを覚えてソロキャンプを楽しみましょう。

下の記事では、DDタープをつかった”タープの張り方”を一覧にまとめています。今回紹介したタープアレンジ以外にも、DDタープの張り方はたくさんあります。ぜひ、チャレンジしてください。

DDタープを張るときに必要な道具。

DDタープ3m×3mでピラミッド張りをするときには、いくつかの注意点があります。

DDタープ3m×3mを購入するとタープ本体にペグ×4本、ロープ×4本が付属します。

ただし、結論からお話しすると本体と付属品だけでは、ピラミッド張りを張ることはできません。そのほかのタープアレンジでも、同様となります。

ゼロイチキャンプ編集部

ピラミッド張りは、ポールが必要となります。

【DDタープ3m×3m】ピラミッド張りを張るときの注意点について。

  • Aピラミッド張りには、ポールが2本必要である。
  • 追加のペグを準備しましょう。
  • DDタープ3×3に付属するロープは細く、強度が弱い。

ピラミッド張りには、ポールが必要である。

ピラミッド張りには、ポールが必要である。

DDタープ3m×3mを設営するときには、別途ポールを準備する必要があります。

DODのテント タープポールは170㎝のポールを2本つかうことができたり、組み合わせによって長さを220㎝に伸ばしたりできます。

そのため、パスファインダーやAフレーム、ダイヤモンド張りなど、ポールが2本必要な張り方や、ポールの長さを必要とする張り方に最適となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者は、DODのテント タープポール2本セットを使用しています。

ペグを準備しましょう。

ペグを準備しましょう。

DDタープ3m×3mには付属品でペグが4本ありますが、ピラミッド張りを楽しむのであれば追加でペグが必要となる。

また、上の写真にあるとおりで、付属するペグは細かったり長さも20㎝弱と短いため、25㎝~30㎝の長さのペグを準備することをおすすめしたい。

ヨシダ✕シンペイ

ピラミッド張りを張るときは、強度の高いペグがおすすめです。

軽量でサビに強いペグを選びたいかには、こちらがおすすめ。

DDタープに付属するロープは細く、強度が弱い。

DDタープに付属するロープは細く、強度が弱い。

DDタープ3m×3mには、長さ2mほどのロープが4本付属されるので設営には問題ありませんが、ほかのタープアレンジをしたり木に結んだりするときには、パラコートなど強度の高いガイロープがおすすめです。

ヨシダ✕シンペイ

ブッシュクラフトや野営では、ロープとロープを結ぶこともある。そのため、強度の高いロープが必要となる。

【ソロキャンプ】おすすめのDDタープまとめ

【ソロキャンプ】おすすめのDDタープまとめ

今回のゼロイチキャンプは、ソロキャンプにおすすめのDDタープを完全レビューしました。

ソロキャンプ向けにDDタープを選ぶのであれば、3×3mもしくわ3.5×3.5mサイズがおすすめです。

軽量でコンパクトに収納したいのであれば、3×3mがおすすめです。また、居住性や快適性など、タープ室内の空間を向上したいのであれば、3.5×3.5mサイズがおすすめです。

ヨシダ✕シンペイ

ゼロイチキャンプでは、3×3サイズをつかったタープアレンジを解説しているので、そちらもチェックしてください。

DDタープは豊富なタープアレンジが魅力で、オープンタープやフルクローズしてアレンジすることで年間を通して楽しめます。

DDタープは豊富なタープアレンジが魅力で、オープンタープやフルクローズしてアレンジすることで年間を通して楽しめます。

まさに、ソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフト、野営、ULキャンプなど、さまざまなキャンプスタイルに最適なキャンプギアとなる。

ゼロイチキャンプ編集部

タープ泊の夜は、最高です。ぜひ、この記事を参考に楽しんでみてはいかがでしょう。

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

【DDタープ完全レビュー】ソロキャンプにおすすめのサイズとは。に関連するおすすめの記事。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次