【LEDランタン】ソロキャンプには、小型が最強におすすめ15選。

ソロキャンプ向けLEDランタン

こんにちわ。ゼロイチキャンプです。

ソロキャンプで使用するランタンには電池や充電を供給とするLEDランタンがあります。またガスや灯油、ガソリンなどを燃料とする、燃料系ランタンがあります。

一般的にソロキャンプで使用するランタンは、キャンプスタイルや移動手段、キャンプシーンによって使い分けます。

とくにソロキャンプはツーリングやブッシュクラフト、野営、ULキャンプなど、さまざまなキャンプスタイルや移動手段のあるキャンプとなる。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロキャンプでは、できるかぎり軽量でコンパクトなキャンプギアを選ぶこともポイントです。

今回の記事テーマである『LEDランタン』は、すべてのキャンプスタイルや移動手段に適応するランタンになります。

まさに軽量でコンパクトなLEDランタンは、ソロキャンプにぴったりの仕様となる。

ただし、LEDランタンといっても光量や光の色、機能性、防水性、携行性などにちがいがあります。そのため、LEDランタンを適当に選んでしまうと、キャンプスタイルや移動手段にあわないことに繫がります。

今回のゼロイチキャンプでは、ソロキャンプに使いたいコンパクトで最強のLEDランタンを特集します。LEDランタンの失敗しない選びかたやおすすめのLEDランタンを紹介。

この記事を読んでわかること、役に立つ情報。

  • LEDランタンの正しい選び方がわかる。
  • LEDランタンについて、わかりやすい知識解説がある。
  • LEDランタンのメリット・デメリットを解説。
  • LEDランタンの明るさの単位である、ルーメン・ルクスを解説。
  • ソロキャンプ向き、小型で最強のLEDランタンを選ぶことができる。

下の記事では、超わかりやすいソロキャンプの始め方を解説。ソロキャンプに必要な道具やルール、マナーなどをくわしく紹介します。

目次

LEDランタンとは。

LEDランタンとは。

LEDランタンとは、電池や充電式バッテリーを使用したランタンのことをいいます。ガスやガソリンなどの液体燃料を使わないため、テント内で使用できる唯一のランタンです。

LEDランタンはソロキャンプやツーリング、登山、釣り、防災用など、幅広く使われています。また製品価格や燃料のコスパも良く、なにより安全で使用できることがメリットにある。

LEDランタンは、サイト全体を照らすことができるメインランタンから、小型のランタンまで幅広くランナップしています。

電源には乾電池式や充電式、太陽光タイプなどがあり、テント内で安全に使用できるのはLEDランタンだけになる。

ヨシダ✕シンペイ

初心者からベテランのソロキャンパーまで、幅広く使われるのがLEDランタンです。ソロキャンプの必需品といってもいいでしょう。

メリットデメリット
簡単に扱うことができて安全。
価格が安く、種類が豊富にある。
携行性に優れている。
災害時や緊急時用にも便利。
メインランタンとして使うには、やや光量が少ない。

ガスやガソリンランタンなどの燃料系ランタンは、テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の原因になります。絶対に使用しないでください。

下の記事では、ソロキャンプ向きの灯油ランタンを特集しています。独特の灯りが特徴的な灯油ランタンは、コスパも最強に良い!

【ソロキャンプ向け】LEDランタンの選びかたについて。

【ソロキャンプ向け】LEDランタンの選びかたについて。

ソロキャンプ向けのLEDランタンを選ぶときには明るさや防塵・防水加工、充電の有無、連続点灯時間、機能性などを確認する必要があります。

LEDランタンには光量の大きいメインランタンに使えるものから、テント内やテーブルで使用するような小型のランタンまで幅広くあります。

またソロキャンプは自然のなかで行うため、急に天候が悪くなることがあります。そんなときに便利なのが防塵・防水加工のあるランタンになる。

ソロキャンプをおこなう滞在日数によって大事になるのが、連続点灯時間や給電タイプになる。またLEDランタンにはモバイルバッテリーが備わっていて、外部機器へUSBで充電できる製品もあります。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロキャンプ用のLEDランタンを選ぶときには、キャンプスタイルや宿泊日数、移動手段に合わせて選択することがポイント。

ヨシダ✕シンペイ

LEDランタンは電化製品のため、水や砂ホコリなどが内部に侵入すると故障の原因になる。

UKバックパックスタイル

ソロキャンプは徒歩や電車など交通公共機関を利用したり、自転車やバイクなどツーリングでキャンプ場へ向かうかたもいます。

そのため、コンパクトで軽量なLEDランタンを選ぶことが必要であったり、防塵・防水加工、機能性がプラスしたものはとても重宝する。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプの目的にあったLEDランタンを選ぶことができれば、快適性や携行性などを大幅に向上することができる。

【ソロキャンプ向け】LEDランタンの選ぶポイントを解説。

  • LEDランタンの明るさや、光の色について学ぶ。
  • LEDランタンを選ぶときは、防塵・防水加工が備わっているかチェックしよう。
  • 【LEDランタン】電池式と充電式について解説。
  • LEDランタンを選ぶときには、連続点灯時間を確認する。
  • 機能性をプラスした、LEDランタンについて。

下の記事では、ソロキャンプにおすすめのバックパックを紹介。ミリタリーバッグからULキャンプにおすすめのバックパックまで完全攻略の内容となる。

LEDランタンの明るさや、光の色について学ぶ。

LEDランタンの明るさや、光の色について学ぶ。

LEDランタンには光量や光の色にちがいがあります。またLEDランタンにはルーメンやルクスとよばれる、明るさの単位がある。

LEDランタンの明るさや光の色によって、メインランタンに使ったりサブランタンに使うなどの違いがあります。とくに光の色は、キャンプサイトの雰囲気やスタイルに影響する大切なポイントとなる。

またLEDランタンの明るさの単位である”ルーメン”や”ルクス”は、ランタンを選ぶときに必要となるため、しっかりと知識として身につけよう。

ヨシダ✕シンペイ

LEDランタンの明るさや光の色は、キャンプの目的やキャンプスタイルに影響する大切なポイント。

LEDランタンの明るさや、光の色について学ぶ。

  • メインランタンとサブランタンの明るさについて。
  • LEDランタンの光の色とは。白色と暖色について。
  • LEDランタンの単位とは。ルーメンとルクスを解説。

メインランタンとサブランタンの明るさについて。

メインランタンとサブランタンの明るさについて。

LEDランタンには、サイト全体を照らすことができるメインランタンがあります。またテーブルに置いたり、テント内で使用したり、持ち運びに便利なサブランタンがある。

一般的にソロキャンプでメインランタンとサブランタンを使い分けるときには、光量の大きさによって分けることが多い。

とくに昨今のLEDランタンは燃料系ランタンと異なり、光量の調節が自由にできるメリットもあります。キャンプシーンやスタイルによって、明るさを変えることができるのはウレシイですね。

ゼロイチキャンプ編集部

光量や光の色を変えることができるLEDランタンもあります。キャンプシーンにあわせて使うことができるので、とても便利。

下の記事では、ソロキャンプ用の軽量でコンパクトなテントを紹介。またテントを選ぶときのおすすめポイントを解説しています。

メインランタン

メインランタン

ソロキャンプのメインランタンにLEDランタンをつかうときは、500~1000ルーメン以上の明るさを目安に選ぶのがおすすめです。

一般的に500~1000ルーメン以上あれば、ソロキャンプのサイト全体を照らすことができます。

ヨシダ✕シンペイ

筆者が野営でメインランタンにつかっているLEDランタンは、600ルーメンの明るさです。

サブランタン

サブランタン

ソロキャンプのサブランタンにLEDランタンをつかうときは、200~500ルーメンほどの明るさを目安に選ぶのがおすすめです。

サブランタンは調理をしたり、テント内で使用したり、トイレや炊事場に行くときなど、幅広い用途でつかいます。とくに調理のときは、明るいほうが調理もしやすく、ケガを防ぐこともできます。

ゼロイチキャンプ編集部

サブランタンは軽量でコンパクトな物が多く、使いやすいこともメリットにある。

下の記事では、ソロキャンプ最適なミニテーブルを特集しています。ミニテーブルはバックパックに収納できるほど、コンパクトで軽量です。

LEDランタンの光の色とは。白色と暖色について。

LEDランタンの光の色とは。白色と暖色について。

一般的にLEDランタンの光の色には、白色と暖色があります。

白色のLEDランタンは、はっきりと周囲を明るく照らすことができるため、調理をしたり細かい作業をしたり、携行して歩くときにおすすめです。

ただし、白色のLEDランタンは人口的な明るさがあるため、人によってはキャンプの雰囲気にあわないので苦手な方もいます。

ヨシダ✕シンペイ

光量が強いほど、白色のLEDランタンは人工的な明るさが目立つ。1000ルーメンになると、目が痛いですからね。

キャンプスタイルや雰囲気を重視するかたには、暖色のLEDランタンがおすすめです。やさしく温かみのある暖色のLEDランタンは、焚き火にもぴったりとあうことも魅力的。

ただし、周囲や物をハッキリと照らすには白色のLEDランタンに劣ります。キャンプシーンやキャンプスタイルによって、白色と暖色を使い分けることが大切になる。

ゼロイチキャンプ編集部

LEDランタンには、白色と暖色を切り替えることができる製品もある。シチュエーションによって切り替えると快適です。

LEDランタンの明るさの単位とは。ルーメンとルクスを解説。

LEDランタンの単位とは。ルーメンとルクスを解説。

LEDランタンの明るさを表すときには、ルーメンやルクスとよばれる単位があります。

LED電球は、8W(ワット)程度の消費電力で60W形の白熱電球並みの明るさがある。そのため、一般の消費者にはワット数で明るさを判断するのが難しいため、ルーメンやルクスが採用されました。

ちなみにワット(W)数は消費電力であり、明るさを示したものではありません。しかし、白熱電球は消費電力に応じて明るさが変化するため、白熱電球の明るさを示す基準になっていました。

ゼロイチキャンプ編集部

LEDランタンを購入するときにルーメンやルクスで表示されていますが、どれくらいの明るさがあるか悩みますよね。

ルーメン(lm)とワット相当とは。

ルーメン(lm)とワット相当とは。

ルーメン(lm) は、光の全体的な量を表す単位のことをいい、ルーメンが大きいほど明るい光を放ちます。光源自体が発する光の総量を示し、どれだけ明るく見えるかを示す指標となります。

下の表ではワット相当に換算したときのルーメンの明るさを目安として表しています。LEDランタンを選ぶときの参考にしてください。

ワット相当(W)25〜40ワット程度40〜60ワット程度60〜75ワット程度
ルーメン(lm)3005001000
Chat GPTの回答を転用
ゼロイチキャンプ編集部

LEDの進化や製品の品質によっても異なるので、ルーメン数からワット数への正確な換算は製品ごとに異なる場合があります。

ルクス(lx)とは。

ルクス(lx)とは。

ルクス(Lux) は、光が特定の面積にどれだけ集まっているかを示す単位です。ルーメンが光の総量を表すのに対し、ルクスはその光が特定の面積にどれだけの強度で到達しているかを示します。

つまり、ルクスは光の密度を示す指標です。ランタンから出る光が広がっている範囲や、その範囲内での光の明るさを測る際に使用されます。

ただし、ルクスは光に照らされた面までの距離や大きさによって、メーカーごとに数値が変わることがあるので、製品を購入する際はご注意ください。

ヨシダ✕シンペイ

一般的にLEDランタンの製品には、ルーメンが使われることが多い。

LEDランタンを選ぶときは、防塵・防水加工が備わっているかチェックしようや

LEDランタンを選ぶときは、防塵・防水加工が備わっているかチェックしようや

LEDランタンを選ぶときには、防塵・防水加工(ぼうじんぼうすい)が施されているか確認することがポイント。そのときに、確認の目安となる指標を「IP〇〇」といいます。※〇〇には数字が入ります。

LEDランタンをソロキャンプで使うときは、自然を相手に使うことになります。そのためランタンの内部に砂が入ったり、水に濡れたりすることもある。

LEDランタンを選ぶときは、IP〇〇の指標を確認し、防塵・防水機能を備えているか確認することが大事。

ヨシダ✕シンペイ

LEDランタンの内部に水や砂がはいると、故障の原因になります。

IPとは”International Protectionコード”という規格で、2003年に国際電気標準会議(IEC)によって定められた、電気製品の防塵・防水性能を表す規格になります。

また製品よっては防水だけを備えているランタンや、防塵だけを備えているランタンもあるため、ロケーションや目的、キャンプスタイルに合わせた選択が必要になる。

ソロキャンプやアウトドアで使用するLEDランタンを選ぶときには、『IP54』を目安に選ぶことをおすすめします。

IP54の製品表示の場合は、数字の5にあたる部分が「防塵等級」といわれ、6段階ある防塵の指標になる。次に数字の4にあたる部分は「防水等級」といわれ、8段階ある防水の指標になる。こちらの数字が高いほど、高性能となります。

下の記事では、ブッシュクラフトの簡単な始め方を解説。必要な道具やブッシュクラフトで作れるものを紹介しています。

【LEDランタン】電池式と充電式について解説。

【LEDランタン】電池式と充電式について解説。

ソロキャンプで使用するLEDランタンの給電方法には、電池式と充電式があります。

電池式と充電式のLEDランタンには、給電方法の違いのほかに快適性や携行性、収納性、コスパなど、多くの性能に違いがあります。

また給電方法によってメリット・デメリットがあります。

ゼロイチキャンプ編集部

給電方法によるメリット・デメリットを理解することで、ソロキャンプの目的や移動手段にあったLEDランタンを選ぶことができる。

電池式のLEDランタン

電池式のLEDランタン

電池式のLEDランタンはその名のとおりで、電池を使った給電になります。

電池式のメリットには手軽さと電池が切れてしまった場合にも、電池を交換することですぐにLEDランタンを使うことができることがあげられます。

ただし、電池式のLEDランタンは電池を交換する手間があったり、電池が切れるたびに電池を購入しなければならないため、とてもコスパが悪いことがあります。

ヨシダ✕シンペイ

電池が切れることを想定し予備電池を持っていくことも、携行性や収納性を下げることになります。

メリットデメリット
手軽に扱うことができる。
電池を交換すれば、すぐに使うことができる。
電池を都度購入するため、コスパが悪い。
充電式と比較すると、携行性と収納性が悪い。
電池式LEDランタン

充電式のLEDランタン

充電式のLEDランタン

出典:Amazon

一般的に充電式のLEDランタンは、内蔵バッテリーにUSBや充電器を使用して充電します。

充電式のLEDランタンのメリットには、電池を交換したり購入する必要がないため、とてもコスパにいいことがあげられます。

また予備の電池を持っていく必要がないため、キャンプスタイルや宿泊日数によっては、携行性と収納性に優れることもある。

ただし、便利な充電式のLEDランタンにもデメリットがあります。充電が少なくなったり切れてしまった場合には、充電する必要があり、時間が掛かることがあります。

ゼロイチキャンプ編集部

連泊するソロキャンプに、充電式のLEDランタンを持っていくときは、充電を気にする必要があります。

ヨシダ✕シンペイ

筆者は連泊するときは、モバイルバッテリーを持参します。仕方がないことですが、携行性と収納性は悪くなります。

メリットデメリット
電池を購入する手間がいらない。
電池を購入しないため、コスパがいい。
電池式と比較すると、携行性と収納性に優れる。
充電時間が掛かる。
連泊するときは、モバイルバッテリーが必要になることもある。
充電式LEDランタン

下の記事では、コスパと機能性に優れたブランドである「Soomloomのテント」を特集しています。機能性と品質に優れ、さらにコスパを求めるかたにおすすめです。

LEDランタンを選ぶときには、連続点灯時間を確認する。

LEDランタンを選ぶときには、連続点灯時間を確認する。

LEDランタンを購入するときは、連続点灯時間が長いことも選ぶときのポイントになります。

ソロキャンプ1泊の場合には、連続点灯時間の目安で約8時間以上のランタンであれば、予備の電池やバッテリー、燃料がなくても、ほぼ問題はありません。

LEDランタンの連続点灯時間が長いと燃料のコスパも良く、キャンプスタイルによっては他のランタンの必要がないため、携行性と収納性が向上することもある。

冬の日照時間の短い季節でも、連続点灯時間が約8時間ほどあれば、1泊のソロキャンプには十分に足ります。

ゼロイチキャンプ編集部

連続点灯時間は製品や使用環境、季節によって変化しますので、万が一の備えに予備の電池や燃料を用意することをおすすめします。

ヨシダ✕シンペイ

2泊以上の場合は、予備の電池や燃料などを必ず用意しましょう。

機能性をプラスした、LEDランタンについて。

機能性をプラスした、LEDランタンについて。

出典:CLAYMORE

ソロキャンプで使用するLEDランタンには、モバイルバッテリー機能やソーラーパネル搭載、カラビナフック、マグネットなど、灯りを照らす以外に機能性をプラスしたLEDランタンがあります。

モバイルバッテリー機能を搭載したLEDランタンは、スマホやタブレット、スマートウォッチなどの充電をすることができる。

ソーラーパネルを搭載したLEDランタンは、電池や充電の必要がないメリットがあります。またソーラーパネルに蓄電した電力をスマホやタブレットに充電することも可能である。

ヨシダ✕シンペイ

モバイルバッテリー機能やソーラーパネルを搭載したLEDランタンは、ソロキャンプや万が一の災害時にも役に立つ。

カラビナフックやマグネットが付いているLEDランタン

出典:Amazon

カラビナフックやマグネットが付いているLEDランタンは、ランタンポール以外にも車やテント、木などに吊るしたり、貼り付けることができるのでとても利便性が高い。

下の記事では、ソロキャンプ用の軽量でコンパクトなタープを紹介。またタープを選ぶときのおすすめポイントを解説しています。

ソロキャンプにおすすめ!小型で最強のLEDランタンを紹介。

LUMENA/ルーメナー 【ルーメナー7】

LUMENA/ルーメナー 【ルーメナー7】

出典:Amazon

コンパクトボディから放たれる、MAX1300ルーメンの大光量。
調光は4段階、連続点灯時間はMAX100時間。
バッテリー容量10,000mAh、モバイルバッテリーとしても可。

LUMENA(ルーメナー)は、クラウドファンディング「makuake」のLEDランタンLUMENA発売プロジェクトを実施し、約2ヶ月で目標金額の1600%達成した話題の商品となる。

ルーメナー7の使用サイズは、‎9.2 x 9.2 x 2.8cm(重量430g)で、手のひらサイズのコンパクトとなる。軽量でコンパクトな道具が必要である、ソロキャンプに最適なサイズ感。

ルーメナー7の最大の魅力であるMAX1300ルーメンの大光量は、サイト全体を照らすほど明るい。さらに驚きは260ルーメンで点灯させた場合、最長100時間の使用ができる。

ヨシダ✕シンペイ

ルーメナー7は小型なボディながら、1300ルーメンの大光量を放つ。さらにMAX100時間連続点灯ができる容量が魅力。

MAX1300ルーメンの大光量は、テント周りを照らせるほど明るい。

出典:Amazon

MAX1300ルーメンの大光量は、テント周りを照らせるほど明るい。調光を4段階に、明るさは約260~1300Lmに調節できる。

手のひらサイズのコンパクトな仕様。

出典:Amazon

手のひらサイズのコンパクトな仕様。ソロキャンプやツーリング、バックパックスタイル、野営など、すべてのキャンプスタイルにおすすめ。

昼光色、昼白色、電球色の3色の点灯モードを選ぶことができる。

出典:Amazon

ルーメナー7は、キャンプシーンにあわせて昼光色、昼白色、電球色の3色の点灯モードを選ぶことができる。

ルーメナー7にはLi-ion10000mAhを内蔵バッテリーとしているため、スマホやタブレット、スマートウォッチなどへ充電できるモバイルバッテリーとしても使うことができる。

またルーメナー7は本体に専用ポーチ、カラビナ2個、ハンガーリング2つ、防滴キャップ、マイクロ5ピンケーブル、説明書が付属される。

ヨシダ✕シンペイ

ルーメナー7の充電時間は、約5時間40分となる。

高容量10,000mAhを誇り、スマホやタブレット、デジカメなどを充電できる。

出典:Amazon

高容量10,000mAhを誇り、スマホやタブレット、デジカメなどを充電できる。ランタンとしてだけでなく、機能性がプラスされた仕様となる。

ルーメナー7には、ハンガーラックが付属する

出典:Amazon

ルーメナー7には、ハンガーラックが付属するため、カラビナやハンガーリングをつかった多彩な吊り下げを可能となっている。

初めから専用ポーチやカラビナ、マイクロ5ピンケーブルなどの付属品が備わる。

出典:Amazon

ルーメナー7には、初めから専用ポーチやカラビナ、マイクロ5ピンケーブルなどの付属品が備わる。

LUMENA/ルーメナー ルーメナー7

LUMENA/ルーメナー ルーメナー7

  • 光源タイプ:発光ダイオード (LED)
  • ブランド:ルーメナー
  • 電源:LED
  • 材質:ポリプロピレン (PP)
  • サイズ:約92×92×28mm
  • 重量:約220g
  • 明るさ:約260~1300Lm
  • カラー:迷彩グリーン
  • LED色温度:昼光色、昼白色、電球色
  • バッテリー容量:Li-ion10000mAh
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

LUMENA/ルーメナー 【ルーメナー2】

LUMENA/ルーメナー 【ルーメナー2】

出典:Amazon

防塵防水IP67のコンパクトでタフなボディから放たれる、
MAX1500lmの超光量。連続点灯時間はMAX100時間。
内蔵バッテリー容量10,000mAh、モバイルバッテリーとしても可。

LUMENA(ルーメナー)は、クラウドファンディング「makuake」のLEDランタンLUMENA発売プロジェクトを実施し、約2ヶ月で目標金額の1600%達成した話題の商品となる。

ルーメナー2の使用サイズは、‎12.9 x 7.5 x 2.3㎝(重量約300g)で、片手で持ちはこべるコンパクトサイズとなる。軽量でコンパクトな道具が必要である、ソロキャンプに最適なサイズ感。

ルーメナー2の最大の魅力であるMAX1500ルーメンの超光量は、サイト全体を照らすほど明るい。さらに驚きは最小光量で点灯させた場合、最長100時間の連続使用ができる。

またルーメナー2は、IP67の国際規格である防塵・防水に優れた仕様を誇ります。そのタフなボディは、1Mの水に30分間沈めても防水できたり、砂埃も防いだりまさに最強のLEDランタンとなる。

ゼロイチキャンプ編集部

ルーメナー2は小型なボディながら、1500ルーメンの大光量を放つ。最大光量でも、8時間の連続使用が可能となる。

ヨシダ✕シンペイ

ルーメナー2は、グッドデザイン賞を受賞しています。機能性も凄いですが、デザインも美しい。

ルーメナー2は、1.8m以下から地面に落としたとしても壊れない耐久性を誇る。

出典:Amazon

ルーメナー2は、1.8m以下から地面に落としたとしても壊れない耐久性を誇る。IP67防塵・防水性能もあわせてタフな仕様は、まさにソロキャンプ向き。

MAX1500ルーメンの超光量は、テント周りを照らせるほど明るい。

出典:Amazon

MAX1500ルーメンの超光量は、テント周りを照らせるほど明るい。調光を4段階に、明るさは約100~1500Lmに調節できる。

ルーメナー2は昼光色、昼白色、電球色の3色の点灯モードを選ぶことができる。

出典:Amazon

ルーメナー2は昼光色、昼白色、電球色の3色の点灯モードを選べる。また調光は4段階に調節ができるので、キャンプシーンに合わせた明るさをセットできる。

ルーメナー2には大容量 10000 mAh リチウムイオンバッテリー搭載しているためスマホやタブレット、スマートウォッチなどへ充電できるモバイルバッテリーとしても使うことができる。

またルーメナー2には本体に専用ポーチ、マグネットフック、カラビナ、USB Type-Cケーブル、説明書が付属される。

ヨシダ✕シンペイ

ルーメナー2はLEDランタンとしてはもちろんですが、モバイルバッテリー機能を搭載する。

高容量10,000mAhを誇り、スマホやタブレット、デジカメなどを充電できる。

出典:Amazon

高容量10,000mAhを誇り、スマホやタブレット、デジカメなどを充電できる。ランタンとしてだけでなく、機能性がプラスされた仕様となる。

180度動き、耐荷重1.5㎏を誇るマグネットフックを付属。

出典:Amazon

ルーメナー2には180度動き、耐荷重1.5㎏を誇るマグネットフックを付属。ハンドルを立てて置いたり、吊るすこともできる。

本体に専用ポーチ、マグネットフック、カラビナ、USB Type-Cケーブル、説明書が付属される。

出典:Amazon

ルーメナー2には本体に専用ポーチ、マグネットフック、カラビナ、USB Type-Cケーブル、説明書が付属される。

LUMENA/ルーメナー  ルーメナー2

LUMENA/ルーメナー  ルーメナー2

  • ブランド:ルーメナー
  • 色:メタルブラック
  • 電源:LED
  • 電池の説明:リチウムイオン
  • サイズ:(約)129mm×75mm×22.7mm
  • 重量:約280g
  • 明るさ:100lm~1,500lm 色温度 5,700K(昼光色) / 4,500K(昼白色) / 3,000K(電球色)
  • 防塵・防水規格:IP67
  • バッテリー容量:Li-Polymer 10000mAh
  • 連続点灯時間:High : (約)8時間 Low : (約)100時間
  • 充電時間: (約)5時間 ※5V2A充電アダプターの場合
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Prism/プリズム 【クレイモア ウルトラ ミニ

Prism/プリズム 【クレイモア ウルトラ ミニ】

出典:Amazon

ポケットサイズが魅力。最大500ルーメンの明るさ。
防塵防水の規格はIP64、アウトドアに安心の仕様。
最大24時間の連続点灯が可能、まさにソロキャンプ向き。

Prism(プリズム)のクレイモア ウルトラ ミニは超コンパクトで軽量ながら、最大500ルーメンの明るさを誇る。また最大24時間の連続点灯が可能で、ソロキャンプやツーリングにおすすめです。

クレイモア ウルトラ ミニの使用サイズは、幅 85mm × 奥行き 66mm × 高さ 27mm(重量約116g)のコンパクトな仕様となります。

クレイモア ウルトラ ミニは、光色を3段階の昼白色(Bright)、昼光色(Cool)に調整ができる利便性の高い機能が魅力的。バッテリー容量は3.6V 3,500mAh (10.8Wh)となり、最大24時間の連続点灯を可能とする。

またクレイモア ウルトラ ミニは最大500ルーメンの明るさを誇り、防塵・防水加工はIP64と高パフォーマンスとなります。ソロキャンプやツーリング、ULキャンプなど、荷物を少なくしたいキャンパーにおすすめとなる。

ゼロイチキャンプ編集部

クレイモア ウルトラ ミニには、USB Type-C充電ケーブル、 ランタンハンガー2個、カラビナ、専用ハードケースを付属します。

ヨシダ✕シンペイ

クレイモア ウルトラ ミニは高機能と高い品質を誇り、コスパに優れた価格設定も魅力にある。

光色を3段階の昼白色(Bright)、昼光色(Cool)に調整ができる。

出典:Amazon

クレイモア ウルトラ ミニは、光色を3段階の昼白色(Bright)、昼光色(Cool)に調整ができる。最大の明るさは、500ルーメンを誇る。

本体の背面には、便利なランタンハンガーを付属。

出典:Amazon

本体の背面には、便利なランタンハンガーを付属。テーブルに置いたり、付属のフックやカラビナを使って自由に吊り下げることができる。

付属するUSB Type-C充電ケーブルをつかって充電ができる。

出典:Amazon

付属するUSB Type-C充電ケーブルをつかって充電ができる。また充電時間は約6時間30分となります。

Prism/プリズム クレイモア ウルトラ ミニ

Prism/プリズム クレイモア ウルトラ ミニ

  • 本体サイズ:幅 85mm × 奥行き 66mm × 高さ 27mm
  • 最大の明るさ:500 Lumens
  • バッテリー容量:3.6V 3,500mAh (10.8Wh)
  • バッテリータイプ:リチウムイオン電池
  • 連続点灯時間:6 ~ 24時間
  • 充電時間:6時間30分
  • 重量:約 116g
  • 色温度:電球色(Warm):3,000K(±15%)、昼白色(Bright):4,200K(±15%)、昼光色(Cool):6,500K(±15%)
  • 防水防塵:IP64
  • 付属品:USB Type-C充電ケーブル/ ランタンハンガー2個 /カラビナ/専用ハードケース
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Prism/プリズム 【クレイモア ウルトラ3.0(M)

Prism/プリズム 【クレイモア ウルトラ3.0(M)】

出典:CLAYMORE

最大3200ルーメンの明るさはメインランタンになる。
防塵防水の規格はIP54、アウトドアに安心の仕様。
クイックチャージ機能搭載【短時間充電式LEDランタン】

Prism(プリズム)のクレイモア ウルトラ 3.0(M)は軽量でコンパクトながら、最大3200ルーメンの明るさを実現。ソロキャンプやアウトドア、災害時用としてもおすすめ。

クレイモア ウルトラ 3.0(M)は長時間点灯を可能としながら、スマホやタブレットなどを充電できるクイックチャージ機能が搭載されている。

また光色を3段階の電球色(Warm)や昼白色(Bright)、昼光色(Cool)に調整ができる利便性の高い機能が魅力。本体サイズもM・L・Xとキャンプスタイルにあわせて選べる展開がある。

ヨシダ✕シンペイ

クレイモア ウルトラ 3.0(M)は高機能と高い品質を誇り、コスパに優れた価格設定も魅力にある。

ゼロイチキャンプ編集部

LEDランタンとしてはもちろん、モバイルバッテリーとしても使える。1台で2役を担う、マルチランタンとなる。

クレイモアウルトラ3.0は色々な使いかたができる

出典:CLAYMORE

本体のランタンハンガーを使って照らすことができ、車のバックドアや三脚、S字フックに装着できる。

クレイモアウルトラ3.0ターボモード

出典:CLAYMORE

ターボモード(昼白色)を搭載。暖色と白色のLEDチップを同時点灯させた昼白色にる。

クレイモアウルトラ 3.0は、IP54の指標がある。

出典:CLAYMORE

クレイモア ウルトラ 3.0は、防塵防水の規格であるIP54の指標があります。

プリズム クレイモアウルトラ3.0クイックチャージ搭載

出典:CLAYMORE

クレイモアウルトラ3.0(M)の充電時間は6時間と短時間にもかかわらず、連続点灯時間は最長80時間の大容量。

クイックチャージ機能が搭載されているので、スマホやタブレットなど、付属のUSB Type-C充電ケーブルを使うことができる。

スクロールできます
商品名 プリズム/クレイモアMサイズ
クレイモア ウルトラ3.0(M)
プリズム/クレイモアLサイズ
クレイモア ウルトラ3.0(L)
プリズム/クレイモアXサイズ
クレイモア ウルトラ3.0(X)
本体サイズ幅 160mm × 奥行き 90mm ×
高さ 34mm
幅 200mm × 奥行き 90mm ×
高さ 34mm
幅 240mm × 奥行き 90mm ×
高さ 34mm
最大の明るさ
(ターボモード)
2,200 Lumens2,700 Lumens3,200 Lumens
バッテリー容量13,400mAh(48.24Wh)20,100 mAh(72.36 Wh)26,800 mAh(96.48 Wh)
連続点灯時間9時間〜90時間
(ターボモード4時間30分〜45時間)
13時間〜120時間
(ターボモード6時間30分〜60時間)
15時間〜170時間
(ターボモード7時間30分〜85時間)
充電時間7時間8時間9時間
重量約405 g約540 g約680 g
商品リンクamazon
楽天市場
amazon
楽天市場
amazon
楽天市場
各製品の比較
Prism/プリズム クレイモア ウルトラ3.0(M)

Prism/プリズム クレイモア ウルトラ3.0(M)

  • 本体サイズ:幅 160mm × 奥行き 90mm ×高さ 34mm
  • 最大の明るさ:2,200 Lumens(ターボモード)
  • バッテリー容量:11,600 mAh(41.76 Wh)
  • 連続点灯時間:8時間〜80時間(ターボモード4時間〜40時間)
  • 充電時間:6時間
  • 重量:約405g
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

WAQ 【LEDランタン 2】

WAQ 【LEDランタン 2】

出典:Amazon

最大1650ルーメンの明るさで、キャンプサイトを照らす。
防塵防水の規格はIP67相当、アウトドアに安心の仕様。
クイックチャージ機能搭載、モバイルバッテリーにもなる。

WAQのLEDランタン 2はコンパクトな形状ながら最大光量1650ルーメンがあります。またバッテリー容量13400mAhを誇り、防塵・防水規格はIP67と機能的で耐久性を誇る仕様。

WAQのLEDランタン 2の仕様サイズは、11.5cm x 8cm x 3.5cm(本体重量約410g)となる。コンパクトなサイズにIP67相当の防塵・防水性能を備える。

LEDランタン 2は、3色の明り(昼光色、昼白色、電球色)に、最大1650ルーメンまで4段階の調光をすることができる。

またLEDランタン 2はバッテリー容量13400mAhを内蔵するため、250lmの明りで最大60時間の連続使用ができる。ちなみに1650lmの最大光量の場合で、8.5時間の連続使用が可能です。

ゼロイチキャンプ編集部

WAQのLEDランタン 2は機能性や耐久性、耐水性、持続性など、すべての性能を兼ね備えたLEDランタン。

ヨシダ✕シンペイ

WAQのLEDランタン 2にはブラックやオリーブ、タン、カモフラのカラー展開があります。好みのカラーを選ぶことができる。

LEDランタン 2はバッテリー容量13400mAhを内蔵。

出典:Amazon

LEDランタン 2はバッテリー容量13400mAhを内蔵。これまで以上に使いやすく進化、モバイルバッテリー機能は、満充電であればiPhone13Proを2.5回充電できる。

LEDランタン 2には、ハイスペックな機能をプラスしています。

出典:Amazon

LEDランタン 2には、マグネット式のハンドルを搭載したり、カラビナを付属したり、三脚に取付けることができるなど、ハイスペックな機能をプラスしています。

LEDランタン 2は、3色の点灯モードに4段階の調光を楽しむことができる。

出典:Amazon

LEDランタン 2は、3色の点灯モードに4段階の調光を楽しむことができる。キャンプシーンにあわせて、カスタイマイズしよう。

WAQ  LEDランタン 2

WAQ  LEDランタン 2

  • ブランド:WAQ(ワック)
  • 電源:LED
  • カラー:ブラック、オリーブ、タン、カモフラ
  • サイズ・重量:サイズ本体サイズ:11.5cm x 8cm x 3.5cm・重量(付属品含む)約700g(本体のみ(ハンドル付き):約410g)
  • 13400mAhリチウムイオン蓄電池を搭載
  • 最大輝度1650lm
  • PSEマーク取得済み
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Goal Zero/ゴールゼロ 【ライトハウス マイクロ フラッシュ

Goal Zero/ゴールゼロ 【ライトハウス マイクロ フラッシュ】

出典:Amazon

最大150ルーメンの明るさを誇る、コンパクトLEDランタン。
明るさの調節によって170時間の点灯可能、アウトドアに安心の仕様。
3つの点灯モードの切り替え、輝度調節に対応する。

ゴールゼロのライトハウス マイクロフラッシュは、最大150ルーメンの大光量に3つの点灯モードを切り替えることができる。

ゴールゼロのライトハウス マイクロフラッシュの最大の魅力は、手のひらサイズのコンパクトでありながら、最大150ルーメンの大光量を誇る。

ライトハウス マイクロフラッシュは、2つの点灯モードと輝度を調整できるため、サイト全体を照射したり懐中電灯のようにスポットで照射することができる。

またライトハウス マイクロフラッシュには、9.62Whリチウムイオン電池を内蔵し、最大170時間の点灯が可能となる。本体底部には、USBコネクタを搭載しているため、ケーブルなしで充電できる。

ゼロイチキャンプ編集部

防水防塵の等級はIPX6となっているため、防水性能を備えている。

ヨシダ✕シンペイ

バッテリー残量がわかるインジケータを搭載しているので、ソロキャンプ中に安心して使うことができる。

懐中電灯のようにスポット照射ができる。

出典:Amazon

ライトハウス マイクロフラッシュは、懐中電灯のようにスポット照射ができる。歩いて使うときには、とても便利な機能となる。

吊り下げ用のハンガーを付属してる

出典:Amazon

吊り下げ用のハンガーを付属しているので、周囲を明るく照らすことができる。

本体底部には、USBコネクタを搭載。

出典:Amazon

ライトハウス マイクロフラッシュの本体底部には、USBコネクタを搭載。ケーブルなしでそのまま充電できるため、とても使いやすいメリットがある。

Goal Zero/ゴールゼロ
ライトハウス マイクロ フラッシュ

Goal Zero/ゴールゼロ
ライトハウス マイクロ フラッシュ

  • 本体サイズ:約93×37.75mm
  • 推奨使用温度域:0~40℃
  • バッテリーの種類:リチウムイオン電池
  • バッテリー容量:9.62Wh(3.7V、2600mAh)
  • 連続使用時間の目安:7~170時間
  • 充電時間の目安:約3.5時間(USB充電時)、約3.5時間(Nomad 7ソーラーパネル)
  • 本体重量:約68g
  • 充電用ポート(入力):最大5W(5V、1A)
  • LEDライト(出力):最大150ルーメン
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Goal Zero/ゴールゼロ 【ライトハウスマイクロチャージ

Goal Zero/ゴールゼロ 【ライトハウスマイクロチャージ】

出典:Amazon

2022年に爆発的人気を起こした、マイクロLEDランタンの進化版。
最大150ルーメンの大光量!USB充電式&スマホのチャージが可能になりました。
約87gの手のひらサイズで携行性バツグン。ソロキャンプに最適。

ゴールゼロのライトハウス マイクロチャージは、最大150ルーメンの大光量に2つの点灯モードを切り替えることができる。さらにスマホやタブレットを充電することができる、バッテリー機能を搭載しました。

ライトハウス マイクロチャージの最大の魅力は、手のひらサイズのコンパクトでありながら、最大150ルーメンの大光量になる。ソロキャンプであれば、メインランとして十分な光量を誇る。

2つの点灯モードと輝度を調整することができるためサイト全体を照射するモードから、懐中電灯のようにスポットを照射するモードがある。

ゼロイチキャンプ編集部

防水防塵の等級はIPX6となっているため、防水性能を備えている。

Goal Zero/ゴールゼロ 【ライトハウスマイクロチャージ】使用イメージ

出典:Amazon

ライトハウス マイクロチャージは、明るさを調整することで最大170時間の点灯が可能。2泊以上のソロキャンプやバックパックでの夜道の移動に使うなど、マルチに使うことができる。

ライトハウス マイクロの充電にはUSBコネクタを使用し、約3.5時間でフル充電が可能になります。またモバイルバッテリーを携行することで、ソロキャンプ中にいつでも充電が可能となる。

ヨシダ✕シンペイ

今作よりスマホやタブレットを充電できる、モバイルバッテリーを搭載しています。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロキャンプはもちろんですが登山やツーリング、釣り、防災用など、おすすめのLEDランタンです。

Goal Zero/ゴールゼロ 【ライトハウスマイクロチャージ】

Goal Zero/ゴールゼロ ライトハウス マイクロチャージ

  • 9. 62Wh / 2600mAhの充電機能
  • 出力:LEDライト 最大150ルーメン
  • 連続使用時間の目安:最大170時間の点灯が可能
  • 充電時間の目安:約3.5時間(USB充電時)
  • 本体重量:87g
  • 本体サイズ:約112 x 37.75mm
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ベアボーンズリビング 【ビーコンライトLED】

ベアボーンズリビング、ビーコンライトLED

出典:BAREBONES

【大人気】小型でオシャレな充電式ランタン。
最大220ルーメンまで調光可能!
キャンプサイトや室内を明るく照らす。

ビーコンライトLEDは小型のオシャレなデザインが特徴的、スムーズな調光機能でキャンプサイトや室内など、明るく照らすことができます。

とくにサブランタンやテント内で使用する、室内ランタンにおすすめになります。明るさは30~最大220ルーメンまで可能、LOWパワー設定なら約200時間の連続点灯を実現しています。

ビーコンライトLEDは8色のカラー展開をしているので、キャンプスタイルやシーンによってカラーを選択できる。

ヨシダ✕シンペイ

ビーコンライトLEDは、重量わずか127gの軽量モデルでありながら、最大220ルーメンの明るさで周囲を照らす。

ゼロイチキャンプ編集部

ビーコンライトLEDはデザインも素敵。ヴィンテージ感がアウトドアにぴったり。

ベアボーンズリビング、ビーコンライトLED調光

出典:BAREBONES

上部にあるノズルをまわすことで、簡単に調光することができる。

ベアボーンズリビング、ビーコンライト充電式

出典:BAREBONES

明るさを30~220ルーメンの調節が可能です。防水性能はIPX4の指標があります。

ベアボーンズリビング、ビーコンライト吊るすことができる

出典:BAREBONES

重量わずか127gと超軽量なので、携行性にとても良い。専用のカラビナを使えば吊るすこともできる。

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED

  • サイズ:H15.2×W7.6cm
  • 防水性:IPX4(防沫形)
  • 付属品:2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)、充電用USBケーブル(内蔵)
  • 充電時間:4〜5時間
  • 充電性能:(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
  • 使用電球:Cree社製LED球3W
  • 明るさ:30〜220ルーメン
  • 連続点灯時間:Lowパワー:200時間、Midパワー:5〜6時間、Hiパワー:3時間
  • 材質:スチール、プラスチック、ゴム
  • 重量:127g
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ベアボーンズリビング 【レイルロードランタンLED】

ベアボーンズリビング、レイルロードランタンLED

出典:BAREBONES

【大人気】ヴィンテージ調のレイルロードランタン。
調光可能な最大200ルーメンの明るさを誇る。

バッテリー充電式のLEDランタン。

レイルロードランタンLEDは最大200ルーメンの明るさがあり、メインランタンとしても使うことができます。またLOWパワー設定であれば、最長で100時間点灯が可能となる。

レイルロードランタンLEDはサブランタンやテント内で使用する、室内ランタンにもおすすめ。使用するときは吊るしても、置くこともできるのでとても利便性が高い。

ヨシダ✕シンペイ

レイルロードランタンLEDは、豊富なカラー展開をしている。キャンプスタイルによってカラーを選べることができる。

ベアボーンズリビング、レイルロードランタンは暖色の灯りがおしゃれ。

出典:BAREBONES

エジソン電球LEDのやさしい暖色が心地よい。点灯中に音がしないこともLEDの魅力にある。

ベアボーンズリビング、レイルロードランタンのサイズ

出典:BAREBONES

サイズ感も大きすぎず、小さすぎず丁度いいバランス。ランタンハンガーに吊るしたり、置くことができる。

ベアボーンズリビング、レイルロードランタンの携行性

出典:BAREBONES

LEDランタンなので、手に持つことができる。散歩に持ち歩くこともできる。

ベアボーンズリビング レイルロードランタンLED

ベアボーンズリビング レイルロードランタンLED

  • サイズ:H14.6×W32.5cm
  • 付属品:4400mAHリチウムイオン電池(内蔵)、充電用USBケーブル(タイプC)
  • 充電性能:(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
  • 使用電球:3.2w 暖色エジソンタイプLEDバルブ
  • 明るさ:35〜200ルーメン
  • 連続点灯時間:Lowパワー:100時間、Hiパワー:3.5時間
  • 材質:スチール、プラスチック、ゴム、ガラス
  • 重量:960g
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

スノーピーク 【ほおずき】

スノーピークLEDランタンほおずき

出典:snow peak

風が吹くとゆらぎ、辺りが静かになると眠る。
自然とシンクロするような、蓄電式LEDランタン。
この、心地よさがクセになる。

スノーピークの定番ランタンほおずきは、暖色系のあたたかな灯りが魅力で、なんといっても自然とシンクロするような機能が心地よい。

ほおずきには風が吹けば灯りがゆらぐ「ゆらぎモード」、辺りが静かになると光を抑える「おやすみモード」が搭載されている。

またほおずきの最大照度は100ルーメンとなっており、光量の調節も可能です。テント内やタープ、テーブルランタンなど、便利な蓄電式のLEDランタンとなっている。

ヨシダ✕シンペイ

ほおずきは3色のカラー展開をしており「ゆき」、「もり」、「つち」があります。どれもナチュラルカラーでオシャレなデザインです。

ゼロイチキャンプ編集部

スノーピークのほおずきは、本当に使っていて心地よいランタンです。はじめて灯りがゆらいだのを見たときは、驚きました。

スノーピークほおずき、ゆらぎモード

出典:snow peak

風が吹くと、ランタンの灯りがロウソクの炎のように静かにゆらぐ。

スノーピークほおずき、おやすみモード

出典:snow peak

星空や焚き火を眺めたり、辺りが静かになると、呼応するかのように、照明が薄明りになる。

スノーピークほおずきは、テーブルランタン

出典:snow peak

ほおずきは、最大照度100ルーメンありますので、テーブルランタンやサブランタンに便利。

スノーピークほおずき、充電方法

出典:snow peak

1回の充電にかかる電気代は1円以下と経済的。繰り返しつかえるので、お財布にも優しい。

スノーピークほおずき、長さ調節可能

出典:snow peak

コードの長さを調節できるので、キャンプサイトやテント内で、お好みの高さにランタンを吊るすことができる。

スノーピークほおずきは調光が簡単

出典:snow peak

ボタンの押す回数や長さによって光量の調節や、電源のON/OFFを行います

スノーピーク ほおずき

スノーピーク ほおずき

  • サイズ:φ107x87mm(コード部を含まず)
  • 最大光量:100lm
  • 電池式(別売りの充電池パックあり)
  • 指定電池:単3型アルカリ乾電池3本、外部指定電源:5V・500mA(USB micro B コネクタ使用)、ほおずき充電池パック(別売り) 
  • 使用温度条件:10°C~40°C、非稼働時 -15°C~50°C
  • 防滴仕様:IPX4(USBキャップを閉じた状態) 
  • 点灯モード:通常点灯モード/おやすみモード/ゆらぎモード(各モードで無段階調光可)
  • 連続点灯時間:10時間
  • 光源色:Warm White
  • 重量:165g(電池を除く)
  • 材質:本体・フック・レンズ/ポリカーボネート樹脂・ボトムユニットフレーム、電池Box/ABS樹脂、ソフトシェード/シリコーンゴム、紐:ポリプロピレン樹脂
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

コールマン 【バッテリーガードLEDランタン/1000

コールマンバッテリーガードLEDランタン/1000

出典:コールマン

コスパに優れた価格がウレシイ!
乾電池式のコールマンのLEDランタン
最大1000ルーメンの明るさは、メインランタンにおすすめ。

コールマンのバッテリーガードLEDランタン/1000は、4段階の明るさに調節ができる乾電池式LEDランタンです。

乾電池式でありながら連続点灯時間は、最大光量の場合で14時間、最小光量なら120時間点灯が可能となっています。キャンプ用と防災用におすすめです。

またバッテリーガードLEDランタン/1000には、消灯中の過放電を防ぎ、電池を長持ちさせるバッテリーガード機能が搭載されています。

ヨシダ✕シンペイ

バッテリーガードLEDランタン/1000は、コスパに優れた乾電池式LEDランタン。

ゼロイチキャンプ編集部

1000ルーメンの光量は、キャンプサイトを照らすメインランにおすすめ。また明るさを調節すればサブランタンとしても使える。

コールマンバッテリーガードLEDランタン、4段階の明るさ調節

出典:コールマン

4段階の明るさを調節できる。緊急時には、点滅で知らせることができる「フラッシング」を搭載。

コールマンバッテリーガードLEDランタン1000ルーメン

出典:コールマン

バッテリーガード機能が搭載されているので安心、最大光量1000ルーメンはメインランタンにおすすめ。

コールマンバッテリーガードLEDランタン、IPX4

出典:コールマン

防水性能はIPX4の指標があり、全方向から水しぶきに耐えられます。

コールマン バッテリーガードLEDランタン/1000

コールマン バッテリーガードLEDランタン/1000

  • 本体サイズ:約φ11.0cm×21.5(h)cmm
  • 材質:ABS樹脂、他
  • 明るさ:High 1000ルーメン/Medium 250ルーメン/Low 75ルーメン
  • 連続点灯時間:High約14時間 / Medium 約80時間 / Low 約200時間 / Flashing 約400時間
  • 照射距離:High約16m/Medium約10m/Low約6m
  • 重量:約570g
  • スイッチモード:Off / Low / Medium / High / Flashing
  • 使用電源:アルカリ単1形乾電池X4本(非付属)
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

コールマン 【ハンギングEライト

コールマン 【ハンギングEライト】

出典:Amazon

コスパに優れた価格がウレシイ!
充電式LEDランタン、モバイルバッテリー機能を搭載。
最大250ルーメンの明るさは、ソロキャンプ向き。

コールマンのハンギングEライトは、充電式LEDランタンとなっており、モバイルバッテリーとしてスマホやタブレットなどを充電することも可能です。

コールマンのハンギングEライトの使用サイズは、Φ7x 5(h) cm(本体重量約130g)とコンパクトな仕様となる。防塵・防水はIPX4となっており、防塵はありませんが防水機能としては生活防水に対応します。

ハンギングEライトには、4つの明りのタイプであるWarm High/Middle/Low/Flashがあります。また明るさを3段階High250/Middle100/Low30に切り替えることができる。

ハンギングEライトにはハンギングフックとマグネットを内蔵しているため、ポールやガイロープなどに吊り下げたり、張ることができます。

ゼロイチキャンプ編集部

ハンギングEライトの使用時間は、High:約10H/Middle:20H/Low:約40Hとなる。

ヨシダ✕シンペイ

コールマンのハンギングEライトは、コンパクトなLEDランタン。バッテリー機能を搭載するなど、使いやすい仕様。

ハンギングフックとマグネットを内蔵している。

出典:Amazon

ハンギングEライトにはハンギングフックとマグネットを内蔵している。

テント内を30lm~250lmまで、明るさを調節することが可能。

出典:Amazon

テント内を30lm~250lmまで、明るさを調節することが可能。コンパクトなサイズはソロキャンプやツーリングにおすすめとなる。

4つの灯りのタイプであるWarm High/Middle/Low/Flashに切り替えることができる。

出典:Amazon

4つの灯りのタイプであるWarm High/Middle/Low/Flashに切り替えることができる。キャンプシーンに合わせて自由に楽しもう。

ハンギングEライトは、モバイルバッテリー機能を搭載。

出典:Amazon

ハンギングEライトは、モバイルバッテリー機能を搭載。スマホやタブレットなどを充電できる機能性をもつ。

コールマン  ハンギングEライト

コールマン  ハンギングEライト

  • 明りのタイプ:Warm High/Middle/Low/Flash
  • リチウムイオン電池 (内蔵・交換不可)
  • 使用時間:High:約10H/Middle:20H/Low:約40H
  • ルーメン:High250/Middle100/Low30
  • 照射距離(m):Hight31/Middle22/Low13
  • 使用サイズ:Φ7x 5(h) cm
  • 本体重量:約130g
  • 付属品:マイクロUSBケーブル
  • IPX4 対応
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ロゴス 【パワーストックランタン2300・フルコンプリート】

ロゴスLEDランタン、パワーストックランタン2300・フルコンプリート

出典:ロゴス

驚異的な明るさで、キャンプサイト全体を照らす。
乾電池不要の蓄電式LEDランタン、スマホ2台同時充電できる。

1300ルーメンの驚異的な明るさで、キャンプサイト全体を照らす経済的なLEDランタン。大容量パワーバンク搭載、スマホやタブレットを2台同時に充電しながらライトの使用ができる。

パワーストックランタン2300は、iPhoneを1台であれば、9回の充電が可能です。パワーストックランタン2300・フルコンプリートが1台あれば、メインランタン&サブランタンどちらも使える。

ヨシダ✕シンペイ

1300ルーメンの超高輝度を実現。ガスランタンより明度が高い!

ゼロイチキャンプ編集部

持ち運びに便利な2種類のポーチが付属、ライト本体用とアダプタ用のポーチです。

暗闇の中のテントサイトでも明るく照らし、快適にキャンプを過ごすことが可能。

出典:ロゴス

暗闇の中のテントサイトでも、全体を明るく照らし、快適にキャンプを過ごすことが可能。LEDなので経済的です。

乾電池不要の蓄電式で、お財布にやさしく経済的。

出典:ロゴス

乾電池不要の蓄電式で、お財布にやさしく経済的。背面のポートには、AC&DC電源用ジャックと2つのUSBポートを完備。

強力マグネット付で、車や鉄製ポールなどに取り付けることもできます。

出典:ロゴス

強力マグネット付で、車や鉄製ポールなどに取り付けることもできます。

パワーストックランタン2300は、ランタンスタンドやロープなどに吊り下げることができる。

出典:ロゴス

パワーストックランタン2300は、ランタンスタンドやロープなどに吊り下げることができる。

吊り下げた状態から、角度を5段階に調整が可能で、シーンにあわせてライトスポットを楽しもう。

白色・中間色・暖色の3パターンから色を選べ、各10段階の明るさの調節が可能。

出典:ロゴス

白色・中間色・暖色の3パターンから色を選べ、各10段階の明るさの調節が可能。

キャンプシーンや用途にあわせて、自分好みに色味や明るさを選ぶことができる。

ロゴス パワーストックランタン2300・フルコンプリート

ロゴス パワーストックランタン2300・フルコンプリート

  • 本体サイズ:(約)幅12.5×奥行12×高さ5.7cm
  • 材質:ABS樹脂、他
  • 明るさ:[LED球値](約)1300ルーメン、[ロゴス基準値](約)1189ルーメン
  • 点灯モード:白色/暖色/中間色(10段階調光)
  • 常用点灯時間:(約)強/9時間、弱/140時間
  • 重量:(約)1020g
  • 蓄電方式:AC100Vコンセント、DC12Vシガーソケット
  • 蓄電時間:(約)9時間
  • 充電能力:[iPhone](約)9台分、[iPad](約)2台分
  • 出力電圧/電流:[1口使用]DC5V/2A、[2口使用]DC5V/2A
    構成:本体、マグネット、収納ポーチ×2、蓄電用ACアダプター、蓄電用DCアダプター
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

まとめ

まとめ

今回のゼロイチキャンプは、ソロキャンプに絶対に必要なキャンプ道具である「LEDランタン」について解説しました。

LEDランタンの給電方法には、電池式と充電式があります。また光量や白色、暖色など、光の色にちがいがあります。

とくにソロキャンプは自然のなかで行うため、防水・防塵加工が必要であったり、モバイルバッテリーなど、機能性がプラスされると利便性が向上します。

ソロキャンプ用のLEDランタンを選ぶときには、キャンプスタイルや移動手段によって選択することが大切になります。

ゼロイチキャンプ編集部

ぜひ、この記事を参考にしていただき、ソロキャンプに快適なLEDランタンを選んでいただけると嬉しいです。

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

ソロキャンプにおすすめの小型で最強LEDランタンに関連した記事はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次