【タープ】Aフレームの設営方法とは。イラストと図解で簡単解説。

こんにちわ。日本ブッシュクラフト協会(JBA) 認定ブッシュクラフターの ゼロイチキャンプです。

DDタープは日差しや雨を防ぐタープとしてだけでなく、テントでやシェルターとしてもマルチにタープアレンジができる。

また、Aフレームに使用するDDタープ3m×3mは、本体重量790gと軽量な仕上がり。まさに、ソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフト、ULキャンプ、野営などに最適である。

ゼロイチキャンプ編集部

DDタープには、耐水性3000mlのコーティングが施されています。雨の日でも安心してタープ泊ができる。

DDタープ3×3の「Aフレーム」は、比較的に設営が簡単です。

今回のゼロイチキャンプで紹介するDDタープ3×3の「Aフレーム」は、比較的に設営が簡単です。また、フルクローズができるので、簡易的なシェルターとして年間を通して楽しめるタープアレンジです。

Aフレームは2本のポールでタープスタイルを構成するため、天井の高い室内空間となっています。さらに、雨や風など、悪天候時にも使うことができるので思いっきりソロキャンプを楽しめるタープアレンジとなる。

この記事ではAフレームの解説に加えて、ゼロイチキャンプでしか見ることのできない、テントやタープの設営に役立つロープワークを紹介します。

ヨシダ✕シンペイ

筆者がDDタープ3×3mを使って、Aフレームを実践してきました。居住空間や快適性など、完全レビューします。

ゼロイチキャンプ編集部

この記事では写真とイラストを使い、どこよりも分かりやすい設営方法を解説します。

この記事を読んでわかること。役立つ情報とは。

  • DDタープ3m×3mを使った、Aフレームの張り方を解説。
  • イラストと写真を使った、分かりやすい解説がある。
  • Aフレームに必要な、キャンプギアを紹介します。
  • Aフレームのメリット・デメリットを紹介。
  • Aフレームの室内や、外観写真を完全紹介します。
  • タープの設営に役立つ、ロープワークを解説。

下の記事では、ソロキャンプ向けのタープを特集しています。コンパクトで軽量なタープはまさに、ソロキャンプにおすすめ。

目次

DDタープについて。

DDタープについて。

出典:DD HAMMOCKS

DD HAMMOCKSは、インドネシアのロンボクからスコットランドのエジンバラまで、東南アジア、中国、モンゴル、ロシア、そしてその後ヨーロッパ経由で、陸路の旅を含む世界各地を旅行してきたニック・ヴァンシッタール氏によって設立される。

DD HAMMOCKSは英国のエジンバラに本拠を置き、品質や機能性、軽量性、コストパフォーマンスに優れる製品は、世界中から高い評価を受けています。

ヨシダ✕シンペイ

今なおハンモックやタープ、テント、バックパックなど、多くのキャンプギアが進化を続けている注目のブランドとなる。

下の記事では、DDタープについて完全解説しています。サイズやスペックの比較、筆者が実際にソロキャンプで使用し、レビューしています。

Aフレームの特徴とは。メリット・デメリットを解説。

Aフレームは2本のポールを使い、フルクローズができるタープアレンジとなる。そのため、簡易的なシェルターとして使うなど、年間を通しタープ泊を楽しむことができます。

DDタープ3×3を使用するAフレームのメリットには耐久性や耐風性、快適性、保温性、気密性など、多くの性能のバランスに優れることがあげられる。

その理由には、Aフレームは2本のポールと全方向にペグダウンするタープ設営となるため、強風や雨など、悪天候時にも安心できる仕様となる。

Aフレームはフルクローズできるので気密性が高く、冬でも冷たい風の侵入を軽減し、保温性を向上することができます。

Aフレームはフルクローズできるので気密性が高く、冬でも冷たい風の侵入を軽減し、保温性を向上することができます。

また、Aフレームは前後に出入口があるので、キャンプサイトにあわせた使い方ができることもメリットにあります。

ヨシダ✕シンペイ

Aフレームはタープ泊に必要な性能をすべて持ち、さらにバランス良く備えるタープアレンジです。

下の記事では、タープ泊におすすめのソロ用キャンプマットを特集しています。

【DDタープ3×3】Aフレームのデメリットを解説。

【DDタープ3×3】Aフレームのデメリットを解説。

DDタープ3×3のAフレームのデメリットには、室内空間のフロア面積が狭いことがあげられます。

Aフレームは天井が高くフルクローズできるため、フロア面積が狭くなってしまいます。

そのため、DDタープ3×3mのAフレームでは寝るときに、ポジションによっては体を斜めにしたり、窮屈感があったりすることもデメリットにある。

ゼロイチキャンプ編集部

Aフレームは天井高があっていいのですが、フロア面積が狭いことがデメリットとなります。

下の記事では、タープ泊におすすめのコンパクトなLEDランタンを特集しています。軽量でコンパクトなLEDランタンは、携行性や収納性抜群となる。

【DDタープ3×3】Aフレームに必要な道具を紹介。

【DDタープ】パスファインダーに必要な道具を紹介。

DDタープ3×3mを使用する、Aフレームに必要な道具を紹介します。

ゼロイチキャンプではAフレーム以外のタープアレンジを解説していますが、使用するキャンプ道具は同じです。

ここで紹介する道具があれば、いくつものタープアレンジを楽しむことができます。

Aフレームに必要な道具を紹介。

  • DDタープ 3m×3m
  • ポール 2本(メインポール1.6m~1.8m前後)。
  • ガイロープ2本(2.2 m~2.4m前後)。
  • ペグ8~10本

【DD Hammocks】DDタープ 3m×3m

【DD Hammocks】DDタープ 3m×3m

出典:Amazon

Aフレームのメインである、DDタープ3m×3mを準備しましょう。

ソロキャンプの場合、DDタープ3.5m×3.5mでも問題ありません。とくに、タープ室内を広く使いたいソロキャンパーにおすすめです。

ゼロイチキャンプ編集部

記事の後半に、Aフレームの居住空間の写真をアップしています。高さや広さの確認に便利です。

ヨシダ✕シンペイ

筆者は荷物量を減らしたり軽くしたりするので、DDタープ3m×3mを使用します。ULキャンプにもおすすめです。

【DOD】テント タープポール 2本セット

【DOD】テント タープポール 2本セット

出典:Amazon

DODのテント タープポールには、はじめからポール2本とペグ×2本、ロープ×2本、キャリーバッグを付属しています。

テント タープポールは組み立て式のポールとなっており、分解されたパーツで構成されています。そのため、ポールの長さを225㎝や170㎝、115㎝、60㎝など、テントやタープの高さにあわせた調節ができます。

ただし、スタンダードとしては最大170㎝のポールが2本セットとなっています。

ゼロイチキャンプ編集部

DODのテント タープポールは、分解されたポールを組み合わせること高さの調節できます。

ヨシダ✕シンペイ

DODのテント タープポールはコスパにうれしい最強の価格となっている。またブラック・シルバー・レッドのカラー展開があります。

DODのテント タープポールは差し込むだけでしっかり固定ができる。

出典:Amazon

DODのテント タープポールは差し込むだけでしっかり固定ができる、ストッパー(スプリング)式のジョイント構造となる。どなたにも簡単に組み立てができることもメリットにある。

DODのテント タープポールは、3つのパーツで構成されています。

出典:Amazon

DODのテント タープポールは、3つのパーツで構成されています。また、ポールの長さをテントやタープの高さにあわせた使いかたができる。

一般的なテントやタープのグロメットに差し込むことができます。

出典:Amazon

ポールの先端は直径5㎜となっており、一般的なテントやタープのグロメットに差し込むことができます。

【Soomloom】スチール ソリッド ペグ 25cm ブラック16本セット収納ケース付き

【Soomloom】スチール ソリッド ペグ 25cm ブラック16本セット収納ケース付き

出典:Amazon

Soomloomのスチール ソリッド ペグ 25cmは、素材に耐久性やサビに強いスチールを採用。そのため、ペグは硬い地面にも負けない強さを持っているので、快適で安定感に優れるタープ設営ができる。

また、はじめから夜光反射ロープ付きの25㎝のペグ×16本に、収納に便利な専用ケースを付属します。

ヨシダ✕シンペイ

Soomloomの製品はコスパに優れるだけでなく、品質や機能性も高い。

【FIELDOOR/フィールドア】チタンペグ 24㎝ 8本セット

【FIELDOOR/フィールドア】チタンペグ 24㎝ 8本セット

出典:Amazon

軽量で持ち運びや収納性を求めるULキャンプ志向の方には、FIELDOOR/フィールドアのチタンペグ 24㎝ 8本セットがおすすめ。

フィールドアのチタンペグ 24㎝は素材に軽量性や耐久性、サビに強いチタンを採用。ペグ1本あたりの重量は、わずか55gと超軽量な仕上がりを実現。

ヨシダ✕シンペイ

バックパックキャンプやツーリング、ULキャンプなど、荷物量を軽減したいソロキャンパーにおすすめ。

【Abma Cord】パラコード 4mm 9芯 30m/50m

【Abma Cord】パラコード 4mm 9芯 30m/50m

出典:Amazon

Abma Cordのパラコード 4mm(9芯)は、耐荷重約280㎏を誇り安定感、耐久性抜群のパラシュートコードです。

そのため、Abma Cordのパラコード 4mm(9芯)はテントやタープの設営に最適な仕様です。さらに、豊富なカラーバリエーションを展開しているので、キャンプスタイルや好みに合わせた選択ができることも魅力にある。

ヨシダ✕シンペイ

Abma Cordのパラコード 4mmは、コスパに優れていることもメリットにある。長さは30mと50mを選ぶことができる。

【DDタープ3×3】Aフレームの張り方を完全解説。

【DDタープ3×3】Aフレームの張り方を完全解説。

上のイラストは、DDタープ3×3を広げたときのイメージになります。

FRONTが、正面となりタープの出入り口になります。ただし、Aフレームは前後から出入りができるタープアレンジとなります。

ヨシダ✕シンペイ

DDタープは19個あるループを使いながら、タープを設営します。

Aフレームに必要な道具を紹介。

  • DDタープ 3m×3m
  • ポール 2本(メインポール1.6m~1.8m前後)。
  • ガイロープ2本(2.2 m~2.4m前後)。
  • ペグ8~10本

下の記事では、JBA認定ブッシュクラフターである筆者が監修する「今から始めるブッシュクラフトの方法」を解説しています。

STEP①

STEP①

DDタープが、表になるように広げます。

タープ中央に3つ並ぶループがありますので、ループが正面にくるように広げることがポイントです。

ゼロイチキャンプ編集部

風が強い場合は、四隅をペグで仮止めするとタープの設営がしやすいです。

ヨシダ✕シンペイ

タープの裏表を間違えないように注意しましょう。表にはタープ中央にループがあったり、ロゴマークが入ってます。

STEP②

STEP②
はじめに、①のループをAの位置にペグダウンします。

はじめに、①のループをAの位置にペグダウンします。

同じように、②のループをBの位置にペグダウンします。

STEP③

STEP③
①と②、③、④のペグを結んだ四角形が、Aフレームのフロア面積となります。

つぎに、③のループをCの位置にペグダウンします。

同じように、④のループをDの位置にペグダウンします。

ヨシダ✕シンペイ

①と②、③、④のペグを結んだ四角形が、Aフレームのフロア面積となります。

STEP④

STEP④
Eの位置から⑤のループにポールをセットするときは、ポールは斜めに角度がつきます。

Eの位置にポールをセットし、⑤のループにポールの先端を掛けます。

⑤のループにポールの先端を通しましたら、ガイロープを結び、Fの位置にペグダウンします。

ヨシダ✕シンペイ

Eの位置から⑤のループにポールをセットするときは、ポールは斜めに角度がつきます。

メインポールの先端やループにガイロープを結ぶときは、もやい結びやふた結びなど、簡単なロープワークで問題ありません。

メインポールの先端やループにガイロープを結ぶときは、もやい結びやふた結びなど、簡単なロープワークで問題ありません。

ペグにガイロープを結ぶときは”自在結び”がおすすめです。

ペグにガイロープを結ぶときは”自在結び”がおすすめです。自在結びは、自在金具がなくても長さを調節できるロープワークです。

ゼロイチキャンプ編集部

もやい結びはロープワークの王様とよばれるくらい、テントやタープ、ブッシュクラフトではスタンダードな結び方となります。

ヨシダ✕シンペイ

下の記事をスマホやタブレットのお気に入りや、ブックマークに登録しておけば、キャンプ場でいつでも見ることができる。

下の記事ではテントやタープ、ハンモック、ブッシュクラフトに役立つロープワークを解説しています。基本のロープワークから、実戦で役立つものまで紹介している。

STEP⑤

STEP⑤
つぎに、タープ後方であるGの位置にポールをセットし、⑥のループにポールの先端を掛けます。

つぎに、タープ後方であるGの位置にポールをセットし、⑥のループにポールの先端を掛けます。

⑥のループにポールの先端を通しましたら、ガイロープを結び、Hの位置にペグダウンします。

ポールに角度をつけてペグダウンすることで、耐久性や耐風性を向上することができます。

Aフレームは2本のメインポールをセットすると、上の写真のように左右均等のとれた形状となります。

ゼロイチキャンプ編集部

ポールに角度をつけてペグダウンすることで、耐久性や耐風性を向上することができます。

下の記事では、ソロキャンプ向け最強のテントを特集しています。ゼロイチキャンプいちばん人気の記事でもある。

STEP⑥

STEP⑥
⑦と⑧のループをEの位置にあるペグに引っ掛け、ドアパネルをクローズします。

前後のドアパネルをフルクローズするために、Eの位置にあるポールの根元部分にペグダウンします。

⑦と⑧のループをEの位置にあるペグに引っ掛け、ドアパネルをクローズします。

STEP⑦

STEP⑦
⑨と⑩のループをGの位置にあるペグに引っ掛け、ドアパネルをクローズすればAフレームの完成となります。

後方のドアパネルをフルクローズするために、Gの位置にあるポールの根元部分にペグダウンします。

⑨と⑩のループをGの位置にあるペグに引っ掛け、ドアパネルをクローズすればAフレームの完成となります。

Aフレームの名前の由来は、設営した形状を正面から見ると、アルファベット「A」にみえることから名付けられている。

Aフレームをフルクローズすると、上の写真のようにアルファベットの「A」のような形状となります。

ヨシダ✕シンペイ

Aフレームの名前の由来は、設営した形状を正面から見ると、アルファベット「A」にみえることから名付けられている。

下の記事では、ソロキャンプやタープ泊におすすめのソロ用クーラーボックスを特集しています。ハードクーラーからソフトクーラーまで、完全攻略となる。

【DDタープ3m×3m】Aフレームの外観・室内を紹介。

【DDタープ3m×3m】Aフレームの外観・室内を紹介。

DDタープ3m×3mのAフレームが完成したので、外観や室内を紹介します。

さらに、Aフレームの居住性や快適性などを、くわしくレビューしていきます。

ヨシダ✕シンペイ

ほかのブログでは、室内空間や居住性を解説していないことが多いので、ぜひ参考にしてください。

Aフレームの外観・室内を紹介。

  • 【DDタープ3×3】正面からみたAフレーム。
  • 横からの見た、Aフレームです。
  • 後ろから見た、Aフレームです。
  • Aフレームの室内は、こんなイメージです。
  • Aフレームの中から、外をみた感じです。

【DDタープ3×3】正面からみたAフレーム。

【DDタープ3×3】正面からみたAフレーム。

身長172cmの筆者が横に立つと、Aフレームはこのようなイメージになります。

Aフレームは高さもあるので、出入りしやすいタープアレンジとなる。

タープを立てたときの見た目のカッコ良さも、Aフレームの魅力にあります。

Aフレームはペグやポールの位置であったり、ガイロープを張るポジションであったりするなど、耐久性や耐風性、居住性、快適性、保温性などを考えられた設計となっています。

ヨシダ✕シンペイ

タープを立てたときの見た目のカッコ良さも、Aフレームの魅力にあります。

下の記事では、ソロキャンプ向けのバックパックを特集しています。人気のミリタリーバッグからULバックパックまで、完全攻略となります。

横からの見た、Aフレームです。

横からの見た、Aフレームです。

Aフレームは前後にある2本のポールとペグによって均等に設営されるため、横からの風にも強い仕様となる。

ゼロイチキャンプ編集部

Aフレームをキレイに設営できると、左右がシンメトリーとなり美しい形状となります。

後ろから見た、Aフレームです。

後ろから見た、Aフレームです。

Aフレームは前面入口と同様に、後ろからみてもアルファベットの「A」のような形状となっています。

ヨシダ✕シンペイ

前後の入口から出入りができることも、Aフレームの利便性の高いところです。

Aフレームの室内は、こんなイメージです。

Aフレームの室内は、こんなイメージです。

DDタープ3×3を使用するAフレームの室内空間は、とても高さがあり快適です。

また、身長172㎝の筆者が横になる場合は、キャンプマットを敷いて十分に寝ることができます。

ゼロイチキャンプ編集部

Aフレームの室内空間は、キャンプマットやバックパックなどを置いたりできます。

Aフレームの中から、外をみた感じです。

Aフレームの中から、外をみた感じです。

Aフレームはフルクローズスタイルでありますが、入り口のパネルを開ければ外を見ることもできます。

ただし、オープンタープであったりダイヤモンド張りなど、景観を楽しめるタープアレンジと比較すると、Aフレームはフルクローズしシェルターとして使う方が得策である。

ヨシダ✕シンペイ

Aフレームは気密性が高く、保温性に優れるタープアレンジです。

下の記事では、タープ泊に便利なシングルバーナーを特集しています。最強の火力を求める方に、おすすめの記事となっている。

【DDタープ3m×3m】Aフレームの注意点について。

【DDタープ3m×3m】Aフレームの注意点について。

DDタープ3m×3mでAフレームをするときには、いくつかの注意点があります。

DDタープ3m×3mを購入するとタープ本体にペグ×4本、ロープ×4本が付属します。

ただし、結論からお話しすると本体と付属品だけでは、Aフレームを張ることはできません。そのほかのタープアレンジでも、同様となります。

ゼロイチキャンプ編集部

Aフレームは、ペグが最低8本必要であったり、ポールも2本必要となります。

【DDタープ3m×3m】Aフレームを張るときの注意点について。

  • Aフレームには、ポールが2本必要である。
  • 追加のペグを準備しましょう。
  • DDタープ3×3に付属するロープは細く、強度が弱い。

Aフレームには、ポールが必要である。

Aフレームには、ポールが必要である。

DDタープ3m×3mを設営するときには、別途ポールを準備する必要があります。

DODのテント タープポールは170㎝のポールを2本つかうことができたり、組み合わせによって長さを220㎝に伸ばしたりできます。

そのため、パスファインダーやAフレーム、ダイヤモンド張りなど、ポールが2本必要な張り方や、ポールの長さを必要とする張り方に最適となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者は、DODのテント タープポール2本セットを使用しています。

ペグを準備しましょう。

ペグを準備しましょう。

DDタープ3m×3mには付属品でペグが4本ありますが、Aフレームを楽しむのであれば追加でペグが必要となる。

また、上の写真にあるとおりで、付属するペグは細かったり長さも20㎝弱と短いため、25㎝~30㎝の長さのペグを準備することをおすすめしたい。

ヨシダ✕シンペイ

Aフレームを張るときは、ペグが最低8本必要とする。

軽量でサビに強いペグを選びたいかには、こちらがおすすめ。

DDタープに付属するロープは細く、強度が弱い。

DDタープに付属するロープは細く、強度が弱い。

DDタープ3m×3mには、長さ2mほどのロープが4本付属されるので設営には問題ありませんが、ほかのタープアレンジをしたり木に結んだりするときには、パラコートなど強度の高いガイロープがおすすめです。

ヨシダ✕シンペイ

ブッシュクラフトや野営では、ロープとロープを結ぶこともある。そのため、強度の高いロープが必要となる。

DDタープをつかって、いろいろなタープアレンジを楽しもう。

DDタープをつかって、いろいろなタープアレンジを楽しもう。

DDタープ3m×3mでは、Aフレームのほかにもさまざまなタープアレンジを楽しむことができる。

DDタープの最大の魅力は、豊富なタープアレンジを楽しめること。

タープアレンジができることで季節や気温、天候、環境など、さまざまなことに対応することができます。

テントやハンモックでは夏用と冬用で使い分けたり、ソロキャンプを行うシチュエーションによって、使い分けることが大半となる。

ヨシダ✕シンペイ

その点、DDタープは季節や環境に合わせてタープアレンジができることがメリットにある。

片手で、余裕に持つことができる収納サイズ。

また、DDタープ3m×3mは重量1㎏以下と軽量なことであったり、コンパクトであったりすることもメリットにあります。

そのため、荷物量を制限したいソロキャンパーであったり、ツーリング、ブッシュクラフト、野営、バックパックキャンプ、UKキャンプなど、幅広いキャンプスタイルに適応できます。

ゼロイチキャンプ編集部

ぜひ、DDタープのアレンジを覚えてソロキャンプを楽しみましょう。

下の記事では、DDタープをつかった”タープの張り方”を一覧にまとめています。今回紹介したタープアレンジ以外にも、DDタープの張り方はたくさんあります。ぜひ、チャレンジしてください。

【DDタープ3×3】Aフレームについて、まとめ。

【DDタープ3×3】Aフレームについて、まとめ。

今回のゼロイチキャンプはDDタープ3×3をつかった、Aフレームを解説しました。

Aフレームはフルクローズにできるので、年間を通してタープ泊を楽しめます。

Aフレームの特徴には比較的に設営が簡単なことであったり、簡易的なシェルターとして使うことができたりするなど、利便性や快適性、保温性に優れることがあげられる。

さらに、タープはロープワークやテント設営など、基礎的な技術を習得することができるので、ぜひソロキャンプで楽しんでほしい。

ゼロイチキャンプ編集部

DDタープは日差しを避けたり雨風を防いだり、テントやシェルターとしてもマルチに使うことができます。

ヨシダ✕シンペイ

DDタープは重量1㎏以下と軽量なため、バックパックキャンプやツーリング、ULキャンプ、野営などにもおすすめです。

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

【DDタープの張り方】Aフレームを解説。に関連するおすすめの記事。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次