【Soomloom】コスパ最強!ソロキャンプにおすすめのタープ5選。

こんにちわ。ゼロイチキャンプです。

前回の記事でリーズナブルな価格が魅力的で、さらに、高機能&高品質の商品を展開しているアウトドアブランド『Soomloom』のソロキャンプ向けのテント特集をしました。

今回のゼロイチキャンプは、Soomloomの商品のなかでも、テントと同じくらい大人気である”ソロキャンプ用のタープ”を特集します。

いまキャンプやアウトドアで大注目のブランド『Soomloom』を知らないかたや、興味のあるかたはぜひ、この記事を参考にしてください。

ヨシダ✕シンペイ

タープはとても利便性の高いキャンプ道具。日差しや雨よけにつかったり、タープ泊やハンモック泊など、マルチに使うことができる。

ゼロイチキャンプ編集部

タープを使えると、ロープワークが向上します。ブッシュクラフトにも、役に立つのでオススメです!

この記事では、ソロキャンプ向けのタープの種類や選ぶときのポイントなど有益な情報が満載です。また、2023年最新のSoomloomのソロ用タープを紹介します。

ゼロイチキャンプはソロキャンプに特化したメディアブログです。ソロキャンプ用のタープをお探しの方や興味あるかたは、ぜひ、最後まで読んでください。

この記事を読んでわかること、解決する悩み。

  • Soomloomは日本のブランド?海外ブランドなの?
  • Soomloomの特徴を解説。
  • ソロキャンプ用のタープの種類とは。
  • ソロキャンプ用のタープの失敗しない選びかたを紹介。
  • ソロキャンプ向け、コスパ最高・高機能のタープを紹介します。

下の記事では、Soomloomのソロキャンプ向けテントを特集しています。コスパ最高で高機能&高品質のソロテントに興味のあるかたにオススメです!

目次

Soomloom(スームルーム)とは

soomloomロゴ

出典:Soomloom

Soomloom(スームルーム)は、2015年に中国で創業したアウトドア&スポーツブランドで、企業理念にspeed(速度)、manufucture(製造)、luminous(明るさ)、multifunction(多機能性)を掲げています。

ゼロイチキャンプ編集部

Soomloomのブランド名は、企業理念の頭文字をとって作られていますね。

また”Soomloom”の日本での代理店は、埼玉県にあるミラクルジャパン株式会社が代理店となっています。そのため、ネット通販での商品に関する故障や紛失、トラブルがあった場合にも迅速な対応が可能となっています。

中国を含む海外製品の場合、ネットで購入した製品が不良品であったり、壊れていたりなど、どこに問い合わせすればいいのか困ったりすることがありますよね。

ヨシダ✕シンペイ

Soomloomは、日本の代理店が販売管理をサポートしているので、トラブルがあった場合も安心できる。

筆者も数年前に海外から個人輸入をして、税関で輸送のトラブルが発生したことがあります。現地と英語でのコンタクトだったので、英語のできる知人に頼んだ苦い思い出があります。

Soomloomの特徴とは。

Soomloom  【レクタタープ 天幕  3×3.85m】

出典:Soomloom

Soomloomの特徴は、コスパに優れた価格が魅力的なこと。さらに驚くのが、品質や機能性が有名ブランドに劣らないことがあげられたり、タープに必要なパーツをすべてセットになっていることもメリットにある。

通常は製品価格が安くなると素材や機能性、品質など下がりますが、Soomloomの製品はリーズナブルな価格のまま、素材や機能性、品質を維持しています。

とくに今回特集しているテントやタープなど、製品単価の高い商品は価格と品質、素材、機能性などが有名ブランドに劣らない数字が顕著に表れています。

ヨシダ✕シンペイ

下記の表は同じようなサイズや素材、機能性をもったテンマクデザインのムササビウイング13ft.TC“焚き火”バージョンと比較しています。

スクロールできます
商品名サイズ本体重量本体素材付属品メーカー参考価格
Soomloom正規品 ペンタタープ 3.8x3.9m 焚き火可 ポリコットンTC
Soomloom
ペンタタープ 3.8×3.9m 焚き火可 ポリコットンTC
(約)380x390cm約2.52kgTC素材(コットン35%、ポリエステル65%)撥水&カビ防止処理加工済み専用収納バッグ ペグx8本 自在付きロープx6本\11.260(税込)
ムササビウイング13ft. TC“焚き火”バージョン
テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.
TC“焚き火”バージョン
(約)390×380/240(幅)cm約1.9kgコットン混紡生地(TC) 撥水加工済み
ポリエステル65%コットン35%
収納袋、張綱/φ4mm×4.5m×1本、φ4mm×3.5m×3本、φ4mm×1.5m×2本
※ポール、ペグは別売りになります。
\20.680(税込)
各製品の比較

上記の2つのタープは同じサイズですが、ペンタタープとウィングタープの違いや使われている生地面積によって、テンマクデザインのムササビウィングのほうが重量約600gほど軽量な仕上がりとなっています。

ただし、紹介した2つタープには同じポリコットン(TC)が生地に使われています。生地面積に多少のちがいはあるけれど、Soomloomのペンタタープのコスパの良さがわかります。

ゼロイチキャンプ編集部

こうやって比較すると、Soomloomの製品がコスパと機能性、素材を含む品質が良いことがわかります。

上記の表はあくまで参考比較の一部になりますが、コスパが良くて機能性や素材、品質もキープしたいと思っているかたには、Soomloom製品はとてもおすすめな選択となります。

下の記事では、ソロキャンプ向けの軽量でコンパクトなテントを特集しています。失敗しないテントの選び方や、おすすめのテントの紹介まで完全網羅となる。

ソロキャンプ向けのタープの選びかた。

ブッシュクラフトに最適なタープの選びかたを解説。

ソロキャンプに最適なタープを選ぶときには、形状やサイズ、重量、素材など、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

ソロキャンプ用のタープは、ファミリーキャンプで使うような大きいものではなく、できるかぎりコンパクトで目的にあった、扱いやすいタープを選びましょう。

また、タープにはいくつかの形状があったり、素材によって機能性や快適性、携行性、耐水圧などにちがいがあります。

そのため、キャンプスタイルや目的、移動手段に合わせてタープの形状や素材、重量を考える必要があります。

ゼロイチキャンプ編集部

タープの形状や素材、大きさは選ぶときの基本です。まずは、このポイントをしっかりと押さえましょう。

下の記事では、ソロキャンプ向けのバックパックを特集しています。人気のミリタリーバッグからULキャンプにおすすめのバックパックまで完全攻略となります。

タープのサイズで選ぶ。基本は3m×3mがソロキャンプにおすすめ。

タープのサイズで選ぶ。基本は3m×3mがソロキャンプにおすすめ。

ブッシュクラフトやソロキャンプのタープを選ぶときには、キャンプスタイルや使う人の身長にもよりますが、3m×3mくらいのサイズがおすすめ。

3m×3mサイズのタープがおすすめの理由には、コンパクトで軽量なものが多く、なによりも一人で設営や撤収するのに適切なサイズ感であることがあげられます。

3m×3mのタープにロープを使って設営する場合、身長よりも高い位置にあるロープへ掛ける必要があります。このとき、タープを二つに折ると3m×1.5mになります。

ヨシダ✕シンペイ

筆者は身長172cmあり、3mのタープを2つに折ると、1.5mになります。これを頭くらいの高さに掛けるだけでも、なかなかしんどい作業です。

ゼロイチキャンプ編集部

男性よりも平均身長の低い女性では、尚更、大きいタープだと設営が難しいことがわかります。コンパクトなほど、撤収も楽になります。

タープをツェルトとして使う。

また、タープはツェルトやシェルターとしても使うことができます。

そのため、キャンプスタイルにもよりますが、タープサイズが大きくなるほど居住性や快適性は向上するため、3m×3mサイズよりも大きいタープが好まれることがあります。

ブッシュクラフトやソロキャンプ用のタープを選ぶときには、3m×3mサイズをベースとして、キャンプスタイルや目的、扱いやすさ、移動手段に合わせて選択しましょう。

下の記事では、真夏のタープ泊をソロキャンプで楽しんできました。タープを購入するときの参考にしてください。3m×3mのDDタープを使用しています。

タープの形状で選ぶ。

ブッシュクラフトやソロキャンプで使用するタープには、いくつかの形状があります。形状によって機能性や快適性、設営方法、キャンプスタイルにちがいがあります。

一般的にタープの形状には、ヘキサやスクエア(レクタ)、ペンタ、ウィング、カーサイドとよばれる形状があります。

タープの形状によって機能性や快適性、設営方法などにちがいがあるため、キャンプスタイルやソロキャンプの目的に合わせた選択が必要になります。

ヨシダ✕シンペイ

タープの形状によって性能や設営方法にちがいがあります。タープの仕様やメリット・デメリットについて解説します。

タープの形状について。

  • ヘキサタープ
  • スクエア(レクタ)タープ
  • ペンタタープ
  • ウィングタープ
  • カーサイドタープ

ヘキサタープ

ヘキサタープ

ヘキサタープとは、六角形(ヘキサゴン)の形が特徴的なタープのことをいいます。

ヘキサタープは、張り網(ガイロープ)を取り付けるグロメットが多く、多彩な張りかたをアレンジできるメリットがあります。

また、ヘキサタープは設営したときに視界を広く確保できるため、開放的なタープスタイルを楽しむことができます。

ヨシダ✕シンペイ

ヘキサタープは、スタイリッシュな形状で設営したときの見た目も良い。ブッシュクラフトやソロキャンプで人気の形状です。

ただし、ヘキサタープは設営したときの面積が、ほかのタープと比較すると狭いことがデメリットにあげられる。

ヘキサタープは、スタイリッシュで開放的な空間は魅力的ですが、日差しや風よけを目的とするのであれば、次に解説するスクエアやレクタタープがおすすめ。

スクエア(レクタ)タープ

スクエア(レクタ)タープ

スクエア(四角形)とレクタゴン(長方形)の形が特徴的な、スクエアタープとレクタタープ。

スクエアとレクタタープは面積が広いため、居住空間を広げることができたり、日差しや雨風をしっかりと防いでくれるメリットがあります。

また、スクエアとレクタタープは多彩なアレンジができるので、キャンプスタイルや天候、気温に合わせた使いかたができる。

ヨシダ✕シンペイ

スクエアとレクタタープは、王道的なスタイル。迷ったときや初めてのタープにおすすめです。

スクエアとレクタタープのデメリットには、見た目の華やかさやデザイン性に欠けることがあげられる。

タープの王道的であるスクエアとレクタタープですが、ウィングタープやヘキサタープ、ペンタタープなど、スタイリッシュでデザイン性のあるタープには、見た目が劣ることも。

ゼロイチキャンプ編集部

とはいえ、スクエアとレクタタープは、張りかたのアレンジ次第で、見た目を良くすることができる。

ペンタタープ

ペンタタープ

ペンタタープとは五角形が特徴的で、タープ面積の余分なところを削ぎ落とすことで、軽量性と収納性に優れた仕様となっています。

ペンタタープは五角形の独特な形状により、防風性や防雨性に優れたメリットがあります。

また、余分な面積を削ることで、ほかのタープよりも軽量でコンパクトな仕上がりを実現しています。そのため、携行性や収納性に優れているため、バックパッキングやULスタイル、ツーリングなどに人気があります。

ゼロイチキャンプ編集部

防風性や防雨性でタープを選ぶのであれば、ペンタタープがおすすめ。

ペンタタープのデメリットには、居住空間の狭いところがあげられます。

防風性や防雨性に優れたメリットがありますが、それと引き換えに居住空間は狭く、快適性がイマイチ良くないことがデメリットにあげられます。

ヨシダ✕シンペイ

デュオやファミリーキャンプでは、ペンタタープが狭く感じることがあるが、ソロキャンプで使用するには、十分なスペースがある。

ウィングタープ

ウィングタープ

ウィングタープはその名のとおり、鳥が羽ばたいているような形状が特徴的で、ペンタタープ同様に開放感があり、軽量、デザイン性に優れています。

ウィングタープは開放的で防風性、軽量性に優れたメリットがあります。

ウィングタープは設営したときのデザイン性が高く、スタイリッシュな形状から、ペンタタープ同様にとても人気があります。

また、タープの張りかたもアレンジが豊富にできるので、キャンプスタイルや天候、気温に合わせた張りかたを楽しむことができる。

ヨシダ✕シンペイ

ウィングタープは携行性や収納性に優れているため、バックパッキングやツーリング、ULスタイルにおすすめ。

ウィングタープのデメリットには、ペンタタープと同じく居住空間の狭いところがあげられます。

防風性や防雨性に優れたメリットがありますが、それと引き換えに居住空間は狭く、快適性がイマイチ良くないことがデメリットにあげられます。

ゼロイチキャンプ編集部

ウィングタープの張りかたをアレンジすることで、十分な居住スペースを確保できる。

下の記事では、ソロキャンプ向けのタープについて、さらに詳しくイラストや写真をつかって解説しています。また素材や重量、耐水圧、付属品、メリット・デメリットなど、ここで紹介していない有益な情報がある。

【Soomloom】ソロキャンプ向けのコスパ最強のタープを紹介。

Soomloom  【レクタタープ 天幕 3×3.85m】

Soomloom  【レクタタープ 天幕  3×3.85m】

出典:Soomloom

  • コスパ最強!ソロキャンプやツーリングに最適なサイズ感。
  • 16個のグロメットで多才なタープアレンジができる。
  • 生地には150Dポリエステルを採用、表面はPUコーティングあり。

Soomloomのレクタタープ 天幕(3×3.85m)は、ソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフトにぴったいのサイズ。コーティングされた生地により、耐水圧は3000㎜と安心の仕様。

Soomloomのレクタタープ 天幕(3×3.85m)の使用サイズは300cm×385cm(幕体重量約1.45㎏)となっている。軽量でコンパクトなタープは、まさにソロキャンプ向けとなる。

また生地には150Dポリエステルを採用し、幕体全体を2重縫製しているため、さらに頑丈で耐久性のあるタープとなっている。

ヨシダ✕シンペイ

タープ生地の表面にはPUコーティンが施され、裏側にはシルバーコーティングが施されている。

耐水圧は3000㎜と安心の仕様となっており、生地裏側にシルバーコーティングを施すことで遮熱性を向上している。

Soomloomのレクタタープ 天幕(3×3.85m)は機能性も高く、16箇所のグロメットと布テープ3本によって多彩なタープアレンジをすることが可能。

また、レクタタープ 天幕には自在付きロープ6本とペグ8本、専用収納バッグがはじめから付属されるため、大変コスパの良い構成となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

テントポールは別途必要になります。タープアレンジによってポールの本数や長さは変わりますので、ご注意ください。

Soomloomのレクタタープ 天幕は、軽量でコンパクトなサイズ感。

出典:Soomloom

Soomloomのレクタタープ 天幕は、軽量でコンパクトなサイズ感。ソロキャンプに最適な仕様を誇る。

生地の表面には、PUコーティングを施し耐水性アップ。

出典:Soomloom

生地の表面には、PUコーティングを施し耐水性アップ。裏側にはシルバーコーティングで遮熱性をアップしている。

レクタタープ 天幕には、合計19箇所のループを配置。

出典:Soomloom

レクタタープ 天幕には、合計19箇所のループを配置。マルチスタイルでタープアレンジを楽しもう。

Soomloom  レクタタープ 天幕  3×3.85m

Soomloom  レクタタープ 天幕 3×3.85m

  • 使用サイズ:3×3.85m
  • 収納サイズ:約38cm×13cm
  • 素材:150Dポリエステル
  • 耐水圧:3000mm
  • UVカット:SPF40+
  • 重量:幕体約1.45kg、総重量約2.6㎏
  • 付属品:自在付きロープ6本、ペグ8本、専用収納袋
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Soomloom  【屋外キャノピーテントシェルター タープ 3×2.9m】

Soomloom  【レクタタープ 20Dナイロン ブラウンシリーズ  3×2.9m】

出典:Soomloom

  • コスパ最強&超軽量!ソロキャンプやツーリングに最適。
  • 19か所のループで、多才なタープアレンジができる。
  • タープ生地は、シリコン&PUコーティングで悪天候にも安心。

Soomloom屋外キャノピーテントシェルター タープ(3×2.9m)は、コスパに優れた価格が魅力的で、超軽量&コンパクトな仕様を実現。ソロキャンプやツーリングにおすすめのタープとなっている。

Soomloom屋外キャノピーテントシェルター タープの使用サイズは300cm×290cm(幕体重量約505g)。また付属品を含む総重量でも、わずか757gと超軽量となる。

また生地には20Dpu3000mmナイロンを採用し、幕体全体を2重縫製している。さらに生地表面にシリコン、裏側にPUコーティングを施しており、頑丈で耐久性のある仕様となっている。

ヨシダ✕シンペイ

屋外キャノピーテントシェルター タープは、軽量で耐久性、機能性にすぐれた仕様を実現。さらに驚きは、その価格だ!

屋外キャノピーテントシェルター タープの耐水圧は3000㎜と安心の仕様となっているため、急な悪天候にも安心してつかうことができる。

Soomloom 屋外キャノピーテントシェルター タープ(3×2.9m)は機能性も高く、16箇所のグロメットと布テープ3本によって豊富なタープアレンジをすることが可能。

また、屋外キャノピーテントシェルター タープには自在付きロープ6本とペグ8本、専用収納バッグがはじめから付属されるため、大変コスパの良い構成となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

テントポールは別途必要になります。タープアレンジによってポールの本数や長さは変わりますので、ご注意ください。

Soomloomのレクタタープ は、ソロキャンプに最適な仕様を実現。

出典:Soomloom

Soomloomの屋外キャノピーテントシェルター タープは、超軽量でコンパクトなサイズ。ソロキャンプに最適な仕様を実現。

生地の表面には、シリコンコーティングを施している。

出典:Soomloom

生地の表面には、シリコンコーティングを施し、裏側にはPUコーティングで耐水性と耐久性を大幅アップ。

レクタタープ 20Dナイロン ブラウンシリーズには、合計19箇所のループを配置。

出典:Soomloom

屋外キャノピーテントシェルター タープには、合計19箇所のループを配置。豊富なタープアレンジを楽しもう。

Soomloom  レクタタープ 20Dナイロン ブラウンシリーズ(3×2.9m)

Soomloom  屋外キャノピーテントシェルター タープ 3×2.9m

  • 使用サイズ:3×2.9m
  • 収納サイズ:約32cm×8cm
  • 素材:20Dpu3000㎜ナイロン、シリコンコーティング
  • 耐水圧:3000mm
  • UVカット:UPF40+
  • 重量:幕体約505g、総重量約757g
  • 付属品:自在付きロープ6本、ペグ8本、専用収納袋
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Soomloom  【レクタタープ Adranus TC素材 3×3.85m】

Soomloom  【レクタタープ Adranus TC素材 3×3.85m】

出典:Soomloom

  • コスパ最強&焚き火OK!ソロキャンプに最高。
  • 生地に耐火性や耐久性、遮断性に優れたポリコットンを使用。
  • 撥水とカビ防止加工処理を施しているので安心。

レクタタープ Adranus 3×3.85mの素材には、耐久性や耐火性、遮断性に優れたポリコットン(TC)を採用。またSoomloomの特徴である、コスパに優れた価格が魅力的で、ソロキャンプにぴったりの仕様となる。

レクタタープ Adranus 3×3.85mの使用サイズは300cm×385cm(重量約3.9㎏)となっています。素材にポリコットンを採用しているので、焚き火のちかくで使うことができる。

タープ生地には撥水加工を施しているため、雨の日でも安心できる。また生地にカビ防止加工処理を施しているので、ポリコットンのデメリットであるカビに対しても、安心の仕様となっている。

ヨシダ✕シンペイ

レクタタープ Adranus 3×3.85mは、テント生地にポリコットンをつかった、コスパ最高のタープとなる。

Soomloom レクタタープ Adranus 3×3.85mは機能性も高く、ぜんぶで19箇所のグロメットと布テープによってバリエーション豊富なタープアレンジを楽しめる。

また、レクタタープ Adranus 3×3.85mには、自在付きロープ6本とペグ8本、専用収納バッグがはじめから付属されるため、大変コスパの良い構成となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

テントポールは別途必要になります。タープアレンジによってポールの本数や長さは変わりますので、ご注意ください。

Soomloomのレクタタープ Adranus TC素材は、生地に遮光性に優れたポリコットンを使用。

出典:Soomloom

Soomloomのレクタタープ Adranus TC素材は、生地に遮光性に優れたポリコットンを使用。夏の暑い日差しから、肌を守ってくれる。

ポリコットン(TC)は遮熱性も高い。

出典:Soomloom

ポリコットン(TC)は遮熱性も高い。日陰のないキャンプサイトに重宝する。

レクタタープは、バリエーション豊富なタープアレンジを楽しめる。

出典:Soomloom

レクタタープは、バリエーション豊富なタープアレンジを楽しめる。

Soomloom  レクタタープ Adranus TC素材 3×3.85m

Soomloom  レクタタープ Adranus TC素材 3×3.85m

  • 使用サイズ:3×3.85m(レクタタープ)
  • 収納サイズ:約36cm×18cm
  • 素材:TC素材(コットン35%、ポリエステル65%)
  • 重量:約3.9㎏
  • セット内容:本体×1,ガイロープ×6,ペグ×8
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Soomloom  【天幕 TCタープ 3.25×3.25m】

Soomloom  【天幕 TCタープ  3.25×3.25m】

出典:Soomloom

  • コスパ最強&焚き火OK!ソロキャンプやツーリングに最適。
  • 生地に耐火性や耐久性、遮断性に優れたポリコットンを使用。
  • 撥水とカビ防止加工処理を施しているので安心。

天幕 TCタープ 3.25×3.25mはコスパに優れた価格が魅力的で、デザイン性の高いウィングタープとなる。素材に耐久性や耐火性、遮断性に優れたポリコットン(TC)を採用しています。

天幕 TCタープ 3.25×3.25mの展開サイズは400cm×510cm(本体重量約2.16㎏)となっている。

生地には撥水加工を施しているため、雨の日でも安心できる。また生地にカビ防止加工処理を施しているので、ポリコットンのデメリットであるカビに対しても、安心の仕様となっている。

ヨシダ✕シンペイ

天幕 TCタープ 3.25×3.25mは生地にポリコットン(TC)を採用。焚き火のちかくでも使うことができる。

Soomloom 天幕 TCタープ 3.25×3.25mは、デザイン性の高いウィングタープとなっていて、さらに機能面でもグロメットと布テープを合わせると12箇所を付属している。

豊富なグロメットと布テープによって、天候やキャンプスタイルにあわせたタープアレンジを楽しめる仕様を実現しています。

また、天幕 TCタープ 3.25×3.25mには自在付きロープ6本とペグ6本、専用収納バッグがはじめから付属されるため、大変コスパの良い構成となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

テントポールは別途必要になります。タープアレンジによってポールの本数や長さは変わりますので、ご注意ください。

Soomloomの天幕 TCタープ  3.25×3.25mは、ソロキャンプやブッシュクラフトに最適な仕様。

出典:Soomloom

Soomloomの天幕 TCタープ 3.25×3.25mは、耐久性や耐火性に優れ、ソロキャンプやブッシュクラフトに最適な仕様。

生地の表面には、撥水とカビ防止加工処理を施している。

出典:Soomloom

生地の表面には、撥水とカビ防止加工処理を施している。雨の日でも安心してつかうことができる。

天幕 TCタープ  3.25×3.25mには、合計12箇所のループを配置。

出典:Soomloom

天幕 TCタープ 3.25×3.25mには、合計12箇所のループを配置。多彩なタープアレンジを楽しもう。

Soomloom  天幕 TCタープ  3.25×3.25m

Soomloom  天幕 TCタープ 3.25×3.25m

  • 設営サイズ:約400cmx510cm
  • 収納サイズ:約32cmx16cm
  • 素材:T/C素材 (コットン35%、ポリエステル65%)
  • 耐水圧:350mm
  • 本体重量:約2.16kg
  • セット内容:専用収納バッグ ペグx4本 自在付きロープx4本 *ポールは付属しておりません。
rakuten, 楽天市場

Soomloom  【ペンタタープ 3.8×3.9m ポリコットンTC】

Soomloom  【ペンタタープ 3.8x3.9m ポリコットンTC】

出典:Soomloom

  • コスパ最強&焚き火OK!ソロキャンプやアウトドアに最適。
  • 生地に耐火性や耐久性、遮断性に優れたポリコットンを使用。
  • 撥水とカビ防止加工処理を施しているので安心。

ペンタタープ 3.8×3.9mはコスパに優れた価格が魅力的で、デザイン性の高いペンタタープとなる。素材に耐久性や耐火性、遮断性に優れたポリコットン(TC)を採用しています。

Soomloom ペンタタープ 3.8×3.9mの展開サイズは380cm×390cm(本体重量約2.52㎏)となっている。

ペンタタープの生地はTC素材ですが、表面に撥水加工を施しているため雨の日でも安心できる。また生地にカビ防止加工処理を施しているので、ポリコットンのデメリットであるカビに対しても、安心の仕様となっている。

ペンタタープ 3.8×3.9mは雨や日差しをしっかりとガードしてくれるので、ソロキャンプやツーリング、BBQ、ピクニックなど、すべてのアウトドアにぴったりのタープです。

ヨシダ✕シンペイ

Soomloom ペンタタープ 3.8×3.9mは生地にポリコットン(TC)を採用。焚き火のちかくでも使うことができる。

ゼロイチキャンプ編集部

ペンタタープ 3.8×3.9mは、遮光性に優れていることもウレシイ◎夏の日差しから肌を、しっかりと守ってくれる。

Soomloom ペンタタープ 3.8×3.9mは、デザイン性の高いペンタタープとなっていて、さらに機能面でもグロメットと布テープを合わせると14箇所に付属している。

豊富なグロメットと布テープによって、天候やキャンプスタイルにあわせたタープアレンジを楽しめる仕様を実現しています。

また、ペンタタープ 3.8×3.9mには自在付きロープ8本とペグ8本、専用収納バッグがはじめから付属されるため、大変コスパの良い構成となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

テントポールは別途必要になります。タープアレンジによってポールの本数や長さは変わりますので、ご注意ください。

ペンタタープ 3.8x3.9mは、ソロキャンプやアウトドアに最適な仕様。

出典:Soomloom

ペンタタープ 3.8×3.9m ポリコットンTCは、耐久性や耐火性に優れ、ソロキャンプやアウトドアに最適な仕様。

生地の表面には、撥水とカビ防止加工処理を施している。

出典:Soomloom

生地の表面には、撥水とカビ防止加工処理を施している。雨の日でも安心してつかうことができる。

合計14箇所のループを配置。多彩なタープアレンジを楽しもう。

出典:Soomloom

ペンタタープ 3.8×3.9m ポリコットンTCには、合計14箇所のループを配置。多彩なタープアレンジを楽しもう。

Soomloom  ペンタタープ 3.8x3.9m ポリコットンTC

Soomloom  ペンタタープ 3.8×3.9m ポリコットンTC

  • サイズ:約380x390cm
  • 収納サイズ:約32x14cm
  • 素材:TC素材(コットン35%、ポリエステル65%)
  • 耐水圧:350mm
  • 本体重量:約2.52kg
  • 付属品:専用収納バッグ ペグx8本 自在付きロープx6本
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

まとめ

【Soomloom】ソロキャンプ向けのコスパ最高・高機能テントを紹介しました。

また、Soomloomについてブランドの特徴であったり詳細など、キャンプ道具を購入するときの参考になれば幸いです。

ヨシダ✕シンペイ

今後ますます日本のキャンプシーンで、Soomloomを使っているユーザーは間違いなく増えると思います。

ゼロイチキャンプ編集部

この記事を参考に、Soomloom製品をフィールドで使ってほしい。。

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

【Soomloom】ソロキャンプ向けのタープに関連した、おすすめの記事。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次