【保存版】ソロキャンプにおすすめ!最強のソロ焚き火台17選。

ソロキャンプでの焚き火は自然のなかで火と向き合い、心身ともにリフレッシュするための贅沢な時間です。ソロキャンプこそ焚き火台にこだわるべきキャンプギアではないだろうか。

こんにちわ。ゼロイチキャンプです。

一般的なキャンプ場では直火とよばれる地面に”直接焚き火”をすることが、原則禁止となっていることがほとんど。
そのため、キャンプ場で焚き火をするためには、焚き火台はマストアイテムになる。

ただし、焚き火台といってもソロキャンプ用の一人で使うサイズから、ファミリーキャンプやグループキャンプで使用するような、大きいものや形状もさまざまあります。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプ用の焚き火台といっても、大きさや形状など豊富にあります。どの焚き火台を買えば良いのか迷ってしまいますよね。

ゼロイチキャンプ編集部

またキャンプ場で焚き火をするには、いくつかのルールやマナーがあります。

なぜ、直火が禁止されているかというと、地面や芝生にダメージを与えないということが目的ですが、昨今、一部のマナーの悪いキャンパーがゴミを燃やして放置したままにするなど、問題となることも原因にあります。

今回のゼロイチキャンプでは、ソロキャンプ用の焚き火台について正しい選びかたや、最新の無骨なソロ用焚き火台を紹介します。

この記事を最後まで読んでいただくと、失敗しない焚き火台を選ぶことができます。ぜひ、最後までお付き合いください。

この記事を読んでわかること、解決する悩み。

  • ソロキャンプ用の焚き火台について、知識を覚えることができる。
  • ソロ用の焚き火台を選ぶときの、おすすめポイントを紹介。
  • キャンプスタイルや移動手段に合わせた、焚き火台を選ぶことができる。
  • 焚き火シートを使うメリットを解説。
  • 最新のソロキャンプ用の無骨な焚き火台を紹介。
  • 記事の最後に、焚き火のヒーリング効果を解説。

下の記事では、焚き火におすすめのソロテントを特集しています。パップテントやワンポールテント、軍幕など、焚き火の火の粉や熱に強い素材のテントを厳選。

目次

【ソロキャンプ】最強のソロ焚き火台の選びかた。

【ソロキャンプ用】無骨な焚き火台の選びかた。

ソロキャンプ用の焚き火台を選ぶときにはキャンプの目的や移動手段、キャンプスタイルに合わせて考えることが大切になります。

ソロキャンプでは、できるだけ軽量でコンパクトな焚き火台がおすすめです。

理由としては、1人だけで焚き火をするため、ファミリーキャンプのような大きいサイズの焚き火台は必要ありません。

またソロキャンプは徒歩や電車、ツーリングなど、車以外でキャンプ場へ向かうかたもいます。そのため、バックパックやバイクボックスに制限があるため、携行性や収納性に優れたコンパクトな焚き火台が必要となる。

そのほかにも、焚き火台をつかって本格的なアウトドア調理をしたり、薪をくべやすい焚き火台で火と向き合いたいなど、焚き火台を選ぶときには目的にあわせた選択も必要となります。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロキャンプ用の焚き火台を選ぶときは、いくつかのポイントを押さえることで、目的にあった正しい焚き火台を選ぶことができる。

ソロキャンプ用の焚き火台を選ぶときの、おすすめポイントを解説。

  • 軽量でコンパクトな焚き火台は、ソロキャンプの移動手段には大切なこと。
  • 調理ができる焚き火台を選ぶと、軽量化につながる。
  • 薪をくべやすい焚き火台を選ぼう。

下の記事では、薪や炭をくべるのに便利な”火ばさみ”を特集しています。焚き火をするときに火ばさみがあると、利便性が最強に向上します。

軽量でコンパクトな焚き火台は最!ソロキャンプの移動手段には大切なこと。

軽量でコンパクトな焚き火台は、ソロキャンプの移動手段には大切なこと。

ソロキャンプでは徒歩や電車、ツーリングなど、移動手段によっては荷物量に制限があります。そのため、できるかぎり軽量でコンパクトな焚き火台を選ぶことは、大切なポイントになります。

キャンプ場へ車で行くソロキャンパーの場合、荷物量や重量の問題などはそこまでないと思います。しかし徒歩や電車、自転車、バイクでキャンプ場へ行くかたは、荷物量に制限があります。

そのため、車以外のソロキャンパーは、携行性や収納性に優れたコンパクトな焚き火台が必要になります。

ヨシダ✕シンペイ

バックパックやバイクボックスに収納できるサイズの焚き火台がおすすめです。

ゼロイチキャンプ編集部

荷物量に制限があるソロキャンパーは、焚き火台の収納サイズをあらかじめ確認することも大切です。

下の記事ではソロキャンプ用のバックパックを紹介しています。厳選したミリタリーバッグをはじめ、ULバッグまで幅広くあります。

重量1㎏以下のソロキャンプ用の焚き火台は、携行性&収納性に良い。

重量1㎏以下のソロキャンプ用の焚き火台は、携行性&収納性に良い。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT LLC.

昨今、キャンプギアも軽量化したものを各メーカーから販売されており、焚き火台もそのひとつ。重量1㎏以下の焚き火台は、携行性と収納性に優れているため、荷物量に制限のあるソロキャンパーにはおすすめ。

軽量化されたアウトドアギアを使ったり、荷物量を軽くして移動を楽にすることを『ウルトラライト』や『ファストパッキング』といいます。

登山では数年前から「UL登山」や「ファストパッキングスタイル」などの愛称で流行ってましたが、昨今のキャンプシーンにおいても、ULキャンプやファストパッキングが定着しつつあります。

ヨシダ✕シンペイ

コンパクトで軽量化されたアウトドアギアを使うことで、荷物スペースに余裕が生まれたり、移動が楽になります。

ソロキャンプでは重量1㎏以下の軽量でコンパクトな焚き火台を選ぶことで、荷物スペースの容量があいたり重量が軽くなるので移動が楽になります。

ゼロイチキャンプ編集部

荷物量を減らしたり、軽量化したいソロキャンパーには、重量1㎏以下の焚き火台を選ぶことをおすすめします。

下の記事では、焚き火に必要なキャンプ道具「火吹き棒」を特集しています。火吹き棒の選びかたやゼロイチキャンプおすすめの火吹き棒を紹介している。

調理ができるソロ焚き火台は、軽量化と利便性にいい。

調理ができる焚き火台は、軽量化と利便性にいい。

出典:TOKYO CRAFTS

ソロキャンプ用の焚き火台にはゴトクや焼き網、ロストルが付属した、調理ができる製品があります。焚き火台でアウトドア料理を楽しみたいかたは、調理ができるソロキャンプ用の焚き火台がおすすめ。

調理ができる焚き火台は、熱源として使うことができるだけでなく、クッカーや鍋、フライパンを置くことができるため、本格的なアウトドア調理やブッシュクラフトを楽しむことができます。

調理ができる焚き火台は、調理道具を置くことを考えられた作りのため、フレームがしっかりしているので安定感があります。

また食材や調理道具が落ちたとしても平気なように考えられた設計になっているので、安全面に優れていることもメリットにあります。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプ用の焚き火台を選ぶときには、使用中の安定感や安全面も大切なポイント。

下の記事ではソロキャンプ用の最強クッカーを紹介しています。ゼロイチキャンプでいちばん人気の記事です。ぜひ、こちらの記事もあわせて読んでください。

ソロ焚き火台はシングルバーナーなど、ほかの火器の必要性がなく、軽量化することができる。

シングルバーナーなどの火器の必要性がなく、軽量化することができる。

焚き火台を使って調理をすることで、シングルバーナーなどの火器や燃料を持参する必要がないため、荷物量を減らすことができます。

ソロキャンプにおいて、ファストパッキングやULキャンプをベースとするかたは、焚き火台を使って調理をすることで、バーナーや燃料の必要性がないため軽量化を促進することができます。

バーナー類を減らすことで軽量化になるメリットはありますが、お湯を沸かしたりするのにも、火を起こす必要があるので、手間と時間が掛かるデメリットはある。

ゼロイチキャンプ編集部

また雨など悪天候によって焚き火ができないことや、キャンプスタイルによって合わないこともあります。軽量化するデメリットを考えて焚き火台を選びましょう。

軽量化は大事ですが、シングルバーナーはソロキャンプに必要なキャンプギア。下の記事ではソロキャンプ向けのシングルバーナーを特集しています。

薪をくべやすい、最強のソロ焚き火台を選ぼう。

薪をくべやすい、武骨な焚き火台を選ぼう。

出典:TOKYO CRAFTS

ソロキャンプ用の焚き火台を選ぶときには、薪のくべやすさも大切なポイントになります。焚き火や調理を楽しみたいのに、薪がくべにくかったらストレスを感じでしまいますよね。

一般的にホームセンターやキャンプ場で販売されている薪の長さは、30㎝~40㎝になります。

調理を目的として焚き火台を必要とするのであれば、ゴトクや焼き網、ロストルに対してストレスなく薪をくべることが可能な焚き火台を選びましょう。

また、焚き火台がコンパクトすぎても、薪がはみ出てしまうので注意が必要です。

ゼロイチキャンプ編集部

薪をくべるスペースが狭いと手斧や鉈、ナイフなどを使って、薪をカットする必要があります。

焚き火台に薪のサイズが合わない場合は手斧や鉈(なた)、ナイフ、ノコギリを使って薪を適切なサイズに切る必要があります。

ブッシュクラフトをするかたであれば、ナイフや手斧など刃物の扱いに慣れていると思いますが、そうでないかたにとっては薪を小さくすることに悩んでしまいますよね。

そんなときに便利なのが”ノコギリ”です。アウトドア用のノコギリは折りたたみ式で携行性や収納性も抜群、また刃も短いため操作性に優れています。

ヨシダ✕シンペイ

ノコギリであれば、どなたでも一度は使ったことがあると思います。手斧やナイフよりも簡単に薪を小さくすることができます。

【おすすめ】下の記事では、ソロキャンプ向けの最強ノコギリを特集しています。携帯性や収納性、利便性り優れたノコギリをみつけてください。

焚き火シートを使うことは、環境負荷を改善し、後片付けが楽になる。

焚き火シートを使うことは、環境負荷を改善し、後片付けが楽になる。

焚き火シートとは、焚き火の熱や火の粉によって地面や芝生などを傷めないように、焚き火台の下に敷くシートのことをいいます。

焚き火シートを使うことは、地球環境を守ることに繫がります。

焚火シートが地球環境を守るとは大げさなこと、と思われるかもしれませんが、実際のところ本当の話です。

キャンプサイトの芝生や地面を傷めないこともありますが、火事やボヤなどの二次災害・三次災害を未然に防ぐこともできます。

ヨシダ✕シンペイ

実例として、キャンプ場では焚き火による”ボヤ騒ぎ”や”火事”が起きています。

ゼロイチキャンプ編集部

焚き火シートを使うことは、自然環境の保護に役立ちますので、ぜひ使っていただけると嬉しいです。

焚き火シートも大切ですが、焚き火は火をあつかうため火傷やケガのリスクがあります。焚き火台を扱うときには、手を保護する厚手のグローブをしましょう。おすすめは耐熱グローブです。

焚き火シートのメリット。後片付けの手間を時短化してくれる。

焚き火シートのメリット。後片付けの手間を時短化してくれる。

後片付けのときに、焚き火台からこぼれ落ちた灰や炭を拾い、処理をするのって手間ですよね。こんなとき、焚き火シートを使えば落ちた灰や炭を一瞬でまとめることができるので、後片付けの短縮ができます。

焚火シートにはガラス繊維や耐炎繊維、シリカ繊維といわれる素材が使われています。

焚き火シートに使われている素材は、耐熱性や断熱性優れています。そのため、こぼれ落ちた灰や炭、燃え残った薪をまとめて焚き火シートに包み、灰捨て場に持っていくことも可能です。

ゼロイチキャンプ編集部

焚き火シートを使えば自然環境を保護するだけでなく、灰処理などの時間短縮まで可能にする。

下の記事ではアウトドアライターが厳選した、ソロキャンプ用の最強焚き火シートを紹介しています。ぜひチェックしてください。

【ソロキャンプ用】おすすめの最強ソロ焚き火台を紹介。

ZEN Camps 【焚き火台 NT FIRE STAND】

ZEN Camps  焚き火台 NT FIRE STAND

出典:Amazon

【自然を傷付けない焚き火台】がコンセプト、地球にやさしい焚き火台。
焚き火も料理もこれ1台で完結する。
設営も超簡単わずか3ステップのみ。

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDは、革新的な設計によって灰や炭を地面に落とさない、環境に優しい仕様となる。さらに機能的で耐久性、快適性、携行性に優れ、これ1台で焚き火も調理も楽しめる。

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDの使用サイズは、火床51.3cmX奥行き22.5cmX高さ29.0cm(本体重量1050g)と軽量でコンパクトな仕上がりとなる。

焚き火台 NT FIRE STANDには持ち運びに便利な収納袋を付属する。ゆったりとしたサイズの収納袋は、遮熱シートや別売りの焚火シート、ファイヤースターターなど、焚き火グッズをまとめて収納できる。

焚き火台 NT FIRE STANDの設営は、連結されたフレームを広げ遮熱版と火床をセットするだけ。

出典:Amazon

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDの素材には耐久性や耐熱性、サビに強いステンレス鋼を採用。火床を3本のフレームで支えるので、持ち上げても振っても崩れることなく扱うことができる。

また焚き火台 NT FIRE STANDの設営は、連結されたフレームを広げ遮熱版と火床をセットするだけ。どなたにも簡単に、3ステップで設営できる設計となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDはシンプルな構成ながら、機能面も環境面にもやさしい焚き火台となる。

火床は幅51.3㎝あるため、市販されている薪を切断することなくくべることができる。

出典:Amazon

焚き火台 NT FIRE STANDの火床は幅51.3㎝あるため、市販されている薪を切断することなくくべることができる。また火床はアーチ状になっているので、熾火(おきび)を溜めやすいこともメリットにある。

さらに火床の幅を生かし右側で調理したり、左側で保温したりするなど、焚き火をしながら調理の利便性を向上できる。

また付属する2本のゴトクは高さを2段階に調節できるので、弱火にしたり強火にしたりするなど、調理によって火力調整ができます。

ヨシダ✕シンペイ

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDは、焚き火も調理も完璧に楽しめる究極の焚き火台。

遮熱シートは効率よく熱を反射するため、地面へのダメージを革新的に軽減します。

出典:Amazon

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDは付属する遮熱シートをいちばん下にセットし、灰受け、火床と3段階によって地面を完璧に守る。遮熱シートは効率よく熱を反射するため、地面へのダメージを革新的に軽減します。

焚き火台 NT FIRE STANDの火床幅は広く、快適な調理をすることが可能となる。

出典:Amazon

焚き火台 NT FIRE STANDの火床幅は広く、快適な調理をすることが可能となる。また付属するゴトクは高さを2段階に調節できるので、調理によって火力調整ができ、焼き物から煮込み料理など、料理のバリエーションを楽しめる。

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDはシンプルな構成で、初心者からベテランまで幅広く楽しめる焚き火台。

出典:Amazon

ZEN Campsの焚き火台 NT FIRE STANDはシンプルな構成で、初心者からベテランまで幅広く楽しめる焚き火台。また環境にやさしい設計で、ソロキャンプやツーリング、ブッシュクラフトなど、アウトドアにおすすめです。

ZEN Camps  焚き火台 NT FIRE STAND

ZEN Camps  焚き火台 NT FIRE STAND

  • サイズ:展開時火床51.3cmX奥行き22.5cmX高さ29.0cm、折り畳み時26.5 X 30.0cm 高さ約3.5cm、収納時38cm X 31cm
  • 重量:本体:約1050g、五徳2本有り、収納袋に収納時:約1300g
  • 材質:本体 ステンレス製、収納袋 600Dポリエステル
  • 付属品:フレーム・火床・遮熱板2枚、五徳2本(全てステンレス製)、収納袋(600Dポリエステル)、遮熱シート

下の記事では、ZEN Campsの焚き火ツールを特集しています。ZEN Campsはソロキャンプ向けの製品を中心に、機能性やデザイン性、環境にやさしいモノづくりをしています。

TOKYO CRAFTS/東京クラフト 【焚火台マクライト2】

TOKYO CRAFTS/東京クラフト 【焚火台マクライト2】

出典:Amazon

【革新的に進化】焚き火の本質を楽しもう。
焚き火も調理もこの1台で完結。
バックパックに入るほど、軽量でコンパクトな焚き火台。

東京クラフトの焚き火台マクライト2は、前身であるマクライトをさらに革新的に進化した焚き火台となる。薪がくべやすく、細かい火力調整できるなど、調理の幅を広げる設計にリニューアル。

焚き火台マクライト2の使用サイズは、W35×D40×H32cm(ゴトク除く)となっています。重量は本体:約500g / 焼き台:420g / ゴトク:約140g / ケース:約60g(合計1120g)になる。

また焚き火台マクライト2の収納サイズはW21×D40×H2.5cm(収納ケース除く)となっており、専用ケースに収納しバックパックに入るほどコンパクトになる。

焚き火台マクライト2の設営はシンプルな構成で、どなたにも簡単”3ステップ”で完了します。

出典:Amazon

焚き火台マクライト2の設営はシンプルな構成で、どなたにも簡単”3ステップ”で完了します。設営が簡単なことで、時間を効率よくできることはソロキャンプでとても嬉しいポイント。

東京クラフトの焚き火台マクライト2は、市販されている薪(30〜40cm)をくべることができ、焚き火の本質をじっくりと堪能できる仕様となる。

灰が風で舞うのを軽減できたり、悪天候時にも使うことができたりするなど安心の設計となる。

出典:Amazon

火床は傾斜になっているため、左右のパネルが風防の役割を担う仕組みになっている。そのため灰が風で舞うのを軽減できたり、悪天候時にも使うことができたりするなど安心の設計となる。

ヨシダ✕シンペイ

焚き火台マクライト2は、市販されている30㎝~40㎝の薪をくべることが可能。思いっきり焚き火を楽しめる。

東京クラフトの焚き火台マクライト2が、さらに進化して登場。

出典:Amazon

東京クラフトの焚き火台マクライト2が、さらに進化して登場。ソロキャンプはもちろん、グループなどにも快適な焚き火と調理を可能とする。

ゴトクの位置を3段階に調整できるようになりました。

出典:Amazon

焚き火台マクライト2は、ゴトクの位置を3段階に調整できるようになりました。調理のときに弱火・中火・強火と火力調整できるの。

焚き火台マクライト2から焼き代を取り外すことができ、さらに焚き火や調理がしやすく進化。

出典:Amazon

焚き火台マクライト2から焼き代を取り外すことができ、さらに焚き火や調理がしやすく進化。キャンプスタイルや目的にあわせた使いかたができるので嬉しい。

焚き火のあとの炭や灰処理を簡単に行うことができる。

出典:Amazon

焚き火台マクライト2は、焚き火のあとの炭や灰処理を簡単に行うことができる。面倒な灰処理を時短化できるので、ソロキャンプの効率を上げることが可能となります。

TOKYO CRAFTS/東京クラフト
焚き火台マクライト2

  • 材質:本体、ゴトク:ステンレス(SUS304)、収納ケース:ポリエステル
  • サイズ:組み立てサイズ:W35×D40×H32cm(ゴトク除く)、収納サイズ:W21×D40×H2.5cm(収納ケース除く)
  • 重量:本体:約500g / 焼き台:420g / ゴトク:約140g / ケース:約60g
  • 耐荷重:ゴトク(スタンド設置):7kg、ゴトク(側面パネル設置):7kg、火床:15kg
  • 梱包内容:本体、ゴトク、収納ケース

DUCKNOT/ダックノット 【焚き火台 BST SET】

DUCKNOT/ダックノット 【焚き火台 BST SET】

出典:DUCKNOT

グッドデザイン賞を受賞。ソロキャンプに最適な焚き火台。
設営&撤収は開くだけのワンアクションのみ。
画期的で使いやすい、2段階の高さ調節ができるゴトク。

DUCKNOT 焚き火台 BSTは、2022年にグッドデザイン賞を受賞したソロキャンプに最適な焚き火台です。設営&撤収はパッと開閉するだけのワンタッチで完了します。

焚き火台BSTの使用サイズは、W36×H23×D20cmとコンパクトサイズになっているため、ソロキャンプやツーリングなどアウトドアに最適な仕様。

焚き火台BSTには軽量で丈夫なステンレスを採用しており、本体重量は620gと携行性にも優れる。バックパックやバイクボックスに収納できるコンパクトサイズとなります。

また焚き火台BSTはゴトクの高さを2段階に調節することができるので、調理にあった使いかたを楽しめる。

本体の底部はアーチ状になっているため、熾火(おきび)を溜めやすく、ストレスなく薪をくべることができる。本格的に焚き火を愉しむかたにもオススメです。

ゼロイチキャンプ編集部

焚き火台を選ぶときには、設営&撤収のしやすさは大切。焚き火台BSTは使いやすさと携行性、収納性も考えられた仕様になっている。

ヨシダ✕シンペイ

グッドデザイン賞を受賞するだけあって、機能性もデザイン性も見事。余計なものを削ぎ落した形状が美しい。

DUCKNOT 焚き火台 BSTは、2022年にグッドデザイン賞を受賞している。

出典:DUCKNOT

DUCKNOT 焚き火台 BSTは、2022年にグッドデザイン賞を受賞している。

設営&撤収は開くだけ、閉じるだけのワンタッチ式。

出典:DUCKNOT

設営&撤収は開くだけ、閉じるだけのワンタッチ式。誰でも簡単に瞬時に組み立てることができる。

ゴトクを上下に返すことで、2段階の高さ調節ができる。

出典:DUCKNOT

焚き火を楽しみながら、快適な調理をすることができる。ゴトクを上下に返すことで、2段階の高さ調節ができる。

本体底はアーチ状になっているため、熾火をためやすい。

出典:DUCKNOT

本体底はアーチ状になっているため、熾火をためやすい。市販されている薪でもストレスなくくべることが可能。

焚き火台BSTは、軽量で耐久性に優れたステンレスを採用

出典:DUCKNOT

焚き火台BSTは、軽量で耐久性に優れたステンレスを採用しているため、大きめのフライパンでも調理が可能となる。

焚き火台BSTには、18ozアメリカ製ダック生地を使った専用ケースが付属

出典:DUCKNOT

焚き火台BSTには、18ozアメリカ製ダック生地を使った専用ケースが付属される。生地は使い込むほどに色落ちなどエイジングを楽しめます。

DUCKNOT/ダックノット 焚き火台 B.S.Tの仕様について

出典:DUCKNOT

DUCKNOT/ダックノット
焚き火台 B.S.T

  • セット内容:焚き火台本体 ×1台、ゴトク ×2個、収納ケース ×1個
  • サイズ:本体(外寸):W36×H23×D20cm、収納ケース(内寸):W40×D28×マチ4.5cm
  • 重量:本体:620g、ゴトク:42g ×2個、収納ケース:166g
  • 素材:板材:ステンレス SUS304 バネ鋼、線材:ステンレス SUS304 ハード鋼、収納ケース:綿100%(18ozアメリカ製ダック生地)
  • 生産国:日本

STC 【ピコグリル398】

STC 【ピコグリル398】

出典:WANDERLUST EQUIPMENT LLC.

A4サイズに折りたたみ収納できる軽量焚き火台。
専用袋に入れた重量はわずか450g。バックパックに余裕で収納可。
調理のしやすいゴトクには、クッカーやケトルを同時に置くこともできる。

ピコグリルはスイスのSTC社製になります。STC(スノートレッカーカンパニー)社は1983年にスイスで誕生したスキーやバックカントリーを中心に製品開発しているメーカーになります。

ピコグリル398は軽量で耐久性、サビに強いステンレス鋼を採用。使用サイズは、(約)38.5×26×24.5cmとなっています。

またスピットとよばれる、ピコグリル専用のゴトクを使って調理中でも、薪をストレスなくくべることができます。

収納はA4サイズほどのコンパクトになり、総重量はわずか450g。バックパックに余裕で収納ができるため、ソロキャンプや登山、ツーリングなど、ファストパッキングやULキャンプに最適な仕様となる。

ヨシダ✕シンペイ

イノベーション大国であるスイス製の焚き火台。軽量で使いやすく、デザインも美しい。人気がでるわけです。

ゼロイチキャンプ編集部

ピコグリルシリーズは「picogrill®」登録商標です。類似品にはご注意ください。

ピコグリルの開発コンセプトには、自然環境を傷つけることなく、長い旅であっても少ない燃料で調理を可能とし、仲間とともに暖をとれる”小さな焚き火台”となる。従来の製品にとらわれず、開発&製造を行ってきたブルーノ氏(Bruno Wanzenried)が培ってきた豊富な工業デザインの知識と実績、アウトドアの経験を元にゼロベースでデザイン・開発されました。

調理のときにも、ストレスなく薪をくべることができる。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT LLC.

スピットとよばれる専用ゴトクは、調理のときにも、ストレスなく薪をくべることができる。

軽量で耐久性に優れたステンレス鋼を採用。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT LLC.

軽量で耐久性に優れたステンレス鋼を採用。大きめのクッカーでも調理が可能となっている。

焚き火を楽しみながら、快適な調理ができる。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT LLC.

焚き火を楽しみながら、快適な調理ができる。ソロキャンプを十分に満喫できる仕様。

ピコグリル398には、携行と収納に便利な専用ケースが付属される。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT LLC.

ピコグリル398には、携行と収納に便利な専用ケースが付属される。収納サイズはA4サイズほどのコンパクト。

STC ピコグリル398

  • 内容:プレート、フレーム、スピットx2本、専用袋、日本語説明書
  • 重量:442g (フレーム202g、シェル164g、スピット38gx2本)、専用袋47g
  • 素材:ステンレス鋼
  • 組み立てサイズ:(約)38.5×26×24.5cm
  • 収納サイズ:(約)33.5×23.5×1cm

コールマン 【ファイアーディスクソロ】

コールマン、ファイヤーディスクソロ、焚き火台

出典:コールマン

デザインのコンセプトは、焚き火の原点である“直焚き火”
360°どこからでも、焚き火を楽しむことができる。
セッティングはわずか3秒。ソロキャンプに最適な焚き火台。

360°どこからでも、焚き火を眺めながら楽しむことができる。シンプルでオーバルなデザインは、自由に薪をくべることで”直焚き火”を表現している。

コールマンの大人気焚き火台ファイアーディスクのコンセプトは、焚き火の原点である”直焚き火”をモチーフにしている。

ソロキャンプですぐに焚き火を楽しめるように、セッティング時間は驚きの約3秒となる。またファイアーディスクソロは重心が低い設計になっているため、安定感も抜群となります。

ファイヤーディスクソロの使用サイズは約Φ30 x 16 (h) cmとコンパクトサイズになっており、重量は約900gとソロキャンプに最適な仕様となっている。

ゼロイチキャンプ編集部

本体は丈夫でサビに強いステンレスとなっている。市販されている大きめの薪を載せて焚き火を楽しむことができる。

ファイアーディスクソロには焼き網が付属しているので、アウトドア料理を楽しむことができます。

また耐荷重は25㎏となっているため、10インチまでのダッチオーブンを置くことができる。

ヨシダ✕シンペイ

ファイヤーディスクソロはシンプルで使いやすく、携行性、収納性に優れ、お求めやすい価格設定となる。

焚き火と焼き網を使ったアウトドア調理を楽しむことができる。

出典:コールマン

ファイアーディスクソロは、焚き火と焼き網を使ったアウトドア調理を楽しむことができる。

セッティングは、驚きの3秒ほどで完成する。

出典:コールマン

セッティングは、驚きの3秒ほどで完成する。いつでもどこでも焚き火をすぐに楽しめる。

ファイアーディスクソロには、携行と収納に便利な専用ケースが付属

出典:コールマン

ファイアーディスクソロには、携行と収納に便利な専用ケースが付属される。

コールマン ファイアーディスクソロ

  • 使用時サイズ:約Φ30 x 16 (h) cm
  • 収納サイズ:約Φ32X 10(h) cm
  • 本体重量:約 620 g(網込み約900g)
  • 耐荷重:約25Kg
  • 付属品:収納ケース

BUNDOK/バンドック 【焚き火台 LOTUS+】

BUNDOK/バンドック 【焚き火台 LOTUS+】

出典:カワセ

さらに使いやすく進化したLOTUS+焚き火台。
焚き火はもちろん、ケトルからダッチオーブンまで置くことが可能。
軽量で耐久性に優れたステンレス製のソロ用焚き火台。

BUNDOK / バンドックは、株式会社カワセ(新潟県三条市)が展開するアウトドアブランド。居住性や機能性、快適性、防水性、携行性を備わったテントは、コストパフォーマンスが高いことから人気がある。

バンドックの焚火台 LOTUS+は、軽量で耐久性に優れたコンパクトなステンレス製の焚き火台。

焚火台 LOTUS+の使用サイズは約370×370×330mmとコンパクトなサイズながら、耐荷重は約15㎏と堅牢な仕様になっている。

焚火台 LOTUS+にはゴトクと焼き網が付属しているので、焚き火を楽しみながらクッカーや鉄板、ダッチオーブンを使った本格的なアウトドア調理ができる。

ヨシダ✕シンペイ

LOTUS+はコンパクトに収納ができるので、ソロキャンプやツーリング、釣りなど、さまざまなアウトドアで楽しめる。

パーツを分解することができるので、コンパクトに収納できる。

出典:カワセ

焚き火台 LOTUS+はパーツを分解することができるので、コンパクトに収納できる。

標準でゴトクと焼網が付属している。

出典:カワセ

標準でゴトクと焼網が付属している。薪をくべるスペースも十分に広いので、ストレスなくアウトドア調理を楽しむことができる。

LOTUS+には、収納と持ち運びに便利な専用ケースが付属される。

出典:カワセ

LOTUS+には、収納と持ち運びに便利な専用ケースが付属される。

BUNDOK/バンドック LOTUS+

  • 材質:ステンレス鋼
  • サイズ:約370×370×330mm
  • 収納サイズ:約360×250×40mm
  • 重量:約1.55kg
  • 梱包:約310×270×40mm (カラーボックス)
  • 仕様:組立式、焼き網・五徳 各1、収納ケース×1・取扱説明書
  • 耐荷重:約15kg

DOD/ディーオーディー 【めちゃもえファイヤー】

DOD、めちゃもえファイヤー

出典:DOD

二次燃焼の炎を楽しむことができる、コンパクトな焚き火台。
独自の二重構造により、燃焼効率が良く、嫌な煙が少ない。
環境にやさしいスチールテーブル付き。

DODのめちゃもえファイヤーは独自の二重構造により、二次燃焼による高い燃焼効率と、嫌な煙の発生を軽減できる仕様の焚き火台です。

DODのめちゃもえファイヤーは、二次燃焼による炎を楽しむことができる数少ない焚き火台です。二次燃焼により簡単に火起こしができるので、まさにソロキャンプにおすすめとなる。

めちゃもえファイヤーは、市販されている30㎝~40㎝の薪がぴったり入るサイズ設計になっている。そのため、薪をカットしたり手間のかかる作業がいらないこともメリットにある。

ゼロイチキャンプ編集部

コンパクトで二次燃焼を楽しむことができる焚き火台。市販の薪がぴったり収まるサイズとなっています。

また、めちゃもえファイヤーには標準でスチールテーブルが付属される。スチールテーブルの上に焚き火台をセットすることで、芝生や地面にダメージを与えない”環境にやさしい”作りになっている。

スライド式の灰受けトレイが完備されているので、掃除が簡単にできるのもウレシイ。掃除の時間を短縮できるので、有意義にソロキャンプを楽しむことができる。

二次燃焼とは

薪がはじめに燃える“一次燃焼”の際に、燃え切らなかった未燃焼ガスに、焚き火台の中で高温に温められた空気を、再度送り込んで“再燃焼”させることをいいます。

DOD めちゃもえファイヤーの仕様について

出典:DOD

独自の二重構造により、少ない燃料で高い燃焼を実現。

出典:DOD

独自の二重構造により、少ない燃料で高い燃焼を実現。二次燃焼によって嫌な煙を出さず、燃え残りを軽減する。

市販されている30cm~40cm薪が、ぴったりと入るサイズ設計になっている。

出典:DOD

市販されている30cm~40cm薪が、ぴったりと入るサイズ設計になっている。

スチールテーブルは天面に重ね、専用ケースに収納できます。

出典:DOD

スチールテーブルは天面に重ね、専用ケースに収納できます。

DOD めちゃもえファイヤー

  • カラー:シルバー
  • サイズ:焚き火台:(約)W43×D14×H24cm※取っ手を含まず、テーブル:(約)W45×D16.5×H13cm
  • 収納サイズ:(約)W45×D19×H25cm
  • 重量(付属品含む):(約)7.7kg
  • 材質:本体:ステンレススチール、テーブル:スチール(高耐熱塗装) 、キャリーバッグ:600Dポリエステル
  • 付属品:テーブル、キャリーバッグ

tent-Mark DESIGNS/テンマクデザイン 【ORUベースプレートセット

tent-Mark DESIGNS/テンマクデザイン 【ORUベースプレートセット】

出典:テンマクデザイン

焚き火台と使いやすいベースプレートの4点セット。
軽量で丈夫なステンレスを使用、広げるだけの簡単組み立て。
焚き火とアウトドア調理を極めた無骨な焚き火台。

テンマクデザインのORUベースプレートセットは本体とプレート、ベースプレート、焼き網の4点セットになります。

ORUベースプレートの使用サイズは、(約)220×220×210(高)mm (焼き網、プレート、ベースプレート含む)になっており、コンパクトで使いやすいサイズ感は、ソロキャンプに最適な焚き火台となる。

設営&撤収には、折りたたみ式を採用しているので、どなたでも簡単に組み立てることができる仕様です。また本体はベースプレート内に収納できるので、とてもコンパクトになります。

材質には軽量で耐久性、サビに強いステンレス304を採用。そのため、ORUベースプレートの総重量は、約1.23㎏と軽量で快適に持ち運びが可能となっている。

ゼロイチキャンプ編集部

ORUベースプレートはリーズナブルな価格設定になっているので、はじめてのソロキャンプにおすすめの焚き火台です。

tent-Mark DESIGNS/テンマクデザイン 【ORUベースプレートセット】イメージ

出典:テンマクデザイン

ORUベースプレートは、長い枝の燃料であってもベースプレートが支えとなり、ストレスなく薪や枝をくべることができます。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプ用のテーブルの上にぴったりと収まるサイズ感は、使い心地も最高。

焚き火台本体だけでも使用ができる。

出典:テンマクデザイン

焚き火台本体だけでも使用ができる。焼き網をセッティングして調理も可能。

ベースプレートは、究極の使い心地にを実現。

出典:テンマクデザイン

安定した調理と機能性を底上げするベースプレートは、究極の使い心地にを実現。

本体はベースプレート内に収納できる

出典:テンマクデザイン

本体はベースプレート内に収納できるため、コンパクトな収納となる。

携行と収納に便利な専用ケースが付属

出典:テンマクデザイン

ORUベースプレートには、携行と収納に便利な専用ケースが付属されている。

tent-Mark DESIGNS/テンマクデザイン
ORUベースプレートセット

  • 素材:本体(ステンレス304)、収納ケース(ポリエステルオックス)
  • 収納サイズ:(約)210××170×40(高)mm
  • 使用サイズ:(約)220×220×210(高)mm(焼き網、プレート、ベースプレート含む)、本体サイズ:(約)180×114×155(高)mm、ベースプレートサイズ:(約)187×165×80(高)mm
  • 総重量:1.23kg
  • 付属品:焼き網、プレート、ベースプレート、収納ケース

笑’s コンパクト焚き火グリル 『B-6君』

笑's コンパクト焚き火グリル 『B-6君』

出典:Amazon

『ゆるキャン△ドラマ』に登場でお馴染みの焚き火台。
折りたたむと、その名のとおりB6サイズに収納できる。
軽量でコンパクトな仕様は、ソロキャンプに最適。

笑’sのコンパクト焚き火グリル『Bー6君』は、その名のとおりで収納がB6サイズになる軽量な焚き火台。ドラマ『ゆるキャン△』に登場して話題になりましたね。知っているかたも多いのでは。

コンパクト焚き火グリル『Bー6君』の使用サイズは、約215mm×122mm×165mmとコンパクトなサイズ。素材には、軽量で耐久性に優れた0.6㎜厚ステンレス・リベットを採用しています。

重量は約500gと軽量で、耐荷重は10㎏となります。機能的で携行性、収納性に優れているため、ソロキャンプやツーリング、釣りなど、アウトドアに最適な仕様。

別売りのグリルプレートやハードロストル、ステンレスメッシュグリルなど、オプションを追加することで、アウトドア調理を楽しむことができます。

ヨシダ✕シンペイ

軽量でコンパクトな収納サイズが魅力の、コンパクト焚き火グリル『Bー6君』。豊富なオプションを展開しており、焚き火を使った調理も可能。

コンパクト焚き火グリル『Bー6君』の組み立て方法

笑's コンパクト焚き火グリル 『B-6君』の組立方法

出典:Amazon

調理時にストレスなく薪をくべるための、開閉式の火床口を完備

出典:Amazon

コンパクト焚き火グリル『Bー6君』の本体には、調理時にストレスなく薪をくべるための、開閉式の火床口を完備している。

収納サイズは、厚さ18㎜のB6サイズになる。

出典:Amazon

収納サイズは、厚さ18㎜のB6サイズになる。バックパックやツーリングなど、持ち運びに最適な仕様。

クッカー、ケトルなどでアウトドア調理を楽しむことができる。

出典:Amazon

シェラカップやクッカー、ケトルなどでアウトドア調理を楽しむことができる。

笑’s  コンパクト焚き火グリル『Bー6君』

  • 収納サイズ:約181㎜×122㎜×18㎜
  • 組立サイズ:約215㎜×122㎜×165㎜
  • 収納サイズ:(約)W45×D19×H25cm
  • 重量:約500g
  • 材質:0.6㎜厚ステンレス・リベット
  • 静止耐荷重:10㎏
  • 火床の深さ:約7㎝

belmont/ベルモント  焚き火台TABI(グリルエクステンション付き)

belmont/ベルモント  焚き火台TABI(グリルエクステンション付き)

出典:belmont

グリルエクステンションが付属され、さらに使いやすくなった!
本体には耐食性に優れ、軽量で丈夫なチタンを採用。総重量わずか478g。
焚き火と調理を同時に楽しめる、ソロキャンプに最適な焚き火台。

株式会社ベルモントは、新潟県三条市にあるフィッシングとアウトドア用品の製造販売をしています。釣りとアウトドアギアの豊富な実績と経験により、機能性と品質の高い製品を作っています。

ベルモントの焚き火台TABIは、グリルエクステンションが付属されるようになり、焚き火調理がさらに使いやすく進化しました。

焚き火台TABIの本体には、軽量で丈夫、耐食性に優れたチタンを採用。そのほかのパーツには、ステンレスのなかでも丈夫でサビに強い18-8ステンレスを使用している。

焚き火台TABIの使用サイズは、237×360×170㎜、総重量は約478gと軽量を誇る。また軽量でありながら、耐荷重は約15㎏まで可能で、2つの調理道具を同時に置くことができるほど堅牢なつくりが魅力となります。

ヨシダ✕シンペイ

調理時でも側面のパネルを外すことで、ストレスなく薪をくべることができます。焚き火と調理を同時に楽しむことができる。

ゼロイチキャンプ編集部

焚き火台TABIの本体底部はアーチ状になっているため、熾火(おきび)がたまりやすく安定した火力を維持できる。

アウトドア調理に便利なグリルエクステンションが付属されます。

出典:belmont

焚き火台TABIには、アウトドア調理に便利なグリルエクステンションが付属されます。

収納はパーツ分解が可能で、コンパクトに収納できる。

出典:belmont

収納はパーツ分解が可能で、コンパクトに収納できる。またナイロン製の専用袋が付属されます。

焚き火と本格的なアウトドア調理を同時に楽しむことができる。

出典:belmont

焚き火と本格的なアウトドア調理を同時に楽しむことができる。携行性と収納性に優れた仕様。

belmont/ベルモント 焚き火台TABI(グリルエクステンション付き)

  • 材質:本体:チタニウム・18-8ステンレス、収納袋:ナイロン
  • サイズ:使用時:237×360×170㎜、収納時:178×360×15㎜
  • 重量:約478g(本体:298g、側板:29g、網:96g、グリル:55g)
  • 耐荷重:火床:約15㎏、網:約5㎏、グリル:約3㎏

モノラル/MONORAL 【ワイヤフレーム】

モノラル、ワイヤフレーム

出典:amazon

デイパックに入るサイズの、収納性と携行性を実現。
『連れて歩く焚き火台』をコンセプトにした、UL焚き火台。
ソロキャンプはもちろん、ツーリング、釣りなどアウトドアに最適。

モノラルのワイヤフレームは、特殊耐熱クロスを採用した折りたたみの焚き火台。デイパックに入るほどコンパクトに収納ができるので携行性も抜群。どこにでも手軽に持ち歩き可能で、焚き火を楽しめる。

モノラルのワイヤフレームは、火床に特殊耐熱クロスを採用しており、コンパクトながら高い燃焼性を実現。薪がなくても落ち葉や小枝など、自然にあるもので焚き火を楽しむことができます。

特許取得済みのワイヤインフレーム構造により、特殊耐熱クロスに薪やコッヘルを置くことができる。また四辺のフレームに焼き網を設置することも可能で、アウトドア調理を楽しめる。

ヨシダ✕シンペイ

どこへでも持ち歩ける焚き火台。特殊耐熱クロスにより燃焼性が高いので、落ち葉や小枝などフィールドにあるもので焚き火ができる。

ゼロイチキャンプ編集部

特許取得済みのワイヤインフレーム構造は、コッヘルや焼き網を載せることができるので、アウトドア調理を楽しめる。

片手に納まるほど、コンパクトサイズ。

出典:amazon

片手に納まるほど、コンパクトサイズ。収納性と携行性に優れた設計になっている。

燃焼性の高い特殊耐熱クロスを採用。

出典:amazon

燃焼性の高い特殊耐熱クロスを採用。落ち葉や小枝などで、焚き火を愉しめる。

耐熱クロスを吊り下げるワイヤインフレーム構造を採用(特許取得済)

出典:MONORAL

四辺に内蔵されたフレームとワイヤーによって、耐熱クロスを吊り下げるワイヤインフレーム構造を採用(特許取得済)

モノラル、ワイヤフレームは、コッヘルやダッチオーブンなどを使った調理が可能

出典:MONORAL

コッヘルやダッチオーブンなどを使った、無骨なアウトドア調理を楽しめる。

四辺のフレームに焼き網を設置することが可能。

出典:MONORAL

四辺のフレームに焼き網を設置することが可能。

モノラルのワイヤフレームには、収納と持ち運びに便利な専用袋が付属

出典:MONORAL

モノラルのワイヤフレームには、収納と持ち運びに便利な専用袋が付属されている。

モノラル/MONORAL ワイヤフレーム

  • 材質:ステンレス鋼
  • 商品寸法:36D x 36W x 28H cm
  • 重量:980 グラム

SOLO STOVE 【ソロストーブ ライト】

SOLO STOVE 【ソロストーブ ライト】

出典:SOLO STOVE

ソロストーブ最小サイズのパワフルで美しいコンパクトストーブ。
二次燃焼によって、灰になるまで燃やすので環境にやさしい。
二重壁で燃焼効率が良く、松ぼっくりや小枝で簡単に火起こしできる。

SOLO STOVEのソロストーブ ライトは、シンプルでスタイリッシュなデザインの焚き火台。独自の二重構造により松ぼっくりや小枝など、少ない燃料で驚くほどの燃焼効率を実現します。

ソロストーブ ライトの使用サイズは、約10.8cm×高さ約14.5cmのコンパクトサイズ。重量は約255gの超軽量サイズになります。

ソロストーブ ライトは独自構造の二重壁となっているため、驚くほどの燃焼効率を誇ります。そのため約950mlの水を8~10分で沸かすことが可能となる。

またソロストーブ ライトにはゴトクが付属されているので、二次燃焼を楽しみながら快適な調理を実現しています。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロストーブ ライトには、ゴトクが付属されているので、クッカーやケトル、フライパンを使って調理をすることもできる。

ソロストーブ ライトの使いかたはシンプルで、松ぼっくりや小枝など、自然にあるもので容易に着火をすることができます。

また二次燃焼により嫌な煙が発生しにくく、衣類に焚き火臭がつきにくいこともポイント。燃焼中も底面が熱くならないので、設置場所を選ぶ必要がないことも魅力にあります。

ヨシダ✕シンペイ

松ぼっくりや小枝で、誰でも簡単に着火ができる。二次燃焼により少ない燃料で、驚くほどの燃焼を実現している。

二次燃焼とは

薪がはじめに燃えることを“一次燃焼”といいます。二次燃焼は、一次燃焼で燃え切らなかった未燃焼ガスに、再び高温の空気を送り込んで“再燃焼”させることをいいます。

軽量で丈夫な高品質ステンレスを採用。

出典:SOLO STOVE

軽量で丈夫な高品質ステンレスを採用。独自のワンピース構造は、美しさと力強さを兼ね備えている。

ソロストーブ ライトにはゴトクが付属されている。

出典:SOLO STOVE

ソロストーブ ライトにはゴトクが付属されている。ソロキャンプでアウトドア調理を楽しむことができる。

独自の二重構造により、少ない燃料で高い燃焼効率を実現。

出典:SOLO STOVE

独自の二重構造により、少ない燃料で高い燃焼効率を実現。二次燃焼によって嫌な煙を出さず、燃料を灰になるまで燃やします。

SOLO STOVE ソロストーブ ライト

  • 内容:本体、ゴトク、収納袋、日本語説明書
  • サイズ:高さ:約10cm(収納時)、約14.5cm(使用時)、直径(幅):約10.8cm
  • 重量:約255g
  • 材質:ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー

UCO/ユーコ 【 焚火台 ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット 】

UCO/ユーコ 【 焚火台 ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット 】

出典:Amazon

設営わずか30秒のコンパクトな焚き火台。
収納サイズはB5サイズ、バックパックに入れて持ち運べる。
手軽に焚き火やバーベキューを楽しむことができる。

UCOの焚き火台ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットは、組み立て時間わずか30秒ほどの誰でも簡単に設営できるコンパクトなミニ焚き火台。

焚き火台ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットの特徴は、収納すると厚み3㎝のB5サイズほどのコンパクトになることです。

材質には軽量で耐久性、サビに強いステンレスを採用。使用サイズは、24.1×17.8×20.3(h)cmとコンパクトながら、耐荷重は6.8㎏とアウトドア調理ができる仕様になります。

また本体の短側面には空気孔が設けられているため、炭や薪の燃焼効率を高める仕様になっています。

ヨシダ✕シンペイ

バックパックに簡単に収納することができるので、ソロキャンプやツーリング、登山などアウトドアに最適です。

ゼロイチキャンプ編集部

焚き火台ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットは、デザインもオシャレで機能性、携行性、収納性など充実の仕様。

どこでも簡単に焚き火とアウトドア調理を楽しめる。

出典:Amazon

焚き火台ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットがあれば、どこでも簡単に焚き火とアウトドア調理を楽しめる。

収納はコンパクトなB5サイズほどになる

出典:Amazon

収納はコンパクトなB5サイズほどになるため、バックパックに簡単に収納することができる。

持ち運びと収納に便利な専用ケースが付属される。

出典:Amazon

焚き火台ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットには、持ち運びと収納に便利な専用ケースが付属される。

UCO/ユーコ
焚き火台ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

  • サイズ:24.1×17.8×20.3(h)cm(使用時)、27×18×3cm(収納時)
  • 重量:832g(収納ケース含む)
  • 材質:ステンレス
  • 付属品:網用ハンドル、収納ケース

ユニフレーム 【薪グリルsolo

ユニフレーム 【薪グリルsolo】

出典:ユニフレーム

焚き火と調理が楽しめる、コスパに優れた焚き火台。
軽量で耐久性、サビに強いステンレス製。
コンパクトサイズなので、ソロキャンプにぴったり。

ユニフレームの薪グリルsoloは、巻き火や炭火で調理を楽しむことができるソロキャンプに最適な焚き火台。

ユニフレームの薪グリルsoloの使用サイズは、約20.5×18×18.5(高さ)cmの重量は約1.1㎏とソロキャンプに最適の仕様になっています。

材質には軽量で耐久性、サビに強いステンレス鋼を採用。分散耐荷重は約10㎏とコンパクトな焚き火台ですが、クッカーやフライパン、スキレットなど本格的なアウトドア調理を楽しむことができる。

薪グリルsoloはゴトクの高さを3段階に調節ができるため、火加減によって調理方法を変えることができる。また本体がグリルを覆うような設計になっているため、風防の役割を担っています。

ヨシダ✕シンペイ

薪グリルsoloは、焚き火とアウトドア調理を同時に頼むことができるコンパクト焚き火台です。

ゼロイチキャンプ編集部

別売りのユニセラ鉄板(スリット含む)を使えば、焚き火×鉄板料理をを楽しむことができます。

薪グリルsoloの収納サイズは、約13.5×21×6.5(厚さ)cm

出典:ユニフレーム

薪グリルsoloの収納サイズは、約13.5×21×6.5(厚さ)cmとバックパックに簡単に収納することができる。

グリルを囲うようにフレームが風防の役割をする

出典:ユニフレーム

グリルを囲うようにフレームが風防の役割をするため、安定した調理ができる。

ゴトクの高さを3段階に調節することできる

出典:ユニフレーム

ゴトクの高さを3段階に調節することできるため、火加減や調理によって調節することが可能。

薪グリルsoloには、携行と収納に便利な専用ケースが付属

出典:ユニフレーム

薪グリルsoloには、携行と収納に便利な専用ケースが付属される。

ユニフレーム 薪グリルsolo

  • 使用サイズ:約20.5×18×18.5(高さ)cm
  • 収納サイズ:約13.5×21×6.5(厚さ)cm
  • 材質:ステンレス鋼
  • 重量:約1.1kg
  • セット内容:収納ケース
  • 分散耐荷重:約10kg

スノーピーク 【焚火台 S

スノーピーク 【焚火台 S】

出典:snowpeak

『焚き火台』という商品カテゴリーを世の中に、認知されるきっかけになったモデル。
直火禁止ルールをキャンパーの常識に変えた、スノーピークを代表する製品。

スノーピークの「焚き火台」は、多くのキャンプ場で禁止されている直火に対し、「焚き火台」をつかうことで、キャンパーとしてのマナーや常識を認知させるきっかけになった製品です。

焚き火台Sの使用サイズは、285×285×205(h)mmの重量は1.8㎏とソロキャンプに最適なサイズになっています。

焚き火台の板材には1.5mm幅ステンレス材質を採用しており、焚き火の火力に負けない剛健なスペックになっています。

焚き火台は、1996年にはグッドデザイン賞を受賞しています。シンプルな作りに美しいデザインがとても印象的、またコンパクトに折りたたむことが可能で、収納性と携行性に優れています。

ヨシダ✕シンペイ

焚き火台といえば、スノーピークというくらい知名度のあるロングセラー製品。1996年には、グッドデザイン賞を受賞している。

ゼロイチキャンプ編集部

ステンレス材質のシンプルなつくりに機能性、耐久性、収納性、携行性とすべてのバランスに優れた焚き火台。

コンパクトに折りたたむことができる。

出典:snowpeak

焚き火台Sは、収納と携行に優れた設計になっており、コンパクトに折りたたむことができる。

スノーピーク、焚き火台は耐久性に強いステンレス材質を採用

出典:snowpeak

焚き火台を支える三角板材とパイプには、ステンレス材質を採用。焚き火の火力に負けないタフな仕様を誇る。

別売りのオプションが充実しており、アウトドア料理のレパートリーを広げてくれる。

出典:snowpeak

別売りのオプションが充実しており、アウトドア料理のレパートリーを広げてくれる。

スノーピーク 焚き火台(S)

  • サイズ:285×285×205(h)mm
  • 収納サイズ:350×410×25mm
  • 重量:1.8kg
  • セット内容:本体、収納ケース
  • 特長:ソロシーンでも気軽に使えるサイズ。小さくても頑丈さは変わりません。旅に持ち出したくなる焚火台です。
  • 材質:本体/ステンレス、ケース/ナイロン

VARGO/バーゴ 【ファイヤーボックスグリル チタン】

VARGO/バーゴ 【ファイヤーボックスグリル チタン】

出典:ヤフーショッピング

重量164gの超々軽量チタン製の焚き火台。
ファストパッキングやウルトラライトスタイルに最適。
いつでもどこでも、手軽に焚き火と調理を楽しむことができる。

VARGO(バーゴ)は、アメリカのアウトドアギアブランドで、主にチタン製の軽量で耐久性に優れた製品を展開。軽量化を目指すファストパッキングやULスタイルのミニマリストから高い評価を受けています。

バーゴのファイヤーボックスグリル チタン最大の魅力は、重量164gの超軽量でコンパクトな収納を実現していること。素材には、軽量で腐食性、耐久性、サビに強いチタンを採用しています。

設営と撤収もシンプルな設計になっているため、どなたでも簡単につかうことが可能。まさに、ネイチャーストーブにふさわしいスペックを誇る。

ゼロイチキャンプ編集部

ファストパッキングやウルトラライトスタイルなど、ミニマリストから絶大な人気を誇るVARGO(バーゴ)。

本体は細部にいたるまで精巧に作られおり、少ない燃料で効率よく燃焼ができる仕様になる。自然のなかに落ちている小枝や松ぼっくりなどで、簡単に焚き火や調理をすることできます。

またグリル調理やクッカー、フライパンを使った本格的なアウトドア調理ができます。まさにソロキャンプや登山、釣り、ツーリングなど、すべてのアウトドアに最適な焚き火台となる。

バーゴのファイヤーボックスグリル チタンは、コンパクトに折りたたむことができる。

出典:ヤフーショッピング

バーゴのファイヤーボックスグリル チタンは、収納サイズ約205x110x20mmにコンパクトに折りたたむことができる。

焚き火とグリルを使ったアウトドア調理を手軽に簡単に楽しむことができる。

出典:ヤフーショッピング

燃焼効率の高い設計により、焚き火とグリルを使ったアウトドア調理を手軽に簡単に楽しむことができる。

収納と持ち運びに便利な専用ケースが付属されている。

出典:ヤフーショッピング

ファイヤーボックスグリル チタンには、収納と持ち運びに便利な専用ケースが付属される。

VARGO/バーゴ ファイヤーボックスグリル チタン

  • 材質:チタニウム
  • サイズ:L205×W205×H80mm
  • 収納サイズ:約205×110×20mm
  • 重量:164g
  • 付属品:収納ケース

【おすすめ情報】焚き火のヒーリング効果とは、f/1ゆらぎ(えふぶんのいち“ゆらぎ”)

【おすすめ情報】焚き火のヒーリング効果とは、f/1ゆらぎ(えふぶんのいち“ゆらぎ”)

「焚き火をみていると、とても落ちついて、リラックスできる」

焚き火には「1/f(えふぶんのいち“ゆらぎ”)」といわれる要素が含まれており、視覚的にも、聴覚的にも感じとることができます。

1/f(えふぶんのいち“ゆらぎ”)とは、一定のようでいて、予測できない不規則な“ゆらぎ”を指し、居心地のよい空間と情報を与え、人の心を落ちつかせるといわれます。

ヨシダ✕シンペイ

近年、焚き火にはヒーリング効果があることが科学的にわかってきました。

ゼロイチキャンプ編集部

水の流れる音や小鳥のさえずり、焚き火の炎、風の音など、自然界には多くのf/1ゆらぎが存在します。

ヒーリング効果とは、ストレスによる疲れや、不安、怒り、悲しみなどのネガティブな感情を軽減したり、解消したりすることをいいます。

まとめ

まとめ

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

【ソロキャンプ】最強のソロ焚き火台に関連した、おすすめの記事。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次