【優良記事】ソロキャンプ向けおすすめのナイフ17選。失敗しない選びかたを解説。

こんにちわ。ゼロイチキャンプです。

ソロキャンプでは調理をしたり焚き火をしたり、ブッシュクラフトをしたりするなど、さまざまなキャンプシーンにナイフを使います。

アウトドアナイフがあることで食材をカットしたり、ブッシュクラフトしたり多目的ツールとして使うことができたりするなど、ソロキャンプの利便性を向上できます。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプにナイフが1本あるだけで、利便性や快適性を大幅に向上することができる。

ただし、ソロキャンプに必要なナイフには、シースナイフやフォールディングナイフ、マルチツールナイフとよばれる種類があります。

また刃の素材や形状、大きさ、厚みに違いがあるなど、選ぶときにいくつかのポイントがある。

そのため、見た目のデザインや何となくでナイフを選んでしまうと、ソロキャンプの目的に合わなかったりするなど、逆に利便性や快適性を損なうことになる。

ゼロイチキャンプ編集部

失敗しないナイフ選びをすることが、とても大事です。適当にデザインや他人が持っているなど、適当に選ぶことはNGです。

そこで今回のゼロイチキャンプでは、ソロキャンプに必要なナイフについてわかりやすく解説します。アウトドアナイフの種類や選びかた、使いかたまで完全攻略の内容になっています。

この記事を最後まで読んでいただれば、ソロキャンプで失敗しないナイフ選びができる内容になっています。ぜひ、最後までお付き合いください。

この記事を読んでわかること、役立つ情報。

  • ソロキャンプに必要なナイフの知識をわかりやすく解説します。
  • ソロキャンプでの、ナイフの使いかたを解説します。
  • アウトドアナイフを選ぶときの、おすすめポイントを紹介。
  • 最新のソロキャンプにおすすめの最強ナイフを紹介。
  • ソロキャンプで失敗しないナイフを選ぶことができる。

下の記事では、これからブッシュクラフトを始めたいかたや初心者のかたに、必要な道具や始めかたを解説。ぜひ、読んでもらいブッシュクラフトを楽しんでほしい。

目次

ソロキャンプのナイフの用途とは。調理やブッシュクラフトができる。

ソロキャンプのナイフの用途とは。ブッシュクラフトや調理ができる。

ソロキャンプではナイフを調理に使うことはもちろんですが、その他にもブッシュクラフトしたりロープを切断したり、マルチツールとして使ったりできます。

ソロキャンプはテント設営や調理、焚き火、ブッシュクラフトなど、すべてのことを1人でやらなければいけません。

またソロキャンプにはツーリングやバックパックキャンプ、ブッシュクラフト、ULキャンプなど、さまざまなキャンプスタイルがあります。

アウトドアナイフはすべてのキャンプスタイルや、キャンプシーンに最適なキャンプ道具であり、ナイフが1本あるだけで利便性や快適性を向上することができます。

ゼロイチキャンプ編集部

アウトドアナイフがあれば、ソロキャンプをより充実に楽しくすることができる。

アウトドアナイフは、調理ができる。

ナイフは、料理をするときに便利。

ソロキャンプの楽しみに、本格的なアウトドア調理と答える方も多い。アウトドアナイフがあれば、食材をカットしたりできます。

包丁は食材を切ったりするには大変便利ですが、ブッシュクラフトしたりバトニングしたりすることはできません。したとしても、すぐに刃が欠けたり折れたりしてしまう。

アウトドアナイフであれば調理もブッシュクラフトも、なんでもできる。この利便性の高さこそが、アウトドアナイフの魅力です。

またアウトドアナイフは軽量でコンパクトなものが多く、携行性と収納性に優れていることもメリットにあります。

ヨシダ✕シンペイ

アウトドアナイフには、頑丈で切れ味の良いナイフがあります。鶏肉や牛肉、魚の骨でも切断でき、調理の幅を広げることができる。

ゼロイチキャンプ編集部

アウトドアナイフは機能性や携行性、収納性に優れています。多目的に使うことができるメリットがある。

【まとめ記事】下の記事では、初心者向けソロキャンプやブッシュクラフトに必要な調理器具をわかりやすく解説しています。ぜひ、こちらチェックしてください。

アウトドアナイフは、ブッシュクラフトができる。

アウトドアナイフは、ブッシュクラフトができる。

アウトドアナイフがあれば、木や薪をつかってブッシュクラフトをすることができる。ブッシュクラフトはソロキャンプの快適性や利便性、携行性などを向上できるテクニック。

ブッシュクラフトとは、山や森など自然環境の中における「生活の知恵」の総称のこと。ブッシュクラフトは自然で生きていくための、技術や行動を身につけることを目的とする。

Bush(ブッシュ)は英語で「茂み」を意味し、Craft(クラフト)は英語で工作を意味しますので、ブッシュクラフトは、2つの言葉を合わせた造語になる。

ナイフをつかったブッシュクラフトでは、バトニングしたりフェザースティックや小さいものをクラフトしたりできます。

ヨシダ✕シンペイ

ブッシュクラフトにアウトドアナイフは欠かせません。バトニングにフェザースティック、ペグ、箸など、クラフトできる。

【おすすめ記事】ブッシュクラフトにおすすめの手斧(ハチェット)を特集しています。軽量でコンパクトな手斧は、まさにソロキャンプにおすすめ。

アウトドアナイフは、ロープや植物のツタを切断できる。

ナイフはロープや植物のツタなどを切断できる。

ソロキャンプでは、テントやタープの設営にロープを使用します。またブッシュクラフトや野営では、ロープの代わりに植物のツタを代用することもある。

ソロキャンプやブッシュクラフト、野営では、ロープを使う機会が多い。

とくにテントやタープの設営ではロープを使用するため、ロープの長さを切断したりするときにアウトドアナイフが便利。

ゼロイチキャンプ編集部

パラコードなど、包丁では切断がむずかしい素材でも、アウトドアナイフは簡単に切ることができます。

ブッシュクラフトや野営キャンプでは、あえてロープを使用せずに植物のツタやツルを利用することがあります。

ブッシュクラフトや野営キャンプでは、あえてロープを使用せずに植物のツタやツルを利用することがあります。

植物のツタをテントやタープのロープに代用したり、トライポッドを作るときに結んだりするなど、機能的で耐久性のある植物のツタは便利です。

ただし、植物のツタは硬く切るときに滑ることがあります。このようなキャンプシーンにも、頑強で刃が厚いアウトドアナイフであれば、簡単にツタを切断できます。

下の記事では、ソロキャンプ用の軽量でコンパクトな焚き火台を特集しています。ナイフと焚き火台の相性は抜群です。

【ソロキャンプ】失敗しないナイフの選びかたを解説。

【ソロキャンプ】失敗しないナイフの選びかたを解説。

ソロキャンプ向けのアウトドアナイフを選ぶときにはキャンプスタイルや目的、移動手段に合わせて選択することが大切になる。

一般的にアウトドアナイフにはシースナイフやフォールディングナイフ、マルチツールナイフがあります。

またナイフを選ぶときには刃の素材や長さ、厚み、ハンドル、タング、グラインドなど、ナイフの性能に関わる大切なポイントがあります。

そのためアウトドアナイフを適当に選んだり、見た目の良さで選んだりしてしまうと、結果的にキャンプスタイルや目的に合わないナイフを選ぶことになってしまう。

ヨシダ✕シンペイ

ナイフを選ぶときには、これから紹介する6つのポイントを押さえることが大切です。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロキャンプ用のアウトドアナイフを選ぶときには、目的と移動手段にあったものが必要となる。

アウトドアナイフを選ぶときの6つのポイント。

  • アウトドアナイフの種類を解説。
  • アウトドアナイフのパーツ名称を覚えよう。
  • タングとは。ハンドル内にあるブレードの鋼材のこと。
  • グラインドとは。ブレード(刃)の形状のこと。
  • アウトドアナイフに使われる刃の素材、刃の長さ、刃厚とは。
  • アウトドアナイフに使われる、グリップ素材とフィット感とは。

アウトドアナイフの種類について。

アウトドアナイフの種類について。

一般的にソロキャンプで使うアウトドアナイフにはシースナイフやフォールディングナイフ、マルチツールナイフとよばれる種類があります。

アウトドアナイフの種類によって機能性や耐久性、携行性、収納性、利便性など、さまざまな性能が異なります。

そのためソロキャンプ向けのナイフを選ぶときにはキャンプスタイルやソロキャンプの目的、移動手段に合わせて選択することが大切となる。

ゼロイチキャンプ編集部

ソロキャンプにはツーリングやブッシュクラフト、野営、ULキャンプなど、さまざまなキャンプスタイルがある。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプの目的にも調理や焚き火、ブッシュクラフト、軽量化など、キャンパーによって目的が異なる。

アウトドアナイフの種類とは。

  • シースナイフ
  • フォールディングナイフ
  • マルチツールナイフ

シースナイフ

シースナイフ

シースナイフとは、刃を収納するためのケースが付属されているナイフのことをいう。Sheath Knife(シースナイフ)の「Sheath」とは、日本語で鞘(さや)を意味する。

シースナイフはブレード(刃)とハンドルが一体化されているため、他のナイフと比較すると耐久性や耐衝撃性に優れ、頑強な仕様を誇る。

そのためシースナイフはソロキャンプをはじめ、ブッシュクラフトや野営、サバイバル、釣り、狩猟など、多目的なアウトドアで活躍する。

ゼロイチキャンプ編集部

シースナイフはバトニングやチョッピングなど、力のいるブッシュクラフトに最適。

フォールディングナイフ

フォールディングナイフ

出典:UPI

フォールディングナイフは折りたたみ式を採用しているため、ブレード(刃)をハンドルに収納できるナイフのことをいいます。

フォールディングナイフは軽量でコンパクトである形状を生かし、持ち運びや収納に便利な仕様となる。とくに、バックパックキャンプやツーリング、ULキャンプなど、軽量化を目指すソロキャンパ―におすすめです。

また機能的で操作性、快適性に優れるフォールディングナイフは、本格的なアウトドア調理からフェザースティック、簡単なブッシュクラフトなど、多目的に使うことができる。

ヨシダ✕シンペイ

フォールディングナイフにはロック機能が付いているため、安全に使用したり持ち運びしたりできる。

ゼロイチキャンプ編集部

フォールディングナイフは、シースナイフの予備にもおすすめ。またシースナイフと使い分けたりしても良い。

下の記事では、ソロキャン向けのバックパックを特集しています。人気のミリタリーバッグからULバックパックまで完全攻略となる。

マルチツールナイフ

マルチツールナイフ

マルチツールナイフは別名で、アーミーナイフや十徳ナイフともよばれており、複数の機能を備えたナイフのことをいいます。

マルチツールナイフの機能にはナイフのほかにハサミやドライバー、プライヤー、缶切り、スクリューなど、多機能を備えています。

マルチツールナイフはシースナイフやフォールディングナイフと比較すると、切れ味や耐久性は劣りますが、利便性や携行性、収納性に優れています。

またマルチツールナイフはアウトドアのほかに、緊急時や防災用としても便利となっている。

ヨシダ✕シンペイ

マルチツールナイフは多機能で携行性、収納性に優れているためサブナイフにもおすすめです。

アウトドアナイフのパーツ名称を覚えよう。

アウトドアナイフの各パーツの名称とは。

ナイフパーツの名称を覚えることで、より専門的で深いナイフの知識を得ることができます。ここから先の解説にはナイフパーツの名称が出てくるため、しっかりと覚えましょう。

アウトドアショップやネットでナイフを購入するときにも、ナイフのパーツ名称は必ずといっていいほど使われています。

ナイフのパーツ名称を覚えることで、失敗しないナイフ選びができるようになっていきます。

ヨシダ✕シンペイ

アウトドアナイフのパーツの名称を覚えると、ナイフがとても楽しいキャンプ道具になります。

ブレードナイフに使われる、刃の全体の総称になります。
エッジ物を切るための鋭利な部分。研削した形状をグラインドという。
スパイン(背)ブレードの背にあたる部分のことをいいます。スパインにはエッジがありません。
ハンドル(グリップ)ハンドルやグリップ、柄(つか)とよばれており、ナイフの持ち手部分のことを指す。ハンドルは、ナイフの操作性やグリップ性能に関係する。
タングブレードとハンドルをつなぐ構造のことをいいます。タングにはいくつかの形状があり、耐久性や耐衝撃性、安定性、軽量性など、ナイフ選びにおける重要な部分となる。

タングとは。ハンドル内にあるブレード鋼材のこと。

タングとはハンドル内に納まっている、ブレード鋼材のことをいいます。タングは形状によって耐久性や耐衝撃性、機能性、軽量性など、性能や重量に違いがある。

アウトドアナイフにはフルタングやハーフタング、ナロータング、コンシールドタングなど、いくつかの種類があります。

またタングによって耐久性や耐衝撃性、機能性、軽量性など、性能や重量に違いがあるため、アウトドアナイフを使用する目的にあわせた選択が必要になります。

ソロキャンプの目的には本格的なアウトドア調理や焚き火、バトニング、ブッシュクラフト、ロープの切断など、ソロキャンパーによって異なる。

ゼロイチキャンプ編集部

タングはアウトドアナイフを選ぶときの、重要ポイントです。ソロキャンプの目的にあった、タングを選びましょう。

アウトドアナイフのタングについて。

  • フルタング
  • ハーフタング
  • コンシールドタング
  • ナロータング

フルタング

フルタング

フルタングはブレードに使われる鋼材が、ハンドルの末端まである構造のことをいいます。フルタングは耐久性や耐衝撃性など、タングのなかでいちばん剛性である。

フルタングはブレードとハンドルが一体化しているため、非常に耐久性や耐衝撃性、剛性に優れるタングとなる。

そのため、フルタングはバトニングやチョッピングなど、強度の高いブッシュクラフトに最適です。またフェザースティックや調理を楽しむこともできる。

ヨシダ✕シンペイ

フルタングは最強のアウトドアナイフです。頑強でねじれにも強く、ハードなブッシュクラフトを楽しめる。

フルタングは他のタングと比較すると、ブレード鋼材を使う量が多いためとても重量があります。

ただし、フルタングは他のタングと比較すると、ブレード鋼材を使う量が多いためとても重量があります。そのため、携行性と収納性は下がります。

また上の写真のようにハンドルからブレード鋼材が剥きだしとなっているため、ハンドルを中心としてサビやすいこともデメリットにある。

ゼロイチキャンプ編集部

フルタングはハンドルからブレード鋼材が露出しているため、露出部分から錆びることがある。使用後のメンテナンスが大事。

下の記事ではブッシュクラフトにおすすめ”最強のフルタングナイフ”を紹介しています。バトニングやチョッピングなど武骨なキャンプ用のナイフを探している方にみてほしい。

ハーフフルタング

ハーフフルタング

ハーフタングはブレードに使われる鋼材が、フルタングのおよそ半分にしたタングのことをいいます。

ハーフタングはフルタングほどの剛性はありませんが、それでもナロータングやコンシールドタングと比較すると、耐久性や耐衝撃性に優れます。

そのため、ハーフタングは比較的軽量で耐久性や耐衝撃性、操作性、携行性など、バランスの良いタングとなっています。

ゼロイチキャンプ編集部

ハーフタングはフルタングの剛性を残しつつ、操作性や携行性に優れるバランスの良いタングとなる。

コンシールドタング

コンシールドタング

コンシールドタングはハンドル内のブレード鋼材をうすく削り。左右のハンドル材によって、ブレード鋼材を挟み込む形状となる。そのため、ブレード鋼材がハンドル内に完全に収まり、外部からは見えない。

コンシールドタングは軽量で操作性、快適性、収納性に優れる特徴があります。そのため、調理やフェザースティックなど、強度の小さいブッシュクラフトにおすすめ。

またコンシールドタングはハンドル内にブレード鋼材が完全に収まっているため、ハンドル部分のブレード鋼材が錆びないこともメリットにある。

ヨシダ✕シンペイ

コンシールドタングはハンドル内にタングが収まっているため、錆びにくくメンテナンスが少なくて済む。

ナロータング

ナロータング

ナロータングはハンドル内に穴をあけて、ブレード鋼材であるタングを差し込みます。タングを固定するときには、ネジやエポキシ系樹脂をつかい固定する方法がある。

ナロータングは、軽量で操作性、耐久性、携行性など、バランスに優れた特徴があります。そのため調理やフェザースティックなど、強度の小さいブッシュクラフトにおすすめ。

ナロータングは別名で、マウステールタングともよばれています。諸説あるが、ねずみのしっぽにタングが似ていることから由来されている。

ゼロイチキャンプ編集部

ナロータングは人気ナイフメーカー「モーラナイフ」のコンパニオンに採用されています。

グラインドとは。ブレード(刃)の断面形状のこと。

グラインドとは。ブレード(刃)の断面形状のこと。

グラインドとは、ナイフのブレード(刃)の形状のことをいいます。グラインドは先述した、タングと同じくらいナイフを選ぶときの重要ポイントです。

グラインドの違いには調理に適していたり、薪を割ったり削るなどアウトドアに適していたり、または両方の性能をバランスをよく備えていたりするなど、グラインドの形状によって異なります。

またグラインドの形状によって耐久性や切れ味、切れ方、操作性、使い心地、メンテナンスなど、多くの違いがあります。

そのためアウトドアナイフを選ぶときには、使う目的やキャンプスタイルにあわせてグラインドを選択することが大切となる。

ヨシダ✕シンペイ

グラインドはナイフの刃を、千歳あめのように輪切りにしたと仮定し、カットされた断面の形状といえばわかりやすい。

ゼロイチキャンプ編集部

グラインドは、ソロキャンプの目的によって選ぶベースが決まってくる。

下の記事では、ブッシュクラフトにおすすめのアウトドア用ノコギリを特集しています。ナイフとノコギリをセットで使うことで、利便性を大幅に向上できる。

ベベルについて。

ベベルについて。

Bevel(ベベル)とは、日本語で「傾斜」を意味します。アウトドアナイフではベベルのことを、スパインからエッジに向けた傾斜を指します。

このあとグラインドの解説をするにあたり、刃の性能に関わる「ベベル」という用語がでてきます。

ベベルはグラインドの形状によって、シングルベベルとセカンダリーベベルがあり、傾斜の角度や数が異なります。

またシングルベベルとセカンダリーベベルでは耐久性や切れ味、耐衝撃性、操作性などにちがいがあります。

ヨシダ✕シンペイ

セカンダリーベベルは、別名マイクロベベルや糸刃、糸小刃ともよばれている。

刃を研ぐときも、シングルベベルとセカンダリーベベルでは、メンテナンスの難易度や時間が異なります。

セカンダリーベベルは、刃先1㎜ほどに付いている小刃のことを指します。セカンダリーベベルの利点には、刃のチップや方つぶれを防ぎ、耐久性が向上します。

また刃を研ぎなおすときもセカンダリーベベルが付いていることで、シングルベベルと比較すると簡単に研ぎなおしができます。

刃を研ぐときはシングルベベルとセカンダリーベベルでは、メンテナンスの難易度や時間が異なります。

ゼロイチキャンプ編集部

セカンダリーベベルの刃を研ぎなおすときは、刃先1㎜以下を研ぐだけなので時短ができます。

ヨシダ✕シンペイ

セカンダリーベベルの刃を研ぐときは、刃先1㎜以下を研ぐため、慣れるのに練習が必要です。

アウトドアナイフのグラインドの種類。

  • ホローグラインド
  • フラットグラインド
  • スカンジグラインド
  • チゼルグラインド
  • コンベックスグラインド

下の記事では、ナイフの刃を研ぐ方法やコツを完全解説しています。ナイフの刃が欠けたり切れ味が落ちたり、サビたときは研ぐ必要があります。

ホローグラインド

ホローグラインド

ホローグラインドはブレードの断面が、刃の途中から先端に向かって曲線を描きながら薄くなっている形状のことをいいます。

調理を目的とするナイフはホローグラインドを採用することが多く、繊細で精密な作業ができる特徴があります。

ホローグラインドは切れ味の鋭いベベルを生かし、調理やフェザースティック、ロープの切断など、強度の低いブッシュクラフトに向いています。

そのためホローグラインドでバトニングやチョッピングなど、強度の高いブッシュクラフトをすると、刃がチップ(欠け)したり折れたりすることになる。

ゼロイチキャンプ編集部

ホローグラインドは、アウトドア調理を目的とするソロキャンパーにおすすめです。

ホローグラインドのブレード(刃)には、セカンダリーベベルが付いています。

そのため、ホローグラインドの刃を研ぎなおすときは、セカンダリーベベルである刃先1㎜以下を研ぎます。研ぐのに慣れるまで練習が必要ですが、慣れてしまうと簡単で時短ができます。

フラットグラインド

フラットグラインド

フラットグラインドは、ブレードの断面をみるとV字型になっている。スパイン(背)から刃先に向かってストレートになっている特徴があります。

フラットグラインドはブレードの厚みもあり、耐久性や耐衝撃性、切れ味、重量などバランスに優れている。

そのためフラットグラインドは、バトニングやチョッピングなど強度の高いブッシュクラフトからフェザースティックまで、ユーティリティに富んだクラフトを楽しめる。

ゼロイチキャンプ編集部

フラットグラインドは刃厚が太いため、耐久性や耐衝撃性に優れている。

フラットグラインドのブレード(刃)には、セカンダリーベベルが付いています。

そのため、フラットグラインドの刃を研ぎなおすときは、セカンダリーベベルである刃先1㎜以下を研ぎます。研ぐのに慣れるまで練習が必要ですが、慣れてしまうと簡単で時短ができます。

スカンジグラインド

スカンジグラインド

スカンジグラインドとは、ブレードの1/2~1/3あたりから、先端に向かって研削した形状のことをいいます。

スウェーデンとノルウェー、デンマークの北欧3ヶ国をスカンジナビア地方とよび、スカンジグラインドはこれらの地方で発展したことから、その名がつけられたといわれている。

スカンジグラインドはブレードの厚みを維持しつつ、フラットなベベルによる切れ味の良さが魅力にあります。

そのため耐久性と切れ味を生かしたスカンジグラインドは調理やブッシュクラフト、バトニング、ロープの切断など、すべてのキャンプシーンで活躍できる。

ヨシダ✕シンペイ

スカンジグラインドは、ブッシュクラフトから調理までこなせる万能性が魅力にある。

スカンジグラインドはシングルベベルとなっているため、刃を研ぎなおすときは傾斜であるベベルを中心に研ぐ必要があります。

スカンジグラインドは砥石をつかって研ぐときも、ベベルの形状が大きく安定しているため比較的に簡単なことがメリットにあります。

ゼロイチキャンプ編集部

スカンジグラインドはベベルの形状が平面のため、砥石をつかって研ぎやすいことから、初心者にもおすすめです。

チゼルグラインド

チゼルグラインド

チゼルグラインドとは、片方のベベルだけを研削した形状のことをいいます。チゼルグラインドのように、片方の面だけ研削したものを片刃とよび、両面を研削したものを両刃という。

チゼルグラインドは片側にベベルを形成されているため、耐久性や剛性があります。また片刃の特徴を生かし、木を削るのに適した形状となる。

ただし、チゼルグラインドを扱うときには注意が必要で、利き手によって使用する刃の付く方向が異なります。

ヨシダ✕シンペイ

チゼルグラインドのチゼルとは、日本語で鑿(のみ)を意味します。

ゼロイチキャンプ編集部

鑿(のみ)や木工用ナイフは、片刃になっているため、木を削るのに適している。学校の授業で木工用ナイフを使って、えんぴつを削った経験があるのではないだろうか。

チゼルグラインドはシングルベベルとなっているため、刃を研ぎなおすときは傾斜であるベベルを中心に研ぐ必要があります。

チゼルグラインドは砥石をつかって研ぐときも、ベベルの形状が大きく安定しているため比較的に簡単なことがメリットにあります。

コンベックスグラインド

コンベックスグラインド

コンベックスグラインドは、別名「ハマグリ刃」ともよばれており、ブレードの断面が外に膨らんでいる形状のことをいいます。

コンベックスグラインドは背から刃先に向かってカーブを描き、ベベルを形成している。またコンベックスグラインドは耐久性と切れ味のバランスがよく、重量のあるブレードとなっています。

そのためコンベックスグラインドはバトニングやチョッピングなど、強度の高いのブッシュクラフトにおすすめです。

ゼロイチキャンプ編集部

コンベックスグラインドは手斧や鉈(なた)にも採用されている。耐久性のある刃は、薪割りにおすすめとなる。

コンベックスグラインドはシングルベベルとなっているため、刃を研ぎなおすときは傾斜であるベベルを中心に研ぐ必要があります。

コンベックスグラインドは砥石をつかって研ぐときも、ベベルの形状が大きく安定しているため比較的に簡単なことがメリットにあります。

下の記事では、ソロキャンプとブッシュクラフトに最強の手斧を特集しています。手斧のブレードはコンベックスグラインドを採用することが多い。

アウトドアナイフに使われる刃の素材、刃の長さ、刃厚を解説。

アウトドアナイフに使われる刃の素材、刃の長さ、刃厚とは。

アウトドアナイフを選ぶときには、ブレード(刃)に使われている素材や長さ、刃厚を確認しましょう。

ブレード(刃)に使われる素材や長さ、刃厚のちがいには操作性や切れ味、耐久性、耐食性(サビに強い)、軽量性などが異なります。

一般的にアウトドアナイフのブレード素材にはステンレスやカーボンが使われています。 また刃の長さと刃厚は、シースナイフやフォールディングナイフ、マルチツールなど、種類や用途によって変化する。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプの目的にあった適切なブレードを選択することが大切になります。

下の記事は、筆者がガチのブッシュクラフトキャンプを体験していきました。ナイフをつかってクラフトをしていますので、こちらも参考にどうぞ。

【アウトドアナイフ】ブレード(刃)の素材について。

一般的にアウトドアナイフのブレードに使われる素材には、ステンレススチールとカーボンスチールがあります。

ナイフのブレード素材によって耐久性や耐衝撃性、切れ味、耐食性、重量にちがいがあるため、ソロキャンプの目的に合わせた選択が必要となる。

のちほど紹介するナイフのなかで、ブレード素材にH-1という鋼材使われているものがある。そのため、H-1鋼材についても解説したい。

ヨシダ✕シンペイ

とくにブレードの素材は、メンテナンスに関わる重要ポイント。ナイフの購入前にチェックしよう。

ステンレス

ステンレススチールは、耐久性や耐食性(サビに強い)に優れます。

そのため他の鋼材と比較すると、ステンレスは水に強く錆びにくい素材のため、とても扱いやすいメリットがあります。

ステンレススチールは比較的やわらかい鋼材のため、チップとよばれる刃こぼれをしやすいことがあります。しかし、やわらかい特徴を生かし研ぎやすいため、初心者にも安心して使える鋼材となる。

ヨシダ✕シンペイ

ステンレススチールは初心者にも安心して使うことができるため、多くのアウトドアナイフに使われる素材である。

カーボンスチール

カーボンスチールは硬度が高く、切れ味に優れる素材となる。

ステンレスと比較すると、カーボンスチールは刃の保持力を高く維持できるメリットがあります。とくにブッシュクラフトをするうえで、刃の保持力は大切です。

カーボンスチールは比較的やわらかい素材ですので、刃を研ぎやすくメンテナンスがしやすいことが魅力にあります。こまめにメンテナンスをする方であれば、硬度と切れ味に優れるカーボンスチールはおすすめです。

カーボンスチールのデメリットとして水や湿気に弱く、サビやすいことがあげられます。

ただし、カーボンスチールのデメリットとして水や湿気に弱く、サビやすいことがあげられます。

カーボンスチールを素材とするアウトドアナイフは、ステンレス製のナイフと比較するとメンテナンスの重要度が大事になる。とくに使用後はオイルを塗布したり、乾燥のある保管環境が大切となります。

ゼロイチキャンプ編集部

カーボンスチール製のナイフは、水に弱く錆びやすい。こまめなメンテナンスが必要となります。

下の記事では、カーボンスチール刃を採用した最強のフルタングナイフとうたわれるKA-BARのベッカーBK2をレビューしています。バトニングやチョッピングなど、ハードなブッシュクラフトにおすすめ!

H-1

H-1鋼材は、錆びないをテーマに開発されたステンレスのことをいいます。

H-1鋼材は防錆性が非常に高く、海水に数か月浸しても錆びが確認できないといわれています。またH-1鋼材は硬度も高く、耐摩擦性に優れています。

そのためH-1鋼材はソロキャンプや釣り、カヌー、カヤックなど、水辺のアウトドアに最適となっている。

H-1はサビの発生を抑えることができるので、刃物油を塗ったりメンテナンスの手間を軽減できます。ただし、一般的なステンレスと比較すると、やや強度が劣ることがデメリットにあげられます。

ゼロイチキャンプ編集部

H-1鋼材は、錆びないをテーマに開発されたステンレス。メンテナンスが苦手なかたには、とてもおすすめの素材です。

アウトドアナイフのブレード(刃)の長さについて。

アウトドアナイフは、種類や製品によってブレードの長さが異なります。一般的なアウトドア用にナイフを選ぶ場合は、刃の長さ70㎜~140㎜ほどがおすすめとなる。

アウトドアナイフはブレード(刃)の長さによって操作性や耐久性、携行性、重量などにちがいがあります。

またシースナイフやフォールディングナイフ、マルチツールナイフなど、アウトドアナイフの種類によっても刃の長さが違うことがある。

ゼロイチキャンプ編集部

ナイフのブレードの長さは、操作性や使い心地に関係がある。

ブレードの短いナイフは軽量でコンパクトなため操作性や携行性、収納性に優れます。

ブレードの短いナイフは軽量でコンパクトなため操作性や携行性、収納性に優れます。そのため、調理やフェザースティックなど、強度の小さいブッシュクラフトにおすすめです。

とくに機能性を重視するマルチツールナイフや、携行性と収納性に優れたフォールディングナイフでは短いブレードを採用することが多い。

シースナイフなど、ブレードの長いナイフは耐久性や切れ味、重量を生かしバトニングやチョッピングなど、強度の高いブッシュクラフトに適しています。

ただし、ブレードの長いナイフは取り扱いが難しいことがあるため、初心者は注意が必要です。また重量があるため、携行性と収納性が下がることがあります。

ヨシダ✕シンペイ

強度の高いブッシュクラフトは、切れ味が落ちるのも早い。よりメンテナンスが重要となる。

下の記事では、ソロキャンプ向け最強のクッカーを特集しています。ソロキャンプにクッカーは最適な調理器具となる。

ブレード(刃)の厚み

アウトドアナイフは、ブレード(刃)の厚みによって耐久性や耐衝撃性、操作性、重量などにちがいがあります。ソロキャンプの目的にあわせて、適切な刃の厚みを選ぶことが大切になる。

刃厚が厚いアウトドアナイフは耐久性や耐衝撃性に優れるため、バトニングやチョッピングなど、強度の高いブッシュクラフトにおすすめです。

ただし、刃厚が厚すぎると調理や繊細なブッシュクラフトに不向きな面もあります。また刃の厚みに比例して、重量も重くなり、携行性と収納性を下げることになるので注意しましょう。

ヨシダ✕シンペイ

ナイフでバトニングをするときは、刃厚3㎜以上を目安に選ぶことをおすすめします。

アウトドアナイフの刃厚が薄いほど操作性や切れ味、軽量性に優れているため、調理やフェザースティックなど、繊細な作業に向いています。

ただし、刃厚の薄いアウトドアナイフは耐久性や耐衝撃性に弱いため、バトニングやチョッピングをすると刃がチップしたり、最悪の場合に折れてしまうこともある。

ゼロイチキャンプ編集部

刃厚の薄いナイフでバトニングをすると、刃が折れることもある。ケガの原因になるため、注意しましょう。

下の記事では、ソロキャンプ向けのまな板やカッティングボードを特集しています。ナイフとまな板はセットで使いたい。

アウトドアナイフに使われる、グリップ(ハンドル)素材とフィット感とは。

アウトドアナイフに使われる、グリップ(ハンドル)素材とフィット感とは。

アウトドアナイフを実際に使うときに大切になることが、操作性や使い心地になる。ナイフのハンドル素材と形状は、操作性と使い心地に関係するポイントです。

一般的にアウトドアナイフのハンドル素材には木製やラバー、樹脂などが使われています。

またハンドルの形状や大きさはナイフによって異なるため、自分の手のサイズやフィット感にあわせた選択が必要となる。

ヨシダ✕シンペイ

ナイルのハンドル素材は、グリップ性やフィット性、耐久性、耐水性、軽量性などに関わる。

木製のハンドル(グリップ)について。

木製のハンドル(グリップ)について。

木製のハンドルは、自然の風合いや美しいデザインが特徴にあります。木製のハンドルは長年使用していると、色があせたり黒ずんできたりしますが、アウトドアでは経年劣化として楽しめる。

また木製のハンドルは手に馴染みやすく、操作性やフィット感に優れています。木製のハンドルはグリップ力もあるので、軽快なブッシュクラフトができる。

ゼロイチキャンプ編集部

木製のハンドルは木目や木によってそれぞれデザインが異なり、唯一無二の自分だけナイフとなる。

下の記事では、ソロキャンプ向けのミニテーブルを特集しています。ミニテーブルの素材には、ステンレスやカーボン、チタンな度が使われる。

ラバーハンドル(グリップ)について。

ラバー素材のハンドル(グリップ)について。

ラバーハンドルは木製や樹脂ハンドルと比較すると、いちばんグリップ力に優れます。ハンドルには凹凸やエンボス加工が施されているため、抜群のグリップ力とフィット性を実現する。

またラバーハンドルは耐衝撃性と耐久性、耐水性にも優れた特徴があるため、水に濡れた状態でも安定して使うことができます。

ヨシダ✕シンペイ

ラバー素材のハンドルは滑りにくいため、刃物によるケガを軽減することができる。

ナイフのハンドルに、ヒルトを付属する。

アウトドアナイフのなかには、上の画像のようにブレードとハンドルの間に”ヒルト”が備わっているものがある。

ヒルトはナイフを操作しているときに、手がブレード(刃)に滑るのを防止してくれます。ヒルトが備わっているナイフはケガを軽減してくれるので、とくに初心者には安心です。

ゼロイチキャンプ編集部

ヒルトは指や手のケガを防いでくれるだけでなく、ナイフの操作性やフィット性を向上できる。

樹脂素材のハンドル(グリップ)について。

樹脂素材のハンドル(グリップ)について。

樹脂製のハンドルは軽量で耐久性、耐食性、耐水性に優れています。

また樹脂製のハンドルは生産性が高いため、商品のコストダウンが見込めるメリットがあります。

ただし、樹脂製のハンドルは汗や水に濡れた状態だと滑りやすいというデメリットがあります。グリップ力と操作性では、木製やラバーハンドルに軍配が上がる。

ヨシダ✕シンペイ

樹脂製のハンドルでも、革や耐熱グローブを使用すれば安定したグリップ力で快適に楽しめます。

下の記事では、刃物や焚き火をするときに重宝する耐熱グローブを特集しています。耐熱グローブはケガや火傷から守ってくれる。

ソロキャンプにおすすめのシースナイフ

MORAKNIV/モーラナイフ 【コンパニオン (S) ステンレス】

■シースナイフ

モーラナイフ コンパニオン

出典:UPI

はじめてのシースナイフにおすすめの1本。
圧倒的なコスパと高品質を兼ね備える。カラーバリエーション豊富。
ブッシュクラフトから調理まで楽しめる。

MORAKNIV(モーラナイフ)は、創業130年のスウェーデンを代表する老舗ブランド。その品質はスウェーデン国王からも高い評価を得ており、スウェーデンを代表するメーカーのみに与えられる王室御用達の認定を受けている。

モーラナイフのコンパニオン(S)のブレードには、スウェーデンの高品質ステンレススチールを採用。刃厚は約2.5㎜、刃の長さは104㎜(全長219㎜)と使いやすいサイズになっている。

コンパニオン(S)のブレード形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用。またナロータングモデルにとなっているため、調理やフェザースティックなど、強度の低いブッシュクラフトにおすすめです。

モーラナイフのコンパニオン(S)はTPEラバーハンドルを採用し、力強いグリップ力とフィット感を実装する。ラバーハンドルは滑りづらく、水や雨に濡れても安定した使い心地を実現しています。

ヨシダ✕シンペイ

コンパニオンはラバーハンドルを採用しているので、フィット感抜群となる。調理やフェザースティックなど、安定感があり快適にできる。

モーラナイフ コンパニオンのハンドルには、TPEラバーを採用。

出典:UPI

ハンドル素材には、グリップ力に定評のあるTPEラバーハンドルを採用。ソロキャンプにおいて快適なフィット感を実装する。

モーラナイフ コンパニオンはフェザースティックや小物のクラフトに最適。

出典:UPI

コンパニオンはナロータングとなっているため、調理やフェザースティック、小物など、クラフトに最適な仕様になります。

モーラナイフ コンパニオンには、シースが付属。

出典:UPI

コンパニオンのシース(さや)には、プラスチックケースを採用。持ち運びと収納に便利です。

メーカーMORAKNIV モーラナイフ
品名コンパニオン
ナイフの種類シースナイフ
ブレードステンレススチール
タングナロータング ※海外の公式HPによる推測
グラインドスカンジグラインド
刃厚約2.5mm
刃の長さ約104mm
コンパニオンの詳細
モーラナイフ コンパニオン

モーラナイフ コンパニオン

  • 刃素材:ステンレススチール
  • 柄素材:ラバー
  • 刃長:約104mm
  • 全長:約219mm
  • 刃厚:約2.5mm
  • 重量:約84g(ナイフのみの重量)
  • 付属品:プラスチックシース
  • 生産国:スウェーデン
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

MORAKNIV/モーラナイフ 【ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント】

■シースナイフ

モーラナイフ 【ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント】

出典:UPI

モーラナイフ初のフルタングナイフ。
ベルクロループを装着したシースは、MOLLEシステムに対応。
バトニングやブッシュクラフトを本気で楽しめる。

MORAKNIV(モーラナイフ)は、創業130年のスウェーデンを代表する老舗ブランド。その品質はスウェーデン国王からも高い評価を得ており、スウェーデンを代表するメーカーのみに与えられる王室御用達の認定を受けている。

モーラナイフ初のフルタングを採用した「ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント」は、バトニングやチョッピング、フェザースティックなど、本格的なブッシュクラフトを楽しむことができるシースナイフ。

ガーバーグ ブラックブレード マルチマウントのブレードには、刃厚3.2mmの高品質なカーボンスチールを採用。またブレードには、DLCコーティングを施してあるため、通常よりサビにくい仕様になります。

ガーバーグ ブラックブレード マルチマウントの刃の長さは約109㎜、全長は約229㎜(重量ナイフ本体170g)となっており、刃の形状は北欧らしいスカンジグラインドを採用しています。

ヨシダ✕シンペイ

ガーバーグ ブラックブレード マルチマウントは耐久性と操作性、機能性、携行性を兼ね備えたフルタングナイフ。

モーラナイフ 【ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント】のイメージ画像

出典:UPI

シース(さや)には、ベルクロループを付属しているため、MOLLEシステムに装備することができる。バックパックのショルダーベルトや様々なところに取り付けることができ、利便性を向上できる。

ヨシダ✕シンペイ

ガーバーグ ブラックブレード マルチマウントは、過酷な環境下に最適なシースナイフ。ブッシュクラフトを思う存分、楽しむことができる。

モーラナイフ 【ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント】のイメージ画像2

出典:UPI

モーラナイフのガーバーグ ブラックブレード マルチマウントのハンドル素材には、耐久性や耐水性、耐食性に優れたポリアミド樹脂が使われています。

ガーバーグ ブラックブレード マルチマウントは過酷な状況下に最適な仕様を誇り、まさにソロキャンプやブッシュクラフトにおすすめとなります。

メーカーMORAKNIV モーラナイフ
品名ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント
ナイフの種類シースナイフ
ブレードカーボンスチール(ブラックコーティング)
タングフルタング
グラインドスカンジグラインド
刃厚約3.2mm
刃の長さ約109mm
ガーバーグ ブラックブレード マルチマウントの詳細

モーラナイフ
ガーバーグ ブラックブレード マルチマウント

  • 刃素材:カーボンスチール(ブラックコーティング)
  • 柄素材:ポリアミド
  • 刃長:約109mm
  • 全長:約229mm
  • 刃厚:約3.2mm
  • 重量:約170g(ナイフのみの重量)
  • 付属品:マルチマウントシース、ベルトループ
  • 生産国:スウェーデン
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

HELLE/ヘレ ナイフ 【DIDI GALGALU/ディディ ガルガル】

■シースナイフ

HELLE DIDI GALGALU  ヘレナイフ ディディ ガルガル

出典:UPI

アフリカの大自然から影響を受けた、最上級品質のシースナイフ
ハンドルには、ひとつひとつの模様が異なるカーリーバーチを採用。
ソロキャンプに最適なフルタング仕様のハンドメイドナイフ。

ヘレのディディ ガルガルは、南アフリカのVoetspore社とのコラボにより開発。名前の由来はケニア北部にある砂漠から名付けられ、アフリカの大自然からインスピレーションを受けた北欧らしいデザインに仕上がっている。

ヘレのディディ ガルガルのブレードには、耐久性&耐食性に優れた”Sandvik 14C28Nステンレス”を採用。ブッシュクラフトから本格的なアウトドア調理まで、幅広く楽しむことができるフルタングのシースナイフ。

ディディ ガルガルは、北欧らしい伝統的なスカンジグラインドを採用。刃厚は3.0㎜、刃長は129㎜、柄長120㎜(重量約198g)となっています。

ハンドルの素材には、美しい木目が特徴的な”カーリーバーチ”を採用、ひとつひとつの木目が異なるデザイン性を楽しめる。

ヨシダ✕シンペイ

ヘレのディディ ガルガルは耐久性やサビに強く、機能性、デザイン性に優れた最上級品質のシースナイフに仕上がっています。

ゼロイチキャンプ編集部

ヘレのディディ ガルガルのハンドルは、少し大きめの仕様になっており、手のサイズが平均~大き目の人におすすめです。

HELLE DIDI GALGALU  ヘレナイフ ディディ ガルガルのブレードは、スカンジグラインドを採用。

出典:UPI

ブレードの形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用。素材には、Sandvik 14C28Nステンレスを使用しています。

HELLE DIDI GALGALU  ヘレナイフ ディディ ガルガルには、カーリーバーチのハンドルを採用

出典:UPI

ハンドルには、ひとつひとつの木目が異なるカーリーバーチを使用しています。使うほどに深い味わいが出て、経年劣化を楽しめる。

HELLE DIDI GALGALU  ヘレナイフ ディディ ガルガルには、ブラックレザーのシースが付属

出典:UPI

シース(さや)には、上質なブラックレザーを使用、持ち運びと収納に便利な仕上がりになる。

バトニングに最適

出典:UPI

ディディ ガルガルの刃厚は3.0㎜あり、フルタングを採用。強度に優れた仕様を誇り、バトニングを快適にできる。

フェザースティックなどを楽しむことができる。

出典:UPI

ヘレのディディ ガルガルはフェザースティックや、本格的な調理まで幅広く楽しめる。

HELLE DIDI GALGALU  ヘレナイフ ディディ ガルガルは、携行性に良い。

出典:UPI

シースにはベルトループを付属し、森や林のなかなど、ハードな局面でも快適に持ち運ぶことができる。

メーカーHELLE ヘレナイフ
品名DIDI GALGALU ディディ ガルガル
ナイフの種類シースナイフ
ブレードステンレススチール (Sandvik 14C28N)
タングフルタング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.0㎜
刃の長さ129㎜
ディディ ガルガルの詳細

HELLE ヘレナイフ
DIDI GALGALU ディディ ガルガル

  • 製作年:2022年
  • デザイン:Voetspore
  • 付属品:クロス
  • 刃素材:ステンレススチール (Sandvik 14C28N)
  • 柄素材:Curly birch(カーリーバーチ)
  • シース素材:レザー(本革)
  • サイズ:刃長:129mm、柄長:120mm、刃厚:3.0mm
  • 重量:ナイフ重量 約198g、シース重量 約58g
  • 生産国:ノルウェー
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

HELLE/ヘレ ナイフ 【TEMAGAMI/ テマガミ】

■シースナイフ

HELLE/ヘレ ナイフ 【TEMAGAMI/ テマガミ】

出典:Amazon

ヘレナイフで一番人気の高いモデル。
アウトドアマンの知識と歴史を融合させた最先端のナイフ。
ハーフフルタング構造のブッシュクラフトに最適な仕様。

ヘレのテマガミは、ヘレが最初につくった(ハーフ)フルタングナイフ。ブレードは Sandvik14C28Nステンレスを採用し、強度と耐久性を兼ね備えた仕様。

ヘレのテマガミのブレードには、 強度と耐久性を誇る”Sandvik14C28Nステンレス”を採用。

スパインの背部にはエッジが備わっているため、メタルマッチで火を熾すことが可能。まさにブッシュクラフト向けのシースナイフとなる。

テマガミのブレードは、北欧らしいスカンジグラインドを採用。刃厚は3.0㎜、刃長は110㎜、柄長120㎜(重量155g)と軽量感を持ちつつ、耐久性のある仕上がりとなる。

テマガミのハンドルの素材には、美しい木目が特徴的な”カーリーバーチ”を採用。また本革のシース(さや)を付属しているので、携行性と収納性も抜群。

ヨシダ✕シンペイ

ヘレのテマガミは、ハーフタングを採用。軽量性と耐久性のバランスに優れた仕様を誇る。

ゼロイチキャンプ編集部

北欧らしい高級感のあるデザインに、扱いやすいスカンジグラインドを採用。初心者から上級者まで、愛用できるシースナイフです。

ブレードの形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用

出典:UPI

テマガミのブレード形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用。素材には、 Sandvik14C28Nステンレスを使用。

シース(さや)には本革を採用

出典:UPI

シース(さや)には本革を採用しています。使うほどに、深い味わいが出て、経年劣化を楽しめる。

テマガミのスパイン背部には、エッジが備わっている

出典:UPI

テマガミのスパイン背部には、エッジが備わっているので、ファイヤースターターで火を熾すことが可能。

メーカーHELLE ヘレナイフ
品名TEMAGAMI テマガミ
ナイフの種類シースナイフ
ブレードSandvik14C28Nステンレス
タング(ハーフ)フルタング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.0㎜
刃の長さ110㎜
テマガミの詳細

HELLE ヘレナイフ
TEMAGAMI テマガミ

  • 製作年:2022年
  • デザイン:Les Stroud
  • 付属品:クロス
  • 刃素材:ステンレススチール (Sandvik 14C28N)
  • 柄素材:Curly birch(カーリーバーチ)
  • シース素材:レザー(本革)
  • サイズ:刃長:110mm、刃厚:3.0mm、柄長:120mm
  • 重量:ナイフ重量155g
  • 生産国:ノルウェー
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

HELLE/ヘレ ナイフ 【UTVAER/ ユートゥベーラ】

■シースナイフ

HELLE/ヘレ ナイフ 【UTVAER/ ユートゥベーラ】

出典:UPI

ユートゥベーラは、伝統的なブッシュクラフトに最適なモデル。
フルタング構造の美しいデザインに、耐久性と快適性を備える。
ハンドルはやや細身の握りやすい仕様、柄頭は長く強度を誇る。

ヘレのユートゥベーラは、北欧らしい美しいデザインが特徴的なフルタング構造のシースナイフ。ブレードはSandvik 12C27 ステンレススチールを採用し、耐久性に優れた仕様を誇る。

ヘレのユートゥベーラのブレードには、完全硬化で刃のしなりがない”Sandvik 12C27ステンレススチール”を採用。切断やカービングなど、ナイフ本来の切れ味を楽しめるため、ブッシュクラフトを思いっきり堪能できる。

ユートゥベーラのブレード形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用。刃厚は3.0㎜、刃長は102㎜、柄長120㎜(重量160g)の仕様になる。

ハンドルの素材には、美しい木目が特徴的な”カーリーバーチ”を採用。また、ユートゥベーラのハンドルは、やや細身となっているため、小~中型の手のサイズに握りやすい。

ヨシダ✕シンペイ

ヘレのユートゥベーラは耐久性やサビに強く、機能性、デザイン性に優れた最上級品質のシースナイフに仕上がっています。

ゼロイチキャンプ編集部

北欧らしい高級感のあるデザインに、扱いやすいスカンジグラインドを採用。初心者から上級者まで愛用できるシースナイフです。

ブレードの形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用

出典:UPI

ユートゥベーラのブレード形状は、北欧らしいスカンジグラインドを採用。素材には、Sandvik 12C27ステンレススチールを使用。

ハンドルには、カーリーバーチを採用

出典:UPI

ハンドルには、ひとつひとつの木目が異なるカーリーバーチを使用しています。使うほどに、深い味わいが出てきます。

ブッシュクラフトを堪能できるナイフに仕上がっています。

出典:UPI

ヘレのユートゥベーラは、伝統的なブッシュクラフトを堪能できるナイフに仕上がっています。

メーカーHELLE ヘレナイフ
品名UTVAER ユートゥベーラ
ナイフの種類シースナイフ
ブレードステンレススチール (Sandvik 12C27)
タングフルタング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.0㎜
刃の長さ102㎜
ユートゥベーラの詳細

HELLE ヘレナイフ
UTVAER ユートゥベーラ

  • 製作年:2014年
  • デザイン:Jesper Voxnaes
  • 付属品:クロス
  • 刃素材:ステンレススチール(Sandvik 12C27 stainless steel)
  • 柄素材:Curly birch(カーリーバーチ)、バルカンファイバー
  • シース素材:レザー(本革)
  • サイズ:刃長:102mm、刃厚:3.0mm、柄長:120mm
  • 重量:ナイフ重量160g、シース重量50g
  • 生産国:ノルウェー
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】

■シースナイフ

HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】

出典:UPI

軽量でコンパクトな使いやすいシースナイフ。
ノルウェーの職人による、高級感溢れるハンドメイド。
ハンドルには、カーリーバーチ&オークの高品質なバレル型。

ヘレのハーディングは、ナロータングを採用した軽量でコンパクトなシースナイフ。ブッシュクラフトに調理を楽しめる、まさにソロキャンプ向けのシースナイフとなる。

ヘレのハーディングのブレードには、耐久性と耐食性(サビに強い)に優れたトリプルラミネートステンレススチールを採用しています。

ハーディングのブレード形状は、北欧の伝統的であるスカンジグラインドを採用。刃厚は3.1㎜、刃長は100㎜、柄長110㎜(重量104g)と軽量で耐久性のある仕様となる。

ハーディングは軽量性と操作性、快適性に特徴のあるナロータングを採用。ただし、刃厚は3.1㎜と比較的厚く、耐久性を兼ね備えたシースナイフになる。

ヨシダ✕シンペイ

ヘレのハーディングは見た目も美しく、機能美あふれるシースナイフです。ソロキャンプに持っていきたくなる1本。

ハンドルの素材には、カーリーバーチ&オーク材を使用したバレル型になっている。そのハンドルは見るだけでも心惹かれる、美しい仕上がりとなる。

またハーディングはヘレのなかでも、コスパに優れる価格になっていることも魅力にある。フルタングナイフと使い分けたり、セカンドナイフとしてもおすすめです。

HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】は、ナロータングを採用。

出典:UPI

ヘレのハーディングはナロータングのモデル。ブレードの形状は、伝統的なスカンジグラインドを採用。

HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】のハンドルには、カーリーバーチ&オーク材を採用。

出典:UPI

ハンドルには、カーリーバーチ&オーク材のバレル型になる。見るほどに美しいデザインが心地よい。

HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】のシースには、本革を採用。

出典:UPI

シース(さや)には、本革を採用。ベルトループ付きで、持ち運びと収納に便利な仕上がりになる。

HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】のイメージ

出典:UPI

メーカーHELLE ヘレナイフ
品名HARDING ハーディング
ナイフの種類シースナイフ
ブレードトリプルラミネートステンレススチール
タングナロータング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.1㎜
刃の長さ100㎜
ハーディングの詳細
HELLE/ヘレ ナイフ 【HARDING/ハーディング】

HELLE ヘレナイフ
HARDING ハーディング

  • 製作年:1986年
  • デザイン:Erling Opstad
  • 付属品:クロス
  • 刃素材:トリプルラミネートステンレススチール
  • 柄素材:Curly birch, Leather, Darkened oak
  • シース素材:レザー(本革)
  • サイズ:刃長:100mm、刃厚:3.1mm、柄長:110mm
  • 重量:ナイフ重量104g、シース重量56g
  • 生産国:ノルウェー
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

tent-Mark DESIGNS/テンマクデザイン 【炎斬】

■シースナイフ

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン 炎斬

出典:tent-Mark DESIGNS

テンマクが誇る『ブッシュクラフト』に特化した、シースナイフ。
刃厚3.5㎜のフルタング構造、ブレードはスカンジグラインドを採用。
バトニングやチョッピング、フェザースティックなどクラフトを楽しもう!

テンマクデザインの炎斬は、刃物の町で有名な岐阜県「関」のナイフ職人により、ブレードからハンドルまで1本1本を丁寧に仕上げています。

テンマクデザインの炎斬のブレードには、錆びないステンレススチール(AUS-8)を採用。メンテンナンスの手間を省けるので、初心者から上級まで安心して使うことができる。

炎斬の刃長さは122㎜、刃厚3.5㎜(全長245㎜)となっています。またブレードはスカンジグラインドを採用する、フルタングナイフとなっています。

そのため、バトニングやフェザースティックなどブッシュクラフトをはじめ、本格的なアウトドア調理まで幅広く楽しむことができる。

ヨシダ✕シンペイ

テンマクデザインの炎斬は、ソロキャンプを楽しむための機能性や耐久性、デザイン性を兼ね備えたシースナイフになる。

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン 炎斬のハンドルには、グリーンキャンバスマイカルタを採用。

出典:tent-Mark DESIGNS

ハンドル素材には、グリーンキャンバスマイカルタ樹脂を採用し、手に馴染みやすい設計になる。ベルトループが付属しているため、持ち運びや保管に便利な仕様を実現。

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン 炎斬には、ロゴが刻印される

出典:tent-Mark DESIGNS

ブレードには『炎斬』の刻印が施されており、使い手の心を揺さぶるデザインになる。

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン 炎斬のシースが付属される。

出典:tent-Mark DESIGNS

炎斬には、レザーのシース(さや)が付属しているので、持ち運びと収納に便利です。

フルタングを採用しており、バトニングに最適。

出典:tent-Mark DESIGNS

炎斬はフルタングを採用し、刃厚は3.5㎜となる。強度に優れた仕様を誇り、バトニングを快適に行うことができる。

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン 炎斬は、ブッシュクラフトを楽しむじちができる。

出典:tent-Mark DESIGNS

スカンジグラインドを採用したブレードは操作性に優れ、フェザースティックなど、緻密なクラフトにも適応する。

焚き付けも簡単にできる。

出典:tent-Mark DESIGNS

テンマクデザインの炎斬は、ソロキャンプやブッシュクラフトに最適な仕様を誇る。

メーカーtent-Mark DESIGHNS テンマクデザイン
品名炎斬
ナイフの種類シースナイフ
ブレードAUS-8 ステンレス
タングフルタング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.5㎜
刃の長さ122㎜
炎斬の詳細
tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン 炎斬

テンマクデザイン 炎斬

  • 材質:ブレードAUS-8(ステンレススチール)、ハンドルグリーンキャンバスマイカルタ
  • サイズ:全長245mm、刃長122mm、刃厚3.5mm
  • 重量:本体200g、シース107g
  • 付属品:レザーシース(ベルトループ付き)
  • 原産国:日本
amazon,アマゾン

KELLAM/ケラム 【Wolverine/ウルヴァリン

■シースナイフ

ケラム 【Wolverine/ウルヴァリン】

出典:Amazon

伝統的な北欧デザインが美しいシースナイフ。
ブレードには、高硬度のSTPカーボンスチールを採用。
フィンランド発祥プーッコナイフは、ソロキャプにおすすめ。

ケラムのウルヴァリンは、ブレードに高硬度で耐食性に優れたSTPカーボンスチールを採用。エッジには、北欧らしいスカンジグラインドを採用し、ブッシュクラフトから調理まで幅広く楽しむことができます。

ケラムのウルヴァリンのブレードは高硬度のカーボンスチールを採用し、操作性と携行性に優れるナロータングとなっています。

ウルヴァリンのブレードの刃厚は3.2㎜、刃長は95㎜(全長208㎜)、重量約92gの軽量でコンパクト仕様になっている。

またウルヴァリンのハンドルは木目の美しいカーリーバーチを採用し、よく手に馴染み安定感のある作りとなっている。シースにはフィンランド発祥の伝統的なプーッコナイフである、ベルト付きレザーケースを付属する。

ヨシダ✕シンペイ

ケラムのウルヴァリンは北欧フィンランドらしいデザインと、機能美溢れる仕様となる。まさに、ソロキャンプに最適なナイフです。

ケラム 【Wolverine/ウルヴァリン】のハンドルには、カーリーバーチを採用。

出典:Amazon

ハンドル素材に、カーリーバーチを採用。しっかりと手に馴染むハンドルは、使い心地抜群の仕様を誇る。

ケラム 【Wolverine/ウルヴァリン】は調理からフェザースティックなどを楽しめる。

出典:Amazon

コンパクトで切れ味の鋭いブレードは、調理からフェザースティックなど、強度の低いブッシュクラフトに最適です。

ケラム 【Wolverine/ウルヴァリン】のシースは本革を採用。

出典:Amazon

シース(さや)には、耐久性のあるレザーを採用。ベルト付きで、持ち運びと収納に便利な仕上がりになる。

メーカーKELLAM ケラム
品名Wolverine ウルヴァリン
ナイフの種類シースナイフ
ブレードSTPカーボンスチール
タングナロータング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.2㎜
刃の長さ95㎜
ウルヴァリンの詳細

KELLAM ケラム
Wolverine ウルヴァリン

  • ブレード:約9.5cm(約3.2mm)
  • 全長:約20.8cm
  • ブレード素材:STPカーボンスチール
  • ハンドル素材:カーリーバーチ
  • シース素材:エンボスレザー・ベルト
  • 重量:約92g
  • 生産国:フィンランド
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

JOKER/ジョーカー 【Ember/エンバー

■シースナイフ

JOKER/ジョーカー 【Ember/エンバー】

出典:Amazon

スペインのクラシカルなデザインが美しいシースナイフ。
頑強なフルタング構造に、高硬度のステンレス鋼をブレードに採用。
刃厚は約3.8㎜、バトニングやフェザースティックのクラフトに最適。

JOKERは1987年にスペインのアルベセテで創業したナイフメーカーです。職人によるひとつひとつのハンドメイドは、世界中でとても高い評価を得ています。

大人気のJOKERのエンバーに、ファイヤースターター付きのお得なセット。焚き火に欠かすことのできない、バトニングやフェザースティックなど、火起こしを思いっきり楽しむことができるナイフとなる。

JOKERのエンバーのブレードには、硬度と耐食性に優れた”14C28N Sandvik stainless”を採用。サビに強いステンレス鋼となっているため、メンテナンスの手間が省けることもメリットにある。

またエンバーのブレードは刃厚は3.8㎜、刃長は105㎜(全長224㎜)となっている。ブレードの形状は北欧らしいスカンジグラインドを採用し、刃の研ぎなおしも比較的簡単である。

ヨシダ✕シンペイ

ブッシュクラフトに大人気のJOKERのエンバー。さらにファイヤスターターが付属されている、お得なセットになる。

JOKERのエンバーのハンドル素材には、落ちついた風合いのウォールナットが使われています。

JOKERのエンバーのハンドル素材には、落ちついた風合いのウォールナットが使われています。またフルタング構造を採用しているため、強度の高い仕様になっている。

エンバーには、収納と携帯に便利なレザーのシース(さや)を付属します。シースはランヤード付きになっているため、利便性に優れています。

ゼロイチキャンプ編集部

ランヤードは、簡単に説明するとナイフストラップです。ハンドルの穴にかけるストラップのことをいいます。

JOKERのエンバーには、オリジナルのファイヤースターターが付属されます

出典:Amazon

JOKERのエンバーには、オリジナルのファイヤースターターが付属されます。すぐにブッシュクラフトを楽しむことができる。

シース(さや)には、レザーを採用。

出典:Amazon

シース(さや)には、レザーを採用。ベルト付きで、持ち運びと収納に便利な仕上がりになる。

JOKER/ジョーカー 【Ember/エンバー】はスペインの職人のハンドメイド工法。

出典:Amazon

JOKERのナイフは、スペインの職人によりすべてハンドメイドになります。ひとつひとつのナイフに個性が生まれる。

JOKER/ジョーカー 【Ember/エンバー】には、ハンドル素材がカーリーバーチを採用したモデルがある。

出典:Amazon

JOKERのエンバーには、ハンドル素材に”カーリーバーチ”を採用したモデルがあります。こちらもファイヤースターターが付属されています。

ハンドルは好みによって、ウォールナットもしくわカーリーバーチを選択することができます。

メーカーJOKER ジョーカー
品名Ember エンバー
ナイフの種類シースナイフ
ブレード14C28N Sandvik stainless
タングフルタング
グラインドスカンジグラインド
刃厚3.8㎜
刃の長さ105㎜
エンバーの詳細
JOKER ジョーカー
Ember エンバー

JOKER ジョーカー
Ember エンバー

  • ブレード:約10.5cm(約3.8mm)
  • 全長:約22.4cm
  • ブレード素材:14C28N Sandvik stainless
  • ハンドル素材:ウォールナット
  • シース素材:レザー
  • 重量:約168g(ランヤード込)
  • 生産国:スペイン
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ソロキャンプにおすすめのフォールディングナイフ

OPINEL/オピネル 【ステンレススチール】

■フォールディングナイフ

OPINEL/オピネル 【ステンレススチール】

出典:Amazon

130年の歴史を持つフランスの伝統的ブランド『OPINEL』
シンプルで使いやすい、オピネルを代表する折りたたみ式ナイフ。
錆びに強いステンレス製、安全ロック付き、お手入れ簡単。

1890年フランス、開発者である「ジョセフ・オピネル」によって折りたたみ式ナイフの原型が誕生。オピネルというブランド名は開発者の名前にちなんで名付けられました。130年以上のときを、OPINELは世界中の登山者や冒険家、キャンパー、料理人、有名な芸術家、自然愛好家などに愛されつづけています。

オピネルのステンレススチールは、オピネルを代表する折りたたみ式ナイフとなっています。ブレードの素材は名前にあるとおり、切れ味がよく耐久性に優れたステンレスを使用。

ステンレススチールは刃渡り異なるサイズ展開が豊富にあり、キャンプスタイルや移動手段、自分の好みに合わせてサイズを選ぶことができる。

オピネルのステンレススチールは、使用中や持ち運びのときでも刃をしっかりと固定する「ビロブロック」機能を搭載し、安心で安全な仕様となっている。

ヨシダ✕シンペイ

ソロキャンプの定番折りたたみナイフといえば「オピネル」、携行性や機能性、万能性に優れる。

OPINEL/オピネル 【ステンレススチール】は、ステンレス製のブレードを採用。

出典:ハイマウント

錆びに強いステンレス製は、お手入れも簡単な特長がある。

OPINEL/オピネル 【ステンレススチール】はメンテナンスが簡単。

出典:ハイマウント

使用後は、ハンドルを濡らさないように温水と食器用洗剤で洗い、よく乾かします。定期的にメンテナンスオイルを塗布します。

OPINEL/オピネル 【ステンレススチール】はアウトドアに最適な仕様。

出典:ハイマウント

アウトドアシーンで、調理をするのにステンレススチールは最適なナイフ。

OPINEL/オピネル 【ステンレススチール】は、小さいクラフトを楽しむことができる。

出典:ハイマウント

切れ味に優れた刃は、木を削って箸や串をブッシュクラフトすることができる。

スクロールできます
商品名
ステンレススチールNo.6

ステンレススチールNo.7

ステンレススチールNo.8

ステンレススチールNo.9

ステンレススチールNo.10

ステンレススチールNo.12
サイズ刃渡り約73mm刃渡り約80mm刃渡り約85mm刃渡り約90mm刃渡り約100mm刃渡り約120mm
重量約30g約36g約46g約57g約75g約115g
商品リンクAmazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
各製品の比較

OPINEL/オピネル ステンレススチール No.6

  • サイズ:刃渡り約73mm
  • 重量:約30g
  • 材質:刃〕ステンレススチール(サンドビック12C27M)、〔ハンドル〕ブナ材
  • 原産国:フランス
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Spyderco/スパイダルコ 【ドラゴンフライ2 ZOME  VG-10 グリーン 直刃

■フォールディングナイフ

Spyderco/スパイダルコ 【ドラゴンフライ2 ZOME  VG-10 グリーン 直刃】

出典:Amazon

片手でオープン&クローズができる、サムホールは特許取得。
唯一無二の機能性とデザイン性が魅力のフォールディングナイフ。
ドラゴンフライを手にし、ソロキャンプとアウトドアへ出発。

スパイダルコは、アメリカのデンバーで設立されたナイフメーカー。革新的なアイデアとデザイン性に富んだナイフは、世界中から高い評価を得ています。

スパイダルコのドラゴンフライ2 ZOMEのブレードには、耐久性と硬度、切れ味、耐食性に優れたステンレス(VG10)を採用しています。

ドラゴンフライ2の特長でもある「ラウンドホール」は、片手でオープン&クローズができる。またバックロックを搭載しているため、機能性と安全性に優れた仕様を誇る。

ヨシダ✕シンペイ

スパイダルコのドラゴンフライ2は無骨な見た目とは反対に、機能性や安全性、携行性、収納性に優れているフォールディングナイフです。

Spyderco/スパイダルコ 【ドラゴンフライ2 ZOME  VG-10 グリーン 直刃】の詳細。

出典:Amazon

ドラゴンフライ2のブレードの長さは58㎜、刃厚は2.4㎜(重量約34g)、さらに収納時は、約85㎜と超コンパクトサイズになる。またエッジは、フルフラットグラインドを採用しています。

ドラゴンフライ2のハンドルの素材には、FRNとよばれるガラス繊維強化プラスチックナイロンを採用し、水や汚れに強い仕様となっています。

ゼロイチキャンプ編集部

収納時は、約8.5cmの超コンパクトサイズになる。ソロキャンプのセカンドナイフとしてもおすすめ。

Spyderco/スパイダルコ 【ドラゴンフライ2 ZOME  VG-10 グリーン 直刃】のイメージ

出典:Amazon

メーカーSpyderco スパイダルコ
品名ドラゴンフライ2 ZOME VG-10 グリーン
ナイフの種類フォールディングナイフ
ブレードステンレス(VG-10)
グラインドフルフラットグラインド
刃厚約2.4mm
刃の長さ58㎜
ナイフ重量34g
ドラゴンフライ2 ZOME VG-10の詳細
Spyderco/スパイダルコ 【ドラゴンフライ2 ZOME  VG-10 グリーン 直刃】

Spyderco スパイダルコ
ドラゴンフライ2 ZOME VG-10 グリーン

  • ブレード:約5.8cm(約2.4mm)
  • オープン:約14.2cm
  • クローズ:約8.5cm
  • ブレードマテリアル:ステンレスVG-10
  • ハンドル素材:FRN(ガラス繊維強化プラスチックナイロン)
  • 重量:約34g
  • ブランド国:アメリカ

Spyderco/スパイダルコ 【パシフィックソルト2 H-1 直刃

■フォールディングナイフ

Spyderco/スパイダルコ 【パシフィックソルト2 H-1 直刃】

出典:Amazon

ブレードには、錆びないをテーマに開発された『H-1鋼』を採用。
片手でオープン&クローズができる、サムホールは特許取得。
ソロキャンプや釣り、ツーリングなど幅広く使うことができる。

スパイダルコは、アメリカのデンバーで設立されたナイフメーカー。革新的なアイデアとデザイン性に富んだナイフは、世界中から高い評価を得ています。

スパイダルコのパシフィックソルト2 H-1には、海水に数か月浸したままでも錆びが確認されなかった素材『H-1鋼材』を採用しています。

ワンハンドでオープン&クローズができるラウンドホールやバックロックを採用したり、ポケットクリップが付属されたりするなど、機能性や安全性、携行性にすぐれたフォールディングナイフとなる。

ヨシダ✕シンペイ

パシフィックソルト2のブレードには、H-1鋼材が採用。驚異的にサビに強いためソロキャンプや釣り、カヌー、カヤックなどに最適です。

Spyderco/スパイダルコ 【パシフィックソルト2 H-1 直刃】の詳細。

出典:Amazon

パシフィックソルト2 H-1のブレードの長さは96㎜(全長222㎜)、刃厚は2.9㎜、重量74gとバランスの良いサイズとなっている。エッジはホローグラインドを採用し、調理にベストな仕様となる。

スパイダルコのパシフィックソルト2 H-1のハンドル素材には、FRNとよばれるガラス繊維強化プラスチックナイロンを採用。水や汚れに強いハンドルは、まさにアウトドア向きとなっている。

Spyderco/スパイダルコ 【パシフィックソルト2 H-1 直刃】のイメージ

出典:Amazon

メーカーSpyderco スパイダルコ
品名パシフィックソルト2 H-1 イエロー
ナイフの種類フォールディングナイフ
ブレードH-1
グラインドホローグラインド
刃厚約2.9mm
刃の長さ96㎜
ナイフ重量74g
パシフィックソルト2 H-1の詳細
Spyderco スパイダルコ
パシフィックソルト2 H-1 イエロー

Spyderco スパイダルコ
パシフィックソルト2 H-1 イエロー

  • ブレード:約9.6cm(約2.9mm)
  • オープン:約22.2cm
  • クローズ:約12.7cm
  • ブレードマテリアル:H-1
  • ハンドル素材:FRN(ガラス繊維強化プラスチックナイロン)
  • 重量:約74g
  • ブランド国:アメリカ

GERBER/ガーバー 【パラフレーム1

■フォールディングナイフ

GERBER/ガーバー 【パラフレーム1】

出典:Amazon

パラフレームは、ガーバー社の定番フォールディングシリーズ。
片手で簡単オープンできる”デュアルサムスタッド付き”。
超コスパに優れた価格は、ソロキャンプやツーリングに最適。

GERBER/ガーバーは、アメリカのナイフメーカーです。スケルトンハンドルが特徴的なパラフレーム1は、ステンレスを素材とした定番フォールディングナイフとなる。

ガーバーのパラフレーム1には、耐久性と耐食性(サビに強い)に優れた、ステンレスを使用し、ブレードのエッジはフラットグラインドを採用しています。

パラフレーム1の刃の長さは77㎜、刃厚2.3㎜(重量77g)と軽量でコンパクトな仕上がりを実現。また本体にはポケットクリップが付属しているため、携帯の利便性を向上しています。

パラフレーム1は片手で簡単にブレードを開けることができる”デュアルサムスタッド”を搭載し、安全であるフレームロックを実装しています。

ヨシダ✕シンペイ

ガーバーの定番フォールディングナイフシリーズである「パラフレーム1」コスパに優れた価格設定もウレシイ。

ゼロイチキャンプ編集部

パラフレーム1は、スケルトンハンドルによって超軽量化を実現。重量は約77gと驚異的な数字を誇る。

GERBER/ガーバー 【パラフレーム1】には、サムスタッドが完備。

出典:Amazon

パラフレーム1はブレードとハンドルの間に、デュアルサムスタッドが付属。片手で簡単にナイフをオープンすることができる。

GERBER/ガーバー 【パラフレーム1】には、スケルトンハンドルを採用。

出典:Amazon

パラフレーム1は握りやすくフィット感も抜群。さらに軽量化を実現した、スケルトンハンドルを採用する無骨なフォールディングナイフ。

GERBER/ガーバー 【パラフレーム1】のブレードには、ロゴが刻印される。

出典:Amazon

ブレードには、耐久性と耐食性に優れたステンレスを採用。刻印されたガーバーのロゴがおしゃれ。

メーカーGERBER ガーバー
品名PARAFRAME I  パラフレーム1
ナイフの種類フォールディングナイフ
ブレードステンレス
グラインドフラットグラインド
刃厚2.3㎜
刃の長さ77㎜
ナイフ重量77g
パラフレーム1の詳細
GERBER/ガーバー 【パラフレーム1】

GERBER ガーバー  パラフレーム1

  • ブレード:約7.7cm(約2.3mm)
  • オープン:約18.2cm
  • クローズ:約10.4cm
  • ブレードマテリアル:ステンレス
  • 重量:約77g
  • 生産国:アメリカ

HELLE/ヘレ ナイフ 【BLEJA/ブレーヤ】

■フォールディングナイフ

ヘレ ナイフ 【BLEJA/ブレーヤ】

出典:UPI

フォールディングでありながら、シースナイフに近い強度を誇る。
小さいヒルト&ロックバックシステムにより安全に使うことができる。
ブレードには、最高級のトリプルラミネートステンレスを採用。

ヘレのブレーヤはコンパクトで軽量な仕上がりですが、シースナイフにちかい強度が魅力のフォールディングナイフとなります。

ヘレのブレーヤのブレードには耐久性と耐食性(サビに強い)に優れた、最高級トリプルラミネートステンレススチールを採用。

ブレーヤのブレード形状は、北欧の伝統的であるスカンジグラインドを採用。刃厚は2.7㎜、刃長は85㎜(柄長117mm)となっています。

ブレーヤのハンドルにはロックバックシステムを搭載し、ブレードをしっかりと固定できる。持ち運びや収納時に、安全に携行できる仕様は安心できる。

ヨシダ✕シンペイ

ヘレのブレーヤはデザインも美しく、機能美あふれるフォールディングナイフ。ソロキャンプやツーリングなどに最適です。

ヘレのブレーヤのハンドル素材には、木目の美しいカーリーバーチを採用し、フィット感と使い心地に優れた設計を実現。

またハンドルには小型のヒルトが備わっているため、誤ってスライドし手や指を切らないようになっている。

ヘレ ナイフ 【BLEJA/ブレーヤ】には、カーリーバーチを採用したハンドルになる。

出典:UPI

ブレーヤのハンドルには、木目の美しいカーリーバーチを採用。見るだけでも心が癒される、上質なフォールディングナイフとなる。

ヘレ ナイフ 【BLEJA/ブレーヤ】は、シースが付属。

出典:UPI

シース(さや)には、高級感のあるブラックレザーを採用。持ち運びと収納に便利な仕様を誇る。

ヘレ ナイフ 【BLEJA/ブレーヤ】は、ロックバックシステムを採用。

出典:UPI

ブレードは頑丈なロックバックシステムで固定されるため、安全に使用することができます。

メーカーHELLE ヘレナイフ
品名BLEJA ブレーヤ
ナイフの種類フォールディングナイフ
ブレードトリプルラミネートステンレススチール
グラインドスカンジグラインド
刃厚2.7㎜
刃の長さ85㎜
ナイフ重量150g
ブレーヤの詳細
ヘレ ナイフ 【BLEJA/ブレーヤ】

HELLE ヘレナイフ
BLEJA ブレーヤ

  • 製作年:2017年
  • デザイン:Helle-design
  • 付属品:クロス
  • 刃素材:トリプルラミネートステンレススチール
  • 柄素材:Curly birch
  • シース素材:レザー(本革)
  • サイズ:刃長:85mm、刃厚:2.7mm、柄長:117mm
  • 重量:ナイフ重量150g、シース重量35g
  • 生産国:ノルウェー
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ユニフレーム 【ギザ刃 キャンプナイフ】

■フォールディングナイフ

ユニフレーム 【ギザ刃 キャンプナイフ】

出典:UNIFLAME

コスパに優れた、日本製のキャンプナイフ。
折りたたみ式で使いやすく、携行性&収納性に優れる。
シンプルな形状こそが、ソロキャンプに快適である。

ユニフレームのギザ刃 キャンプナイフは、コスパと機能性に優れた使いやすい日本製のナイフ。フォールティング(折りたたみ式)を採用しており、携行性と収納性も良い。

ユニフレームのギザ刃 キャンプナイフの刃の長さは95㎜(全長220㎜)、重量約38gと軽量でコンパクトな仕上がりとなっています。

またギザ刃 キャンプナイフのブレード素材には、耐久性とサビに強いステンレス刃物鋼(420J2)を採用。ハンドルの素材には、耐久性と耐水性に強いABS樹脂(耐熱温度約60℃)を使用。

ヨシダ✕シンペイ

ユニフレームのギザ刃 キャンプナイフは、折りたたむと約12cmになる。クッカーにスタッキングできるので、快適に収納できる。

ユニフレームのギザ刃 キャンプナイフは肉や魚、野菜、くだものを切ることができたり、ギザ刃の部分ではロープや植物のツタなど、繊維質を切断できたりする万能性を持つ。

ユニフレーム 【ギザ刃 キャンプナイフ】は、肉や魚、くだものを切るのに便利。

出典:UNIFLAME

ユニフレームのギザ刃 キャンプナイフは肉や魚、野菜、くだものなど、アウトドア調理で活躍する。

ユニフレーム 【ギザ刃 キャンプナイフ】のブレードにあるギザ部はロープを切ることが可能。

出典:UNIFLAME

ギザ刃の部分は、ロープや植物のツタなど繊維質を切るときに便利になる。まさに、万能性に優れた仕様はソロキャンプ向き。

ユニフレーム 【ギザ刃 キャンプナイフ】はフォールディングナイフ。

出典:UNIFLAME

ギザ刃 キャンプナイフはフォールディングタイプとなっており、収納時はわずか約12cmと、とてもコンパクトになる。

ユニフレーム 【ギザ刃 キャンプナイフ】

ユニフレーム ギザ刃 キャンプナイフ

  • サイズ:使用時:(全長)約22cm、(刃長)9.5cm、収納時:約12cm
  • 材質:刃部:ステンレス刃物鋼(420J2)、柄:ABS樹脂(耐熱温度約60℃)
  • 重量:約38g
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ソロキャンプにおすすめのマルチツールナイフ

Victorinox/ビクトリノックス 【クラシックSD

■マルチツールナイフ

Victorinox/ビクトリノックス 【クラシックSD】

出典:Victorinox

100年以上続く機能性の象徴である『クラシックSD』
スイス製マルチツールはナイフ、ハサミ、爪やすりの構成となる。
手のひらにおさまるコンパクトサイズ。キーアクセサリーに最適。

ビクトリノックス・クラシックSDは、100年以上つづくマルチツールナイフの象徴となる。ナイフやハサミ、マイナスドライバー、爪やすり、つまようじ、ピンセット、キーリングの7機能を持つナイフ。

ビクトリノックス・クラシックSDは、アウトドアから日常使いまで幅広く使うことができます。また豊富なカラーバリエーションにより、アクセサリーとしても魅力的となる。

クラシックSDは、手のひらのなかに納まるほど、コンパクトなマルチツールナイフ。重量は21gと超軽量なため、ソロキャンプやツーリング、登山など、すべてのアウトドアにおすすめです。

ヨシダ✕シンペイ

筆者もキーアクセサリーとして持ち歩いています。ソロキャンプではランタンのマントルやオイル芯をカットしたり、とても便利なナイフです。

Victorinox/ビクトリノックス 【クラシックSD】のフォールディング

出典:Victorinox

ビクトリノックスは、創立者であるカール・エルズナーにより、1884年スイスのスイス シュヴィーツ州イーバッハにワークショップを開設したところから歴史は始まる。

現在では、マルチツールナイフといえばVictorinoxといわれるほど、その品質と機能性は世界中で評価を得ています。

カラーバリエーション
Victorinox/ビクトリノックス 【クラシックSD】

Victorinox ビクトリノックス / クラシックSD

  • 高さ:9 mm
  • 長さ:58 mm
  • 重量:21 g
  • はさみ、マイナスドライバー付きつめやすり搭載
  • 7機能を搭載したスイス製マルチツール
  • 日々の作業に役立つコンパクトなツール
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

Victorinox/ビクトリノックス 【レンジャーグリップ55 オニキスブラック

■マルチツールナイフ

Victorinox/ビクトリノックス 【レンジャーグリップ55 オニキスブラック】

出典:Victorinox

2021年レッド・ドット・デザイン賞を受賞!
12の機能を持つアウトドア用マルチツールナイフ。
ソロキャンプやツーリングなど、アウトドアに最適。

ビクトリノックス・レンジャーグリップ55 オニキスブラックは、ドイツのDesign Zentrum Nordrhein Westfalenが主催する国際的なプロダクトデザイン賞である『2021年レッド・ドット・デザイン賞』を受賞したマルチツールナイフ。

ビクトリノックス・レンジャーグリップ55 オニキスブラックは、12の機能を持つスイス製マルチツールナイフとなります。

ビクトリノックス・レンジャーグリップ55 オニキスブラックは、ポリスペクトラルの特別加工を施したブラックのモノクローム仕上げになる。

ゼロイチキャンプ編集部

ポリスペクトラルとは、ステンレスの表面にクローム・オキサイドを塗り重ねる技術のことをいいます。

ビクトリノックス・レンジャーグリップ55 オニキスブラックの収納サイズは、13㎝×2.2㎝(重量166g)となります。軽量でコンパクトスリムな形状は、ソロキャンプやツーリング、バックパックキャンプに最適な仕様となる。

レンジャーグリップ55 オニキスブラックは12の機能

  • ピンセット
  • つまようじ
  • キーリング
  • コルクせん抜き
  • のこぎり
  • せん抜き
  • マイナスドライバー5mm ロック付き
  • ワイヤーストリッパー
  • ラージブレード(大刃)
  • カン切り
  • マイナスドライバー 3mm
  • リーマー(穴あけ)、千枚通し
Victorinox/ビクトリノックス 【レンジャーグリップ55 オニキスブラック】は、モノクローム仕上がり。

出典:Victorinox

ブラックのモノクローム仕上げによる美しいデザインが、特別感を演出する。

Victorinox/ビクトリノックス 【レンジャーグリップ55 オニキスブラック】は12の機能を持つ。

出典:Victorinox

12の機能を併せ持つスイス製マルチツールナイフ。2021年レッド・ドット・デザイン賞を受賞。

ランヤードが付属した、スペシャルボックス梱包。

出典:Victorinox

ランヤードの付いた、スペシャルBOXによる梱包になります。

Victorinox/ビクトリノックス 【レンジャーグリップ55 オニキスブラック】

Victorinox ビクトリノックス
レンジャーグリップ55 オニキスブラック

  • 高さ:22 mm
  • 長さ:130 mm
  • 重量:166 g
  • ブラックのモノクローム仕上げの欠かせないツール
  • 12機能を搭載したスイス製マルチツール
  • のこぎり、リーマーとパンチを搭載
amazon,アマゾン
rakuten, 楽天市場

ソロキャンプにナイフを持っていくと、銃刀法違反になる?

キャンプと銃刀法違反について解説。ナイフや斧、鉈は注意しよう!

銃刀法とは、銃砲刀剣類所持等取締法のことを指し、銃砲や刀剣類を正当な理由なく所持することを禁止する法律のことをいいます。

銃刀法では、刃渡り6㎝以上の刃物を所持することは禁止されています。さらに、銃刀法違反になった場合は、刑事罰(2年以下の懲役・または30万円以下の罰金)になります。

また、刃渡り6㎝以下の刃物を所持していた場合でも、軽犯罪法違反になることがあります。

ヨシダ✕シンペイ

では、ソロキャンプやブッシュクラフトをするときに、ナイフや斧、鉈を持っていくけど、これは犯罪にならないのか気になりますよね。

ゼロイチキャンプ編集部

結論から言うと、キャンプやブッシュクラフトは、銃刀法違反にはなりません!キャンプやアウトドアという”正当な理由”があるからです。

キャンプ以外にも、釣りや登山、ツーリング、山菜取りなど、正当な理由があれば刃物を携帯することができます。

ただし、次の項で解説しますが、刃物を持ち運ぶときの注意点がありますので、銃刀法違反にならないように、ぜひ覚えてください。

ソロキャンプへ行くときの、刃物の正しい持ち運びかたを解説。

ソロキャンプへ行くときの、刃物の正しい持ち運びかたを解説。

ソロキャンプやブッシュクラフトに行くときには、車やバイク、自転車、徒歩など、さまざな移動手段があります。ナイフや斧、鉈を携帯するときには、保管方法が大切になります。

まず、持ち運びでいちばん気をつけないといけないポイントは『刃をむき出しで携帯しない』こと。

銃刀法や軽犯罪法では”いつでも使用できる状態で身の回りにある場合”。
これは、携帯とみなされず法律に違反することになります。

ゼロイチキャンプ編集部

ナイフや斧、鉈の刃がむき出しの状態は、犯罪になるということ。必ずケースやシース、カバーで刃が出ないようにしましょう。

ナイフや斧、鉈を持ちはこぶときは、車やバイクの場合はツールケースや調理器具と一緒に収納しましょう。
徒歩移動の場合は、バックパックの中で調理器具と一緒に収納することがおすすめ。

ヨシダ✕シンペイ

刃物をすぐに取り出せない状態を作ることが大事。ソロキャンプやブッシュクラフトに行くことが正当な理由なので。

ソロキャンプ後の車に、刃物を積みっぱなしにすると銃刀法違反になることも…。

ソロキャンプ後の車に、刃物を積みっぱなしにすると銃刀法違反になることも…。

ソロキャンプやブッシュクラフトは体力を使いますよね。さらに、帰り道が渋滞して家に着いたのが夜22時、なんてこともよくあります。

ヨシダ✕シンペイ

とりあえず、後片付けは明日以降に持ち越して寝よう。ついつい、やってしまいますよね。

ただし、ここで気をつけていただきたいことが、ナイフや斧など、刃物を車に積みっぱなしで出かけることはアウトです。

自宅の敷地内であれば問題ありませんが、うっかりキャンプ道具の後片付けをせずに車に積んだまま、出かけてしまうと銃刀法違反になります。

ゼロイチキャンプ編集部

なぜなら、キャンプやブッシュクラフトという正当な理由がないからです。うっかり出かけてしまいましたは、理由になりません。

ソロキャンプやブッシュクラフトで疲れる気持ちは痛いほどわかります。が、帰宅後は刃物と火器類は片づけるようにしましょう。

夏場の車の中は、50℃以上になります。ガスボンベやOD缶など、車のなかで爆発する事故が増えていますので、火器類もしっかりと片付けましょう。

まとめ

まとめ

ソロキャンプやブッシュクラフトにおすすめのナイフを解説しました。

アウトドアナイフには、シースナイフとフォールディングナイフ、マルチツールナイフがあります。
キャンプスタイルや用途に合わせて種類を選ぶことが大切です。

とくに、ブッシュクラフトでバトニングやチョッピングをするのであればシースナイフのフルタングがおすすめ。ペグを作ったり、フェザースティックをクラフトするのであればコンシールドタングやナロータング、ハーフタングでも可能です。

ヨシダ✕シンペイ

自分にぴったりのナイフを選ぶことで、ソロキャンプがさらに楽しくなります。ぜひ、アナタに最適なナイフを選んでほしいと願っています。

ゼロイチキャンプでは、InstagramとYouTubeを配信しています。
インスタグラムではブログやYouTubeの最新情報を受けとることができたり、ブログやYouTubeの裏側を発信しています。

YouTubeでは筆者が挑戦するソロキャンプやブッシュクラフト、登山、釣りなど、本気のアウトドアを身近に感じることができる内容となっています。

ヨシダ✕シンペイ

筆者自らGoProをつかって、ソロキャンプのリアルな映像を撮影しています。ぜひYouTubeも楽しんでください。

InstagramとYouTubeもぜひ、応援してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeはこちら>>『ゼロイチキャンプTV』

Instagramはこちら>> @01camp_solo

ナイフに関連した、おすすめの記事。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次